コンテンツへスキップ

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのことも。vo1

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

「陰陽」とは、陰と陽の量が同じで一つになっているということですが、他の言葉で言い換えれば、「バランス」が取れている状態ということです。

または、シーソーや秤が、真ん中にある状態のこと。

この地球上の全てが、陰陽、バランスで出来ていますので、この星で生きる私たち人間にももちろん関係のある話になります。

例えば、陰陽を男女にあてはめると、

陰:女

陽:男

になります。

男女が一緒になるのは、単なる陰陽の法則になりません。自然の摂理です。

 

ですが、

陰陽、バランスは、

そんなに単純明快ではありませんので、もう少し詳しくみていきます。

 

まず、「陰」である女性の内側には、男性性があります。

そして、「陽」である男性の内側には、女性性があります。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

この画像は、TAOの教えの陰陽図になりますが、白と黒の陰陽図のそれぞれの中に「○」があります。これは、その「陰の中に陽が存在」し、「陽の中に陰が存在」していることを表しています。

ですので、男でも女でも、それぞれに陰陽両方が存在するのです。

だから、男らしい女性もいれば、女々しい男性も存在するわけですね。

内側にある性質は、軸になるものですから、本来、男性性を内側の軸に持つ、女性の方が強いのです。

小さい子供も、男の子の方が病気に弱いとも言うし、痛みにも男性が弱い。とも言いますよね。それは、そういった本質からくるものなので、不思議ではありません。

この世の中、社会は、男性が優勢なものになってきましたが、それは、表面の強さを誇示しているにだけのように感じます。内側の本当の強さを持っているのは、やはり女性なのです。エネルギー的に見ていくとそれは明確です。家庭でも結局のところ、実権を握るのは奥さんでしょうし。笑

何を隠そう全ての生き物は、女性から生まれていると言う事実。

母強しです。それも母なる大地「地球」と言う星の法則に則っていると言うこと。

 

話を人間の陰陽に戻して、頭を柔らかくして、陰陽の中に陰陽があると考えれば、性やセクシュアリティーは多様であるはずです。

身体が男性だから、女性と一緒になる。そんな単純な話では終わらなくなります。それは「誰か」が決めた「ルール」だと言うだけのこと。

 

「誰か」のルールに従うのは、自然の摂理に反しています。

自然の摂理に従うのが、人間の生き方のはず。

 

心の目でよ〜く見渡してみると、おかしなことばかり。例えば、ある一定の動物が増えたから駆除する。増やした原因を作ったのは間違いなく人間のエゴなのに。

自然界にはバランスしか存在しません。何かが無くなり、バランスが崩れたから何かを増やしているだけのこと。

少子化対策?森を破壊し農薬で地を汚し、染み込む雨水は、浄化されずに大気に上がり、雨となり私たちに降り注ぐ、川から海に流れて、魚になって食卓へ。自然破壊の地球全体を見て資源はどのくらい残っているでしょうか?自然の動物も植物も、日本ではニュースにならないところで大量に死滅しています。全体的な量を減らしているとしか思えない状況です。人間だって地球で生きる哺乳類。人間だけが高尚な生き物と考えるのはどんなものでしょうか?動植物がいなくなったら、人間は食べるものがなくなります。

私たちが、自然災害と呼ぶものは、地球のバランス回復の動きに他なりません。

 

また、自然界には、メスがオスになったりする生物もいるし、オス同士、メス同士がカップルになる動物もいます。私にはそれが単なるバランスの法則に見えるのです。これ以上増えたら困るとなれば、自然と子作りをしないで全体のバランスをとっているだけのことではないだろうか?と思います。

陰陽、バランスの地球という星で生活する以上、それは自然のことだと思います。私のように、男性性と女性性を両方自覚して、真ん中の中性で生きて、一人で「陰陽統合」もいいですよ。社会的には面倒なこともあるけれど、別段、男にも女にもこだわる必要もないと、楽です。(笑)面白いことに、そんな風に生きていると同じような人が集まってきて、仲間もパートナーもいる。けれどみんなしっかり中性で自立型の新種ハイブリッド人間。(笑)

究極、「男、女、LGBT(ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランスジェンダーの略)」正直めんどくさいし、そんな枠組み、どうでも良いんです。

「私」は「私」だから。笑

 

陰陽、バランスの法則を「男女」という小さなことに焦点を当ててしまったので、話が小さくなりましたが、もっと大きな視点で見ていきたいと思います。

 

長い前置きになってしまった、一人陰陽統合「中性」ハイブリッド人間の「私」を例にとって話をしてみます。(笑)

 

中性であるということは、私の中でバランスが取れていて、居心地が良いということなのですが、これは、私が一人でいる場合の話になります。

まず、私は中性で居心地が良いので、「男性性や女性性が強い、男性や女性」の側にいると、私のバランスが崩れて、調子が悪くなります。

ここから見えないエネルギーや氣の話になりますが、陰陽はエネルギー、氣でもありますので、私の陰陽エネルギーは中性のエネルギー・氣で出来ているということです。

氣は循環し、人に会えば、氣が相手に流入したり、流出したりします。ですから、男性性や女性性が強い人に会うと、そのエネルギーが私の中に流入し、私の陰陽バランスが崩れて、調子を崩すわけですね。

私にも苦手なタイプがあって、人がどうのこうの、性格がどうのこうの、という問題ではなく、エネルギーだけのこと。誰も悪くなくて、バランスが崩れる。というだけのことなのです。

でも心配は無用で、自然と、私の周りには同じエネルギーを持った人たちが集まります。これも陰陽の法則です。

男性性が強い人には、女性性が強い人が惹かれ合う、中性には中性が。全てが陰陽エネルギーの成せる技、単純明快。

 

ではここまでを踏まえて、別の例にて、陰陽・バランスの検証です。

 

陰:疲れている人

陽:元気な人

 

と、なります。さぁ、この陰陽エネルギーは、どのように人間、現実に作用するでしょうか?ヒーラーとして、お仕事として成立させたい方は必見ですよ。笑

長くなったので、皆さんに宿題とします。笑

 

ヒント

陰:疲れている人、暗い、日陰、月、土、静、冬

陽:元気な人、明るい、日向、太陽、動、夏

 

では、また後ほど、??

 

続きは、こちらです。

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、vo.2 (生きているだけでも人の役に立てる方法)

1 thought on “あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのことも。vo1

  1. ピンバック: あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、vo.2 (生きているだけでも人の役に立てる方法) – Y-Kiwaki’s Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。