コンテンツへスキップ

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、vo.2 (生きているだけでも人の役に立てる方法)

3dman_eu / Pixabay

下記の記事の追記です。

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのこともvo.1

突然の宿題をすみません。禮楽氣療講座でも、突然、みんなに聞くだけではなく質問を飛ばしてしまうので、みんなを「はっ!」と驚かせてしまう、そんなお茶目な私です。(自分で言うな!笑コラッ)

 

一昨日まで、6月上旬にはありえない30度近い北海道の蒸し暑さ。

そして今日は7度。風邪なんて引きません。nuku-nuku氣療法がありますから(^0^)v。でもあまりの寒さに息切れして、記事を書いている途中で薪ストーブに火を入れに行ったのでした。

 

さて、陰陽・バランスの検証の続きといきましょう。

 

陰:疲れている人

陽:元気な人

 

と、なります。さぁ、この陰陽エネルギーは、どのように人間、現実に作用するでしょうか?ヒーラーとして、お仕事として成立させたい方は必見ですよ?。笑

長くなったので、皆さんに宿題とします。笑

ここからの続きになりますが、このページから見た方は、理解を深めるために下記の記事を読んでくださいね♫

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのことも。vo1

 

一人完結陰陽統合ハイブリット人間の私が(長いって)、一人だとバランスが調整されていますが、ここへ別のエネルギー(人)が関わるとどうなるのか?

と言うお話の続きでもありますが、陰陽のお話を「女・男」から、「疲れている人・元氣な人」に変えて説明してみます。

 

人がバランスが取れている状態だと、海でいえば凪のような状態です。すごく疲れてもいないけど、すごく元氣でもない、中庸であり、凪のように穏やかな状態。

すごい元氣って、良さそうに聞こえるけれど、エネルギー的には「陽」に傾いているので、本当は良くありません。何かしらの陰のエネルギーでバランスを取らないと、有限の氣を使いすぎてしまいます。氣功的に言うと生命を使い果たしてしまう可能性もあります。(簡単に言うと、早死にすると言われているのです。)

※シンプルに「元氣」は必要です。「元」の「氣」ですからね。

もちろん、陰に傾いて、疲れている状態が良くないのは言うまでもないですね。体温も下がるし、気力体力減退、免疫低下、病気を引き寄せます。

 

ヒーラーとしてお仕事を成立したい方へ、ヒントです。ヒーラーとは疲れた人を癒す人のこと。「陰」に傾いてしまった疲れた人がクライアントになるわけですから、陰陽の法則で言えば、自分の「陽」の氣を強く出せるようにすれば良い、となります。シンプルに言えばそう言うことになります。

クライアントさんが「陰」なのですから、自分が「陽」であれば、自然とクライアントさんからのご予約が発生するわけですが、注意点は、そのクライアントさんの「陰」に、飲まれないようにする必要があるし、相手の氣を陰から陽へ導く必要がありますし、良いヒーリングを行うには、一旦お互いのエネルギーを混ぜ合わせる必要が出てくるので、ヒーラーの日々の浄化と自己鍛錬は必須となってきますのでご注意を。

もう一つ、ヒントを残しておきます。「レイキの氣、個性があります。自分のレイキの氣、陰陽どっちだと思いますか?」レイキやっている人がみんな同じエネルギーを出していると思ったら、それは大間違いなので知っておくと良いでしょう。

癒しの世界を単なるビジネスとして見て欲しくないので、これ以上は悪用されないように、書きません。本氣な方は、禮楽氣療法講座の受講をお勧めします。エネルギーは遊びで関わると痛い目に合いますから、ヒーラーさんを守るためにも。

 

では、このエネルギーの関係や影響を、普通の人間関係に置き換えて見ます。

例えば、家族。

家族のうち、誰か一人が、凄くストレスを抱えていたり、凄く疲れていたり、そのエネルギー不足や陰に傾いた状態が、どのようにバランスをとるのかと言いますと、

他の家族が、そのバランサーの役割を担います。まるで中和されるかのように、エネルギーがあるところ(人)から、ないところ(人)へ動きます。

「疲れていた人は、元氣になり」、「元氣だった人は、少し疲れます」

家族の一人が病気になり、介護をしていた他の家族も倒れてしまった、という話がよくありますが、それはそういったエネルギーの動きによるものも多いのです。

じゃあ、どうやって氣を補えば良いの?という疑問が湧いています。だって疲れた人をいつまでも自分の有限の氣で補っていたら、いつかは尽きるでしょう?

人間の氣は有限。使えば無くなる有限の氣。

無限の氣はないの?フリーエネルギーはないの?

あります、あります、ないと思わされているだけのことなんです。

実は、自然、地球、宇宙には、無限の氣が溢れているのです。それを取り込んで氣を補充して、相手に渡す。これがレイキであり、気功で言えば大周天。

そして、nukunuku氣療法です。

無限の氣を使うには、技術が必要で練習や鍛錬も必要です。(レイキは修行がいらないと言いますが、それは 初級レベル程度で良い なら、の話です。)※私のお志事は、その無限の氣を最大限に利用する方法を伝授することになります。

 

先日、ピースガーデンも参加したパンとスイーツのイベントがありました。今、パンとカフェはサヤカセンセとわけちゃんにお任せしているのですが、この日は私も脇役としてお手伝い。

二人とも夜中に起きて、仕込みをしています。

興味深いことに、2日間殆ど寝てないのでは?というサヤカセンセが、凄く元気なのに、脇役である私が、ドドドド〜っと疲れているのです。笑

おかしいですね?大したことしてないし、私は寝てるのに。でもエネルギーの仕組みはこんな感じです。

私たちは、パートナーですから、エネルギーは常に循環していますので、どちらか一方が疲れてエネルギー不足になると、自然と、バランスを保とうと元氣な方から流れていきます。エネルギーは常に多いところから少ないところへ、高いところから低いところへ、水と同じ働きを持っているのです。

 

そこへ、人間の思考やいらぬ感情が入るとこうなります。

「何もしてないのに、疲れておかしいよ、もっと手伝えよー」とか「みんな頑張っているのに、手伝える元気がなくて自己嫌悪ー」とか、そういうやつ。笑

でも実は、一人がみんなのために、みんなが一人のために、エネルギーは常に流動しているのです。

 

だからね、言ってみれば、

何もしてなくても元氣であれば、人の役に立っている。ということなんです。

 

目に見える世界だけを大事にしていると、感謝を忘れてしまいがち。現実的、物質的に何かを成し遂げなくたっていいんです。生きているだけで誰かの役に立てるのですから。

ただ、生きているだけ、というのは語弊がありますね。

元氣で、という条件が付いています。

これは逆バージョンを考えてみるとわかります。弱っていると常に誰かから元氣をもらう役割になってしまうので、常に誰かに与えてもらっている存在です。この状態がそのまま続くと、負のスパイラルにハマります。

家族だけではありません、会社、仲間、同じ意識のグループ、など、

そして大事なこと。エネルギーには距離は関係ありませんので、遠くにいようが、地球の裏側いようが、そのエネルギーの循環は必ず起きるのです。

 

また、与えたものが大きくなって帰ってくるというエネルギーの法則があります。「何」で帰ってくるかは、自分の望み次第ですが、いつも元氣を保ち、見えないエネルギーの世界で、弱っているところへ氣を与えている人は、自己管理を怠らず良い思考や良い感情で生きていると良いものが、何処かからか帰ってきます。(気をつけたいのは、よくない思考や欲だらけだと、良くないものを引き寄せてしまいますので気をつけて)

 

弱っている人はよく口にします。「私ばっかり運が悪い」「損ばかりする」など、それは当然のことでもあります。なぜなら、弱っているということは、距離も関係なく誰かから「与えられて」いて、「与えていない」おまけに「感謝もしていない」のですから、良いものが帰ってくる法則が働きませんので、運気が下がる、損をするのは当然のことなのです。

 

ここでいう「弱っている」=「陰に傾く」とは、どういうことか考えてみます。

病気、ストレス、自分に嘘をついている、イライラ、怒りや不満を抱えている、人生をつまらないと感じている、生きる喜び、働く喜びが湧かない。など、書いているとキリがありませんが、これって、現代社会のことですよね。苦笑

私?どれにも当てはまりません。常に今が最高です。昔からそうだったわけではもちろんありませんよ。苦悩やストレスばかりの時代だってありました。でも苦労して、修行を重ねて、いまがあります。その集大成がnukunukuや禮楽氣療講座です。悩める現代人のために構築した講座なのです。

 

さて、長くなりました。

あなたも私もバランサー。その意味が伝わったでしょうか?

そして、どのような人間として生きたいか、何か心にうかんだでしょうか?

 

与える人になって、運気を上げたい?

与えられるままで、運気を下げたい?

 

与える人になって、運気を上げたい人は、私のところに来てくださいまし。共に学びましょう。禮楽氣療講座は、本氣の方の為にあります。

もし、暗い闇の中にいるなら、その人生は180度変わりますよ。かつての私がそうだったように。

 

うん、待ってるから。^^

 

 

1 thought on “あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、vo.2 (生きているだけでも人の役に立てる方法)

  1. ピンバック: あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのことも。vo1 – Y-Kiwaki’s Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。