#意識の波紋#念の強さと現実化

qimono / Pixabay

もう10年近く前の話になりますが、亀仙人みたいなエロ〜い気功師に呼ばれたことがあり、エロいとは知らずに興味本位で会いに行った事があります。

どうやら、その方は、とあるヒーラーの会員名簿(レイキです)を手にして、女性ヒーラーを自宅兼サロンに呼び寄せていたらしく、後々問題になっていました。

中国で医療気功師として活躍されていたらしく、免状なども貼ってありましたが、最近は、身体を壊して、女性週刊誌などの後の広告などにあるような、

昔でいえば、陰陽師(といっても安倍晴明クラスの話ではなく下級生レベルの話)のようなお仕事をされていると言っていました。

その内容は、因縁やさんみたいなかんじで、

 

・あの人とあの人を別れさせてくれ。それ、叶えます。

・あの人と恋仲にしてくれ。それ、叶えます。

というお仕事でした。この世の中にはいろんな人がいますね。。。

その気功師さん、たくさん申込者がいるそうで、お金も良いと言ってましたよ。

 

でも、そんなことは可能なの?

 

ずばり、あの気功師さんレベルなら可能でしょうね。というか、別段気功師じゃなくたって、生まれつき念が強い人は沢山いますから、強く願えばたいていうまくいくんじゃないでしょうか?

 

ほんと??

では、上に貼った写真をみてください。

水面に落ちた一滴の水が、その人の意識、思考、念です。

その波紋が広がっていきますよね。波動の世界はこんな感じなのです。その一滴の意識、感情、思考、念、意志などが大きければ大きいほどに、波紋は大きく、強く広がっていきます。その波紋は人の無意識に働きかけます。(人は意識が先で、行動が後についてくる生き物です。)

しかし、その波動の波紋には臨界点があるようで、お風呂の縁にぶつかって戻ってくる水のように、自分の方へ帰ってきます。これがいわゆる因果応報。

だから、その亀仙人みたいな方、再起不能な怪我をしていました。そういったことは、中国の医療気功ではお勉強しないのかどうかは私は知らないのですが、その数年後に出会ったこれまた亀仙人みたいな気功師さんは、病気は治せるようで評価が高かったですが、話の内容が自分の自慢話(過去の栄光)ばかりでした。

大正時代に、こういった自然療法がまだ日本にたくさんあって、気功師さんも多い中、精神性を大切にすることをもっとも重要視したレイキ療法の開祖、臼井先生の教えというのは、他との大きな違いだった、というのはレイキ実践者の学ぶところですね。もちろん、禮楽氣療講座でも、一番大事にしています。

 

じゃあ、その「別れさせ屋」が、念を使って別れさせようとすると、送られた方には、どう影響するのかをお話します。

 

例えば、

二人の仲睦まじい素敵な幸せな若いカップルがいたとします。

その親が結婚に大反対、いつかあの子はもっといい人に出会って、良い結婚をするはず、本人の意志を無視して、子供のための願いとは思えない、いわゆる親の都合で考えていたとします。ここに、強い思い、感情が入ると、それが念となります。

また、人それぞれ、持って生まれたエネルギーの強さが違いますので、ちょこっと思っただけで、強い念になってしまう人がいるのも事実です。

さて、その念の波紋はどのように広がっていくでしょうか?

目標は「別れさせる」ですから、それに沿って、様々な人々へ影響が及びます。(送られた本人に限らず、他人も含みます)もちろん、仲睦まじかった二人に、ちょっとしたイザコザが発生もするでしょう。二人の間に、別の人間が現れて氣を引くでしょう。動物や近所の人も巻き込んで、どうやってもその「別れさせる」を実現化しようと動きます。

その念に気づける人以外、みんな、動かされている自覚はありません。見えない波動の波紋に流され、思考や行動がコントロールされているだけの話なのです。

そこで、念に負けず、今起きている状況が「念」によるものだと氣づけたら、その二人は、さらなる愛を確かめあい、絆が深くなるので、その別れさせ屋は失敗に終わるでしょう。

しかし、人間はもろいものです。感情的にもなります。別れさせ屋の力が勝ってしまえば、、、結果は、みなさんのご想像、お察しのとおりです。

 

しかし、念を送った本人には因果応報が待っています。これは避けられません。その昔、政治の世界に拝み屋、念仏屋、行者、陰陽師などが駆り出されていた時代、あの大名を「殺」しろと命令された行者は、その因果応報を知っていますので、

まず、家族と縁を切り、死を覚悟してひとり洞窟で念を送りました。そうです、因果応報は自分だけに帰ってくるわけではありません。別れさせ屋の念が、様々な人へ波紋として広がったのと同じく、自分は跳ね返せてもそれは家族へ広がっていくのですから。尋常じゃない命令なんです。だから、家族を守るために縁を切って、洞窟へこもるのです。自分の死と交換です。

エネルギーの世界は、遊びじゃありません、スピリチュアルを「流行り」と簡単に考えていたら痛い目にあいますので、これからの時代はしっかりとした指導者が必要だと思います。今後ますます、見えない世界への扉は一般公開され、それこそ波紋は広がっていくでしょうから。

私も数人知っています。恨み続けた相手が原因不明の「死」を迎えてしまった。という人を。驚く話でもありません。人間は怖い。思考や感情をコントロールできない生き物ですから、何も知らずにそんなことをしていたら、そうなるでしょう。その方の因果応報の話は、、割愛します。。

 

また、親子のエネルギーは、とっても近いものがありますので、親が心配をしていると、その子は絶対に成功しませんし、本当の意味で幸せになれません。

心配というのは、良くみえて、本当に悪いエネルギーになります。あなたのことを思って〜、心配してるのに〜、と相手のことを思っている顔をして、めちゃくちゃ奈落の底へ叩き落とすようなエネルギーです。

心配をするという事は、「あなたは出来ない子なんだから」、と決めつけているわけですから、それは当然出来るようにはなりにくい。

いやだって〜、できないから心配しているのよ。と言われるかもしれませんが、実は見えない自分の意識の波紋を相手に送り、相手を出来なくしているのは、自分自身かもしれない、という波動の罠です。(笑)講座でもこのあたりはうるさく言う私ですね。苦笑

見えない世界は、この世の常識は通用しませんから。

 

本当に、相手のことを思いやっている人は、

「あなたは大丈夫」そうやって信じてあげます。

 

心配というのは、心配をしている子など、相手に何か嫌なことが起きたときに、自分が嫌な思いをするのが嫌なだけの話です。自分のことしか考えていません。

何か起きても、どんなときでも信じてあげる、受け入れてあげる、それが本当の「愛」かと思います。

 

ふぅ〜常々、良い波紋を出して生きていきたいものです。

 

波紋:思考、感情、意志、心、念、などなど。

 

さて、

今日は、どんな波紋を広げましたか?

 

因果応報のスピードも早まる昨今の地球でございます。

 

ありがとうございました。

自分に与えられた役割ってなんだろう?旧暦の誕生日のことも

jill111 / Pixabay

Happy Birthday! 祝福されて生まれてきたみなさんおめでとう!!

いろんな天体の動きや月の満ち欠け、地球の流れいろんなタイミングがある中で、生まれてきた私達。誕生日があります。

昔の人は誕生日がなかったりするかもしれませんが、それでも魂はしっている自分の生まれ持ったタイミング。感覚が研ぎ澄まされていれば、自分の誕生日を知る必要もなく自分の役割を感じ取ることも出来るでしょう。

様々な人間関係の中において、自分の立ち位置を知る人もいるでしょう。マヤ暦や数秘術や占星術をつかって導き出すのも方法ですね。

たまに、いろんな占いやリーディングを受けたけれど、結局腑に落ちない、何をして生きていったら良いかわからない!という声も聞きます。

 

そんなとき、木脇先生ならなんと言うか?笑

「何もしなくていいよ。毎日を大切に生きてください。」とだけ言うでしょう。

木脇先生なら、なんと言うかな?というのは、これはですね、私も迷ったときに、使うんです。

「はい?」って感じると思うのですが、

人は、単なる入れ子ですので、様々なエネルギーと繋がることができます。小難しいことを書いているときは、それは私の自我ではありません。自動書記的に書かされているだけのことです。

普段は、息をしているただの人間の事が多いので、突然いろんなことをふられても何も思い浮かびません。(苦笑)根っからの憑依体質ですが、日々を良い状態で過ごしていると、良いエネルギーや高尚な方が私を使ってくださるので、ありがたい話です。

私の自我が、迷い出すと、サヤカセンセが言ったんです。「木脇先生に聞いたら?」って(爆笑)なるほどね〜と、言われた通り、私の自我ではなく木脇先生に聞いてみたら、すんなり答えをもらえました。

講座のときは、もちろん木脇先生の出番ですから、いいこというのですが、普段の私はボケーってしてるかもしれないし、おちゃらけています。笑

とはいえ、そんな木脇先生と自我は、随分近くなってきているので、いつか完全に同化出来る日もくるのかもしれませんね。ただ、もう真面目一徹、修行僧の全然面白みのない人間になりそうだから、抵抗しています。(苦笑)一緒に飲んでいるときの私が好き!〜とか言ってくれる仲間もいることだし〜まだ42才だからもう少し遊びたいと思っています。(笑)まぁそれは流れにままに。

 

さて、話を先程の「与えられた役割に出会う方法」に戻して、

毎日を大切に生きましょう。という答えですが、そうなんですよね、それができなければ何も始まらないのです、役割以前の話。

何かの物事を成し遂げることより前に、一つ一つの動作、所作を大切にしたり、歩く姿勢を大切にしたり、車に乗って左右確認する自分に氣づいていたり、大切にすることは、たくさんあります。ただ呼吸をしていることや座って記事を読んでいる自分を大切にしたり、

また、

呼吸を一括りにしないで、

「吐く」を大切にして

「吸う」を大切にして

 

と、一日に何回呼吸するか、人それぞれだと思いますが、ぜひ実践してみてほしいことです。脳にアルファー波やシータ波が生み出されて、大きな氣づきを自分の中から引き出すことが出来るようになります。

これもマインドフルネスやヴィパッサナーの効果になりますね。

 

誕生日の話といえば、面白いお話をひとつ。

私の誕生日は、1月17日なのですが、旧暦だと何日なんだろう?と思って調べてみたらですね、旧暦だと、12月17日でした。

ほ〜。日にちは変わらないものなの? と思って、

サヤカセンセはどうかしら?2月6日だから〜と、みてみたら、

なんと!!

12月17日!!

同じ????って、そりゃあ確かにツインだと思っていたけれど。

 

え、じゃあ、ワケちゃんは??

3月1日だから〜〜〜調べたら、

 

なぁ〜んと!!!

 

1月17日。

 

それは私の誕生日と同じじゃないですか!!!

 

どうりでどうりでどうりで。

ワケちゃんには、2目(ふため。笑)で声をかけたんです。うち(ピースガーデン)で過ごさない?って。ピピピ!と来るものが合ってね。

すぐに「イェス!」となったワケちゃんも凄いよね。福井県からよ。

最近、3人で歩いていると、兄弟?姉妹?なんて言われることもしばしば。

これは仕方ありませんね。苦笑

3本の矢でございます。

ここへあと2本の矢が加わるようです。

楽しみですね〜。

 

どんどん広がる輪〜!!

 

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

ありがとうございました。

 

 

 

 

今月26日(火)、nuku-nuku氣療法 講座 中富良野開催決定!

antonika / Pixabay

これまで、中富良野では個人講座のみの開催だった、nuku-nuku氣療法講座、グループ開催のタイミングはいつかなぁと、スケジュールは宇宙にお任せして、流れが来るのをまっていましたが、満を持して、そのタイミングが突然やってきました!

 

開催日:6月26日(火)9:00〜12:00

開催場所:ピースガーデンにて

定員:先着8名(残席2名)

受講料:25,000円(禮楽氣療講座の修了者は、20,000円です)

持ち物:バスタオル、水などの飲み物、あればヨガマット、膝が動きやすい、楽な服装にてお願いします。^^

申込先:soigner.info@me.com

 

<こんな方におすすめ>

禮楽氣療講座修了者はもちろんのこと、ヒーリング実践者、マッサージなどの人のケアに携わる方やもちろん看護や介護に携わる方、

また、産後のパワー不足、疲れやすい、エネルギー不足、身体が冷えている、元気がない、第一チャクラが弱い、インナーチャイルドに問題がある、人にたくさん会う機会がある、人前に出る機会が多い、家族に疲れている人がいる、レイキをやってても実感がない、氣が陰に傾いている、氣を高めたい、などなど、

さらに、自己ヒーリングをやる時間がない、家族がいて時間がとれない、などの時間的余裕のない方でも応用編として、誰でもが取れる時間を利用して継続実践できるように工夫したものを伝授しますので、忙しい方にもお勧めいたします。

 

と、いろいろ書きましたが、nuku-nuku氣療法は、「氣」を補う技術を学ぶ講座です。自分のケアは自分でしっかりと。人の氣を補うまえに、自分が満ちていないと手渡せません。現代人に足りない氣の力を、自己発動して、健康に運気に役立てて欲しいと思っています。

 

これまで、東京と山口のみの、グループ開催でしたが、この機会をいただき、開催の火蓋が切られましたので(笑)、北海道でのグループ開催スタートの合図だと思います。中富良野での定期開催や各地方へも出張いたしますので、楽しみにしていてください。

 

大切な機会とタイミングをくれたTさんありがとうございました。

 

山口県で開催したときのアイリスさんの、受講後の感想をぜひ参考にしてみてください。

はじめは半信半疑だってけれど。。。のつづきです。実践するしか効果はわからないのです。笑

 

実践を終え(更新日:2018/05/24) の記事です。

http://www.iris-nhs.com/page10-hitoyasumi.html