鏡の法則と感謝で魔法を使う方法

9月に入って、北海道は湿度のない過ごしやすい季節となりました。残暑と呼べるほどの夏はもう終わったと思いますので、朝晩はすっかり肌寒くなっています。

さて、今日は鏡の法則、感謝の魔法のお話。

私達は、自分の姿を自分で見ることができません。鏡に映せばその全貌が見えますが、そこに映るのは逆の私。写真でみるのと、この目で見るのはやはり違いますので、うむ、

結局、自分ってどんな人なんだろう?

その真実は、一生わかりませんね。笑(死んだら肉体も卒業ですから、この世には興味もなくなるでしょう。)

別段、宗教の話をしようっていうのではないのですが、神も自分の姿を見たいが見れない為に、人間を作った、そんな話もありますね。

では、私達はどうやって自分を見ることが出来るでしょうか?

もうおわかりの方も多いとは思いますが、人、目の前の相手をみて、学ぶしかありません。そこには鏡の法則、または陰陽の法則が働きますので、それを理解しながら、相手に映る自分の足りない部分や学ぶ必要がある部分を見出して、成長に繋げていく。これしかありません。

そして、その学ぶべき相手というのが、これが面白いことに、自分をイライラさせる相手、怒ったりする相手、ムカつく相手で有ることが多いのです。

だから、大抵の人はその相手に、こう思います

「なんで、あの人、こうなのよ!!ほんと信じられない!!」

でも私達はそうは思いません。

そのイライラさせる相手から、何を学べるだろうか?と怒りのエネルギーをただ相手に向けるのではなく、内観し自己の学びと成長に使うのです。

あなたの周りにもいませんか?

「ほんと、あの人なら、ムカつくわ」って人(笑)

その人の事が嫌で氣になってしかたない!ムカついて頭から離れない!

あらら、でもその人って、本当ーに、あなた心の成長、魂の学びに、大事ーな鍵を持っている相手ですよ。笑

誰も認めたくはないでしょうけれど(笑)

相手があって、自分を知ることが出来る。そしてこの世に無駄な人間なんて1人もいない。何かしらのテーマや目的を持って地球に生まれて来ています。ここでいえば、そのムカつく相手は、あなたの学びの為に存在してくれているのです。そんな役目ですよ、自分の為に悪役を演じてくれているなんて。

だから、感謝をしてみます。魂の成長の為に、目の前に現れてくれてどうもありがとう。

するとどうでしょう?

それまで、ムカつくと言い続けていたときは、相手と共鳴、同調してしまって、おまけに文句言ってるので、波動がめちゃくちゃ下がっています。波動が下がった状態では、ネガティブで低レベルな思考しか浮かびません。

感謝をすることで、チャクラはどこが活性化しますか?(受講者さんへの質問)

そう、感謝をすることで、または感謝の言葉を使うことで、あなた自身の波動がガツン!と上がってしまいます。すると、低い波動との共鳴が終わって、高い波動と共鳴し始めます。そうなれば、脳は自然と調和的で建設的な思考をし始めます。

その学びが終われば、その先はわかりません。仲良くなることもあれば、離れることもあります。大事なのは学びが終わったのかどうかなので、くっつく、はなれる、そこはあまり重要ではありません。

おそらく、学びをしている方なら、沢山の知識も詰まっていると思うので、波動が上がれば、上記の様なことを思い出したり、もともと備わっているハイヤーセルフ(高い意識の自分)から、その相手から何を学んだら良いか、または、それを教えてくれる人や現象に出会うこともあると思います。

そして、その得た学びを自分の行動に変える。ここまで出来れば、自己の魂レベルがまた一つステージアップですね。

そうは言ってもそんな面倒くさいことやだぁー、やりませーん、だって相手が悪いものは悪いジャーン。って人もきっといると思います。笑

まぁ、別にそんな人は放おっておけばよろしい。笑

だってね、そうやって目の前のことから逃げ出したって、氣づいていないのかもしれませんが、それは自己の魂の成長の為に、自分が引き寄せている相手や現象ですから、環境を変えたって、人を変えたって、また同じ現象に追われるだけの話です。そんな堂々巡りの繰り返し人生を楽しいと思うのならそれでいいのだと思います。

ただし、文句言ったり、悪口言ってると、その言葉や思考の持つ波動が地球を汚していることには氣づいてもらいたいですが。しかもそのエネルギーは自分に不調和になって帰ってきてしまいますよ。と。

まぁ、人は人。自分は自分。笑

イラつく相手が来たら、自己の成長のチャンスを逃さない。

そんな目や心を養って、身の回りを見渡してみると、本当に面白い。ギフトで満ち溢れています。

それも天地自然、宇宙のエネルギーの一つ。

もちろん、あなた自身も。

森羅万象、生きとし生けるものが幸せでありますように。

さぁ、今日はどんな感謝の魔法を使ってみますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です