ダブルバインドで脳が混乱

昨日は満月でしたね。月の暦と自身の動きを合わせてみると、自然と体調が良くなったり、心の状態が良くなったりもします。

地球という星に住む私達は、月の影響も大きく受けていますので、それらに共鳴して生きることは生きやすさに繋がります。

それを言い始めたら、たくさんの星たちの動きも見たほうが良いというのはもちろん!ありますが、そのあたりは専門家にお任せして、せめて地球と月に動きには敏感でいたいですね。

いつの頃からか、ターニングポイントが新月から満月に変わった氣がするのですが、みなさんはどうでしょう?

新月から何かを始めたほうが良いと思っていたのですが、というよりよく考えたらそれは本で読んだものだわ(笑)当時はそうなんだぁーと新月のアファメーションなどやっていましたが、

数年前から、ふと氣づくと新月より満月のほうが新しく何かが始まる感じなんですよね。ひょっとすると人によるのかしら?私は満月に生まれていますので、そういったものも関係するのかもしれませんね。とはいえ、新月がターニングポイントであることも間違いはないですよ。

たくさんの本があるけれど、いわゆる価値観や常識なども人の言葉より自分の感覚が正しい時もたくさんあります。

書を捨てよ、町にでよ?ってどこかで聞いたような、すみません私本をあまり読まないので、おつむはてんてんてんです。(笑)感覚体験人間。だから難しいことはわかりませんの。一番信じられるのは自分の体験したことや感覚になっているのですが、、まぁそんな人も居てもいいやね。

本で読んだだけのことを自分の話のようにする人がいますが、私にはその言葉や会話が空っぽのイメージとともに感覚で入ってくるので、「はいはい」ってなってしまうことがあって、中身のない会話が苦手。人の心が読めてしまうのは、この社会では生きにくいものです。合わせることくらいできるもーん、(粋がってる。笑)

例えば、相手が笑顔で喋っていても、私がその人の心が読めるので、表と裏が違っていることに氣づいてしまう。。そうなるとダブルバインドにかかりそうになるので、早急にその場を立ち去ります。(笑)

言葉や顔が笑っていても、その心がそれと同じではないとき、例えば、内心怒っていたり、騙そうとしたり、要するに嘘つきですね。(笑)でも、そこまでいかなくても本心ではないことなども、表と裏になります。

そのように、目の前の相手が発する言葉と、意識が違った場合、ダブルバインドと言って、それを聞いていると「混乱」するんです。心が読めなくたって、はっきりわからないだけで、ちゃんとみんな感じ取れるもので、その証拠にダブルバインドにかかると、脳が混乱します。

脳が混乱すると、どうなるかというと、例えば洗脳のように、相手の思うがままになってしまいます。良い方向へ導いてくれるなら良いですが、そんな人は稀でしょう?

身動きが取れなくなって、強い意思の方へ流されてしまうのです。メデューサに睨まれた感じですね。

修行者は特に氣をつけなければいけない。自分に嘘をつかないことを。エネルギーが強くなってしまうので、その強い意思が自分に回ってくる。だから良いエネルギーを維持することが大事。

心なんて、目に見えるわけではありませんが、見る方法はちゃんとあります。だから、日々修行。

生きているだけで良い水の波紋を広げられるように。

さて、お盆もひとまず終わって、みなさん天上界へお帰りになられたでしょうか?いるべき場所に戻っていただけると嬉しいです。

そのまま連休になっている方も多いようなのでmusuhi535は、今日も楽しい一日になりそうですね。

今朝はとりとめもないお話でした。

今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です