サインはいつも目の前に

ピースガーデンのメンバーは、全員禮楽氣療を学んでいるので、ある意味修行者!なので、日常にスピリチュアルなことが満載で、見えない世界やら見える世界やら、一緒に過ごしているので、様々なわかりやすい「学びの例」が沢山起きて、日々お勉強。講座が繰り広げられることも少なくありません。

7時半位から朝ごはんのようなミーティングの様な時間があるのですが、ある日はサインのお話。

数字のサイン、そういえばわかちゃんに聞いて驚いたのですが、あのエンジェルナンバーで有名な(スピリチュアルな世界では)ドリーンバーチューさんが、キリスト教に鞍替えしたと聞きました。あれだけたくさんエンジェルカードも販売していますが、それらもすべて悪魔の仕業と言い切っているそうです。

確かに、スピリチュアルの世界でも悪魔的なエネルギーが渦巻いているのは確かですから、見極めは大切です。(スピリチュアルに限ったことじゃないよ。普通の社会にだって溢れてるわよ。笑)

数字もカードもなんでも、要するに、どう使うかです。モノ自体に意味や価値をつけるのは自分の心の波動次第ですから、いくら神的なものを扱っていても道徳心にかけていたり、嘘をついたり、傲慢、騙す、感謝しない、与えない、エネルギーを奪う、欲だらけ、なんてやっていれば、それは悪魔的なものに変わります。

私の講座も、悪用すればかなり悪用できます。でも悪用すれば因果応報で結果的にその人に危険が及ぶので、精神的に病んでいたり、今はこのエネルギーを扱うことが難しいだろうと感じたときは、その方の講座受講をお断りすることもあります。追試のときもあるね。。

受講後なら、その理由がわかると思うのですが、本気の方のみです。

ドリーンさんは、スピリチュアルを全否定して(もちろんレイキも!)、キリスト教一本だそうです。

キリスト教はどうなんだ?

なんていうか、その、自分教じゃだめですかね。笑

私は思うのですよ、なぜ、何かにすがるの?って。

その根本をどうにかしないと、また鞍替えするだけでしょう。

自分という魂の中にいる神(=真我)を信じて生きていけばそれでいいのに。

禮楽氣療講座は、そこを本当に大事にしています。レイキのエネルギーも使うけれど、講座では予備技術程度になっています。

どうすれば、あなた自身がしっかりと宇宙と繋がる(真我と繋がる)か、その方法を様々な技法や考え方を学んでいきます。

そのためには、どういう人生を生きるかをしっかり決める必要があります。誰の人生でもない、自分の人生でしょう?何かしらの役割を持って地球に生まれていたんでしょう?なぜそれに目を背けて見ないふりして生きるの?私にはその意味がわからない。

どう生きようと、自分の魂の道からは逃れられないのが宿命です。

だから必死になって、あなたの魂はサインを目の前に山ほど出します。

自分の生き方をしっかり決意した人には、そのサインは見えますが、なんとなく生きている人は、自分の魂のサインが見えません。意識が合っていないものは見えませんから、それは仕方のないことですが、とても残念ですね。懸命に気づいてよ自分!って自分が言っているのに、見ざる言わざる?無視かよ?ってそのうちひねくれちゃうわ。

ひねくれる、そんなことはありませんが(笑)そのまえに、肉体の自分が大きなを怪我したり、病気になったりして朽ちてしまうのでしょう。気づきが遅いとそのサインは大きくなっていきます。

わたしは人に起きているサインも見えてしまうのですが、意識が真我に合ってない人にお伝えしても理解してもらえないので、ひねくれるなら私か?(もう、なにも言いませんから、笑)

もしも、自分の魂の道に素直に(今生では、自我や欲望に駆られた三次元を卒業して観念した、ともいう。)生きる決意をしたなら、サインがこんなにも溢れていたんだね!!自分ごめん!!って思うほどに3次元現実に広がりを感じます。このサインに気づいて生きるときは、葛藤もあるかもしれない。これまで自分に嘘をついて生きてきたならなおのこと。でもあと何年あるのでしょうか?人間の時間は短いです。残された短い人生を自分の青写真のように生きたい。と感じませんか?

また、次の段階のお話ですが、自分の魂の道に沿って生き始めて、サインを活かせるようになってきたら、少しづつサインが消え始めます。

それは、自分の道からズレていないからです。サインというのは、道を外れたときに軌道修正が必要だよ、と教えてくれるもの。サインですからね。

最近サインがないなぁと、怪我も病気もなく健康で幸せで、仕事も楽しくて人間関係も温和で毎日ワクワクして生きている、はイコールです。

でも人間ですから、いろんな人の影響も受けるし会っていてもいなくても距離は関係なく影響も受けますのでね、少しづつ道がずれることもあります。地球もこれだけ変化をしていることですから、そこに住む人間にも変化を求められています。だから常に地球には共鳴する必要がありますし、過去がこうだったから、という左脳的な生き方、こだわりが強いとなかなか変化を受け入れられません。歳をとると余計に、脳の柔軟性がなくなることが多いので。。

そのように、自分では気づかないうちに、ズレてしまったとき、サインがまた現れ始めます。

それに氣づくことができるか、はたまた、気づけないか。

禮楽気療実践者は、日々修行。

毎日、毎秒のサインに目を向けて、活かす。

自己の魂の役割を思い出そう。

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

いつもありがとうございます。

あなたが本当の幸せを手に入れたら、何もしなくても生きているだけで周りを幸せにできます。あなたが文句ばかり言っていれば、生きているだけで周りの人を不幸にしています。

人の意識は波紋のように広がっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です