コンテンツへスキップ

丑三つ時のアルクトゥールスのウォークイン

すっかりご無沙汰してしまいました。そしてまたこんなタイトルですみません!

北海道では大きな地震がありました。中富良野地方は揺れましたがピースガーデンチームはみんな無事でございます。心配をしてくださったかたもいらっしゃったかと思いますが、まずは無事の報告と日常が戻って来ている感じをお伝えいたします。

震源地のほうではまだまだ余震が続いているようで救助作業もみなさん大変な思いをされていると思いますが、私達一人一人が「目の前にあるやるべきことに精一杯取り組む」というのはどんな状況下でも変わりません。

一人一人が、それぞれの魂の声を聞いて日1日を大切に生きることが光に繋がり、その光は必ず不安な方への心のエネルギーに繋がります。何度も何度も不安を煽る様なTVは消して、どうぞ穏やかに過ごしましょう。出来ることがあるなら不安や心配というネガティブなエネルギーを引き出さずに行動に移す方が良いと思います。

心配したり、思うだけなら誰でもできます。そのようなネガティブなエネルギーを発するくらいなら、自分の呼吸に集中しましょう。自らの呼吸が浅い方がよっぽど心配です。苦笑

呼吸が浅いとエネルギー不足に陥り、周りの人からエネルギーを奪うだけですから。

さて、長い前置きになりましたが、タイトルの内容に入りたいと思います。

昨夜また夜中に、アルクトゥールスのエネルギーがやってきて、「私」を押し出してウォークインしていきました。一番上の手の写真は、夜中にそのエネルギーを忘れない様なシンボルはないだろうか?と思いながら左手がこのような形になり、しっかりとエネルギーと合致したので、覚えておこうと思った次第です。

朝起きて、この形を明るいところでみたら、「あ、これ臼井先生。」臼井先生が霊気療法の施術時にやっていたという、左手の形と同じだと言うことにきづきました。

そういえば、鞍馬山に降り立ったのは金星からきたサナート・クマラであり、レイキのエネルギーも金星由来と言われていましたね。と、妙に納得しました。笑

この手の動きをみると、左手の薬指(邪気も入る場所)と、親指をくっつけて、人差し指はアンテナです。他の指は薬指の方へ沿わせます。

アルクトゥールスのエネルギーを受信して、他のエネルギーを入れない。自身の宇宙と繋がるというエネルギーの流れになると思います。

この形をとっただけでは、6次元のエネルギーとは繋がるのは難しいとは思いますが、その6次元のアルクトゥールスのエネルギーとのチューニングを行えば使いこなせると思います。

レイラク受講者さんは、使えるはずですので、ぜひ試してみてくださいね。

さて、夜中に起こったウォークインで随分と「わたし」が押し出されてしまったので地球上での私のあり方が、また少々変わっていくかもしれません。(もとからスターシードなんだからおかしいのだけれど。苦笑)

今後、益々スターシードの役割の重要性が高くなる地球です。

同じ魂の仲間たちの目覚めに、真剣に取り組む必要を真摯に感じた夜中でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。