龍使い

ものすごく久々に、カテゴリーAside storyです。

スピリチュアルなお話が苦手な方はスルるーで。

そのまえに。
今日は、月曜から大工仕事に夢中になって、
今朝まで仕上げにかかっていたけれど、
その後、エステのオイルトリートメントがあって、
午後はヒーリングがあって、

と、本当に自分て何者なんだろう?あ~人か。
と思う今日この頃。(人は容れ物)

そんな前置きは良いのですが、
思い返せば、2011.3.7の震災前に、私は東京でのお仕事を最後にしていて、
全てを引き上げていました。3.9に千葉の麻賀多神社でお参りをすませて、
その足で羽田から北海道へ。
(麻賀多神社:その辺りが詳しい人だけ、!!と思ってください)

富良野に呼ばれたと思っているのもそんな関係で、
クニトコタチノミコト、芦別山、龍神様、の命があってこそ。

移住したその日に、白龍の導きがあり、8の返答があったこと、

ピースガーデンに移動したのも私の顕在ではNOであっても
蛇年のその年、白蛇さんの導きがたくさんあったこと、
目の奥に鳥居を見た人のナがデグチの性であったこと。
光の柱を立てること。

など、様々な偶然という必然が重なり、
私であって私ではないものに動かされ全てがまわっております。

東京にいたころは、行者さんに頼まれて、
あちこちの神社に参り、祝詞を唱え、雨を降らせ癒しや開きを行っていたこともありますが、

そのようなものも含め「役」をもらっていたのですが、
ここへきて、少しその「役」が別へ移ったと感じたことがあり、

ふぅ~やっと肩の荷が下りた。
と一息ついていたのもつかの間、その役が戻ってきたのか、
先日黒龍さんの導きがあり、また動きだしていたようで、

この度の禮楽セミナーで「8」、東京からの使者「8」と続き、
あぁ間違いないのね。。とまたもや自分の役を引き受けました。

龍使いである方へ以前、宮司さんの導きで相談させてもらったときは、
「あなたも大変ね~苦笑。私もそうだけど龍神様がついてるのはあなただから」
「役は降りられないわよ。しっかりお役目は果たしなさい」と。

とはいえ、
見える世界と見えない世界のバランスが大事ですから、
そのバランスをとりながら、精一杯やっていきます。

お役目の自覚は、ないよりはあったほうが、
やっぱり調子がいいみたいです。笑

そんなのやだ~って、だだこねて、
役から逃げていたら、すぐ調子悪くなるし。。。

ありがたくやらせていただきます。

人間は小宇宙

ありがとうございます。

そろそろ、また何かがはじまるのかな。
(私だけのことじゃないよ。)