ラットレースの中の幸せ

本題に入る前に、質問してみますね。

あなたにとっての「幸せ」ってなんですか?

十人十色、いろんな答えがあって良いと思うから、どれが正解ってこともないでしょう。

ただ、それは本当に幸せなの?という疑問は持っても良いと思う。

例えば、この国で言われている幸せって、昭和の時代は、持ち家と車、贅沢な暮らしだったはず。でもそれって、資本主義、消費社会が作り出した、まやかしの幸せであって、植え付けられたものだということには氣づかなくてはいけないと思う。

それを持てば幸せになれると信じて、持ち家や車の為にローンを組んで、日々ストレスまみれで働いて、子供を育てることも誰かに任せて、子どもたちが傷ついても、相手をする余裕もない。世代間交流、コミュニケーションを失っていく人々。心はどこへ行った?

だって、ローンを返さないといけないから。仕事が大事。家と車と贅沢な暮らしや贅沢な旅行の為に働いているんでしょ!!

ねぇ、だからさ、

それのどこが幸せなのよ?

昭和の時代が終わって平成になって、令和になりました。

その消費社会に植え付けらた「幸せ」がまやかしだってこと、社会的な意識はどのくらい変化したのだろうか?

まだまだそのまやかしの世界に生きている人が殆ど、なのでしょうか。

ビジネスのことだけ考えれば、その90%の層へ向けてターゲットを絞れば良いので、やり方によってはまだまだお金儲けは出来るとは思います。

でもなんだか虚しい。ワクワクしない。

お金がいっぱいあってもいいけど、なんか虚しい。

私の生きている層は、その他10%以下の一般的な社会からみたら、きっと変わった人たち。(笑)

でもここには、心豊かな幸せがある。心が満たされているから、渇望が生まれず、何を求めるわけでもないので、ストレスもわかない。今この瞬間に「氣づく」その繰り返しの日々。平穏で心豊かな幸せな時間がただただ流れています。その流れの中で、向こうからやってくる出来事に精一杯自分の役割を果たしている。その繰り返し、感謝し、感謝され、その流れの中で、必要な物や人やお金もやってくる。

これが私達の日常。

この流れを真逆にして、お金を優先にすれば、「幸せ」が手に入るんだと思わされているのが、この社会の「幸せ感」「まやかしの幸せ」です。でも手に入るのは、無くなることへの不安、うまく行かないことへの怒り、満足できない事への不満、奪い合いからの争い、など。そしてそれらからくるストレス、不健康、自分で考える力と感情や心が無くなり、人を羨む。そんなまやかしの幸せです。

言い過ぎですかね?(笑)

自分もまやかしの幸せの世界に生まれてますので、「まやかしの幸せ」経験者です。でもこの世はおかしい!なんだか変だ!周りの大人たちは何も氣づいていない!盲目のようだ!という子供時代の疑問を大人になっても持ち続けてきましたから、「今」があります。

ラットレースのような世界。

ゴールがあると思って走り続ければ、いつまで経っても苦しいばかり。

ゴールなんて無い。その一歩一歩がもうすでにゴールなんだってことに気づいた人が、本当の意味でラットレースを抜け出すことができます。

必要なのは、氣づき、意識の変換です。

そんな意識の変換をしたい人の為に、禮楽氣療講座を役立ててください。宇宙のエネルギーと一体化することとは、ただヒーリングが出来るようになるだけではありません。本当の目的は本来の自分に戻る=宇宙エネルギーと一体化する。になりますが、たくさんの意識の変換が起きると思います。

Photo by stuart_roger_miles on Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です