コンテンツへスキップ

食べマルシェ 駅マルシェ
開催前の旭川食べマルシェ 駅マルシェ

先週の15、16、17日の三連休はドライブインもピースガーデンもお休みして、スタッフ総出(作る班・売る班にわかれて)みんなで旭川の食べマルシェ・駅マルシェに出店していました。

昨年は、中富良野町商工会のブースでお世話になっておりましたが、今年は、旭川豊岡でイタリアンをやっている弟夫婦のお店「創作イタリアンBAR Artigiano」(アルティジャーノ)さんと共同出店となりました。

旭川食べマルシェ・駅マルシェは、駅マルシェが信金さん主催、食べマルシェは実行委員会、といった感じで同じ開催日に合わせているので、結局は同じなのですが(笑)実は少し違うのですね。私たちは、昨年も今年も駅マルシェ(駅構内と駅前の半分まで)の方で出店でした。

旭川食べマルシェ
アルティジャーノ&ピースガーデン のブース。旭川食べマルシェ・駅マルシェ

旭川食べマルシェ・駅マルシェは、道北の食材を使った食べ物を展示販売するイベントなので、広い北海道の道北地域ですから、それはそれはたくさんの出店者、そしてご当地グルメが集まります。

ちょっと氣になるのは、食べのものに道北の食材使っていますという申請だけで良いので、本当に使っているかどうか?

んー、まー、食べてみれば一目瞭然です。(苦笑)卸屋さんの話とかリアルに聞いちゃうとなんだか残念な氣持ちにもなりますね。実際に食べてみたらインスタントのあの味!ってなんていう商品もありました。料理をする人ならすぐわかっちゃいますね。

私たちは、真面目一徹なので(笑)、小麦粉は、作るのがとても難しいので、幻と言われるほどの「上富良野産のハルユタカ小麦」や美英産ライ麦や、中富良野産の米粉(農家さんから仕入れて自家製粉)、今回は収穫の秋でしたから、畑で採れた自然栽培のじゃがいも、かぼちゃなど、をカンパーニュに練りこんだものなど、普段はない商品も一緒に並べました。

3日間、さや・わけチームは、1時、2時から製造、私・Kほるチームは、7時半に出て20時近くに戻るような生活でした。(笑)

さすがにイベント、3日連続はしんどいねー。(笑)3日目は、みんな目が開いてなかったです。爆笑!

 

それでも、おかげさまで無事に3日間を何事もなく終えて、たくさんの方々にブースに寄っていただき、ピースガーデン のパンたちをたくさん紹介できました。

本当にありがとうございました!。

旭川食べマルシェ
ピースガーデン のイベントブース

今回は、今まで何も氣にしていなかったのですが、今回1つ!新しいことをしてみました。

オープンして5年。雑誌やTVや新聞など、たくさんのメディアに紹介してもらっていたのですが、あまり氣にしていなくて、感謝が足りなかったなぁと反省。(いまだに看板も出していない私たちですから...)

いやいや、これには、わけが(言い訳)あるんです!メディアに紹介していただくのは嬉しい反面、たくさんのお客様が殺到してしまって、本当====に忙しくなってしまうもので。。。

本当は嬉しい話なのですが、そうなると、私の本業に手が回らなくなり、最初のめっちゃんこ忙しくなってしまった数年は、葛藤と肉体と精神のボロボロ感の入りまじり、腱鞘炎になってフライパン振れなくなってみたり、パンの捏ねも激痛で手伝えなくなったり、(身体は正直。笑)

でもこれもサヤカセンセの為!と、最後に愛は勝つ!と氣合いで乗り切ってきました。その間にどんどん成長し、もうそろそろ独り立ちできるんじゃない?^^そんな感じのところまでやってきて、次の彼女の目標は石窯パンですね。

 

あ、話が吹っ飛んでしまいました。笑

そう、何を新しいことを思いついたかというと。今までメディアに紹介されたものをボードに貼って自己紹介しよう!ということ。

よく考えてみれば、ただパンを並べてもどんなパン屋か分からないし、パッと見て、「あぁこういうお店なのね」と紹介できるわ♫と思いました。

これまたわけちゃんが、ポップの名人で、彼女が素敵に飛び出させたり、見て楽しく作ってくれました。(ありがとう!)せっかく作ってもらったので、金土日のピースガーデン の店頭パン販売のときに見れるように、売り場に貼って楽しもうと思います。

イベント最終日は、4人がブースに集まったので、楽しくなってきて(すぐ楽しいことを思いつく)。kほるさんに食レポーターやってもらって、TV番組みたいに動画撮ってみたりして遊んでました。本人のOKが出たらここでも紹介できるかも。(笑)

来年はどうかな?

出店するかな?

その頃、何してるかな?

日々に感謝して過ごしていれば、流れが見えてくるね。

 

3日間お疲れ様でした。

 

お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!!。

 

 

 

前回更新日が、7月1日。!!

確か今年は昨年より寒くて、薪ストーブにまだ火が入っていたような氣が。。寒い夏だね〜とか言ってたら、急にどーん!!って夏が来るよ。なんて思っていたら本当にそうなって、7月の三連休はとっても暑かった。

今年の三連休は、ピースガーデン で初めてラベンダーフェアに出店。ラベンダーフェアは、夜は花火大会もありますので、お陰様で中富良野町も大盛り上がりなのです。

東京チームの2名が手伝いに来てくれたおかげで、当日のお祭り、私たちは5人体制で挑みました。昼間は、暑くてもの〜んびりした雰囲気でしたが、花火大会が近くにつれて、人がどんどん会場に溢れ出して、私たちのお店も長蛇の列となり、「キャー!!」みんなそれぞれ自分の担当を見事にこなして素晴らしいチームワークでした!。

 

とはいえ、初めてのことだらけで、お客様や周りの出店者さんにお世話になったり、またいたらぬ点もありましたが、なんとか無事に終えることができました。

この日は、早朝から夜遅くまでみんなで動きまくりましたね〜。イベントは、開始と終わりの準備がありますので、まぁ〜力仕事。オソルベシ女子力ですね。笑

めっちゃ働いた後のみんなで食べた夜食、楽しかったなぁ〜♫素晴らしいメンバーに恵まれている私たちは本当に幸せです。

 

し、しかし、それでは終わらず。。。

7月の3連休は、中富良野が最も活気付く日なのですが、その一番ど真ん中、しかもそのイベントの次の日に、東京チームはその日に東京へ戻り、私たち3人は、国道沿いにドライブインをオープンさせました。

6月末の満月の日にそのお話があり、井戸水だったので、保健所の水質検査に1週間を要し、それがオーケーにならないとオープンは出来なかったので、1週間後にOKをもらって、正味1週間で店をオープンさせました。

 

初めてのイベント出店の準備と、ドライブインオープン準備は並行して進められていたのでした。

 

ありえない。。

いや、ありえないでしょ。

いくら居抜きだからってさ。

 

いやほんと、サヤカセンセもわけみ店長も本当に良く頑張ってくれました。破天荒者な社長、いや社長とは言わず代表理事、によく付いて来てくれました。

ありがとう。

私が前線に立ち、舵を取り、みんながそれをカバーしてくれる。そんな怒涛の日々な7月なのでした。

現在、ピースガーデン ではパンを焼き、それをドライブインに持って行って販売しています。ドライブインはわけみ店長が切り盛りしてくれて、私は、日々の営業以外にもたくさんやることがあるので、朝から動き回って、ラストは、musuhi535で軽トラに乗ってゴミ廃棄作業と解体やら。毎日埃と汗だくですわ。笑

 

それから、10日間ほどが立ちまして、まぁみんな適応力が半端ないので、慣れて来た頃、10月末の禮楽氣療講座の出張の日程が決まって来ました。

本当にありがとう。

ピースガーデン もそうですが、ドライブインをオープンさせるのも、musuhi535をオープンさせるのも、私はみんなに仕事を作ってあげたい。そんな思いが強いです。またそれと同時に地域活性化に繋がると信じているのです。

左の写真は、現在のmusuhi535です。解体とゴミ廃棄と基礎作りを並行して作業を行なっています。この暑さですから

まぁ〜3Kなんてもんじゃない作業。キツイ、汚い、こんな作業は、簡単に手伝って〜なんて言えない。笑!いいんです。一番汚れな仕事は私がやっとります。(笑)浄化担当なのでね。苦笑

10月の末の出張講座の頃には、もっと色々落ち着いていると思うので、安心して山口や東京へ行けそうです。楽しみです。

 

もちろん、禮楽氣療講座も講師養成講座も視野に入れています。ただ、飲食業の仕事とはちょっとわけが違うので、そう簡単にはね。苦笑(言い訳?)

何にでもタイミングというのがあると思うのです。そのタイミングがきたら、1週間でお店を開けられたように、ポン!!って生まれるんだと思います。

私の未来予想図の映像はもう見えていますので、ちゃんと現実になると思いますよ。楽しみです。

 

今日はドライブインのお手伝いに入っている、お客さんがちょっと引いた時間でブログの更新をしていますので、写真は後で貼り付けてみようと思います。

 

本当に、中富良野の夏、短い中でギッシリ詰まっています。

楽しいです!!

 

今日もありがとうございます。

すなば珈琲

氣づけば夏至も終わって、夏越の大祓も終わって、さぁ、今日から7月になっていました。笑

前回の自動書記ブログでは、

みんな よくがんばってる

でかした うえのもんだい

おわた ゆえに安心せ

もうすぐじゃ いまにはじまる

人のクセナオせよ くるしむなよ よいか

いまにすぐじゃ きておる

(UFOみたいな絵で締めくくる)

自動書記

で締めていましたが、一体全体、何が「いまにはじまるのか」何が「いますぐにきておる」のか、全く想像も付きませんでしたが、こんな時は、受け身、待ちの姿勢でいるのが一番。

日々、やることを淡々とこなしていれば、いずれ答えが「ぽんっ」と目の前に出てくるものですので、

まずは、17日から以前から予定をしていた研修旅行に行って来ました。

2泊3日の研修時間以外はほとんど移動時間のような弾丸ツアーでした。

鳥取県智頭町にあります、タルマーリさんです。

https://www.talmary.com

移動時間に、酵母についての記事を書いていたのですが、最近移動中に本を読んだりするとちょっとグルグルしてしまうので(たぶん、目の遠近感のせいかと..笑)、今回も書いている途中でアップにならずでした。こちらはまた後ほどアップしようと思います。

タルマーリさん、まず本当に素敵な場所でした。本当に日本の里山、といった感じで水も空気も木々も多い山間の中にありました。

 

タルマーリさん

なんかこう、ピースガーデン も外から帰ってくると同じような感じがするのですが、ファ〜っと粒子が光っている感じがするんですよね。

私は、氣だと思っていたけれど、そこには微生物も関係しているのだと思いました。

店主の渡邉さんの講義が本当に興味深く、面白かったです。普段私たちが自家製酵母のパンを焼く中で、こういうことってあるよね。これは、氣が関係しているよなぁ。って思っていたことが、渡邉さんの酵母菌や麹菌など微生物の話で合致していて、なるほどっぉ〜!!!

菌と氣は、かなりリンクしていました。

これについては、また詳しく書いてみたいと思っています。

タルマーリさんのクラフトビール

自家製酵母のパンを作る過程でビール酵母が必需品になったとのことで、タルマールさんではビール工房も併設されていまして、今回の見学会では、そちらの酵母が生きているビール飲み放題。

え?!

飲み放題?!なんて幸せなのでしょうか。笑

こちらのビールは乳酸菌も生きているので、酔いません。あぁ至福の時間。でございました。

ビール工房、パン工房、製粉場所も見学させていただき、サヤカセンセはもちろんですが、私もいろいろお勉強になりました。たくさん、書きたいことがありますが、もう少しまとめてからにしますね。(盛りだくさん過ぎて、時間が欲しい!)

 

鳥取では、ふと夜ご飯に入ったお店がまたとても素敵な内装とメニューで、これからはじまるmusuhi535の参考になることばかり。短い時間でしたが、実り多い研修日程となりました。

鳥取県智頭町もとてものどかで素敵なところでしたよ。

 

智頭駅
智頭町観光協会

 

 

 

 

 

お天気に恵まれて、梅雨の合間の清々し空気でした。昨日今日の北海道の方がジメジメとまるで梅雨です。苦笑

駅の前に、素敵な観光協会の建物がありました。知らない町に来たら、やっぱりまずは観光協会に行きますよね。パンフレットがあったり物産品が少し置いてあったりして、それに触れて、まずは馴染みたいものです。

ちなみに、中富良野町の観光協会はなぜか役場の中にあります。ですから土日は入れません。パンフレットも物産品にも(物産品は普段も置いてありませんが)触れることが出来ません。観光シーズンだけ駅にブースが出来ますが、それじゃあ、観光シーズンだけ人がくればいいか、という意識になってしまうのも仕方のない話ですね。

これは、中富良野町のおかしいなぁということの一つでもあります。一法人が役場の中にあるのって、どうですか?

素敵な建物じゃなくてもいいから、役場の中から出て、一般の方々が行きやすい環境を作ることから、中富良野町のファーム富田さんに頼らない観光が生まれるのではないでしょうか?

musuhi535では、その一旦を担えればいいなぁと思っています。やはり民間が動かないと行政は動かないというのが、よくある「アルアル」のようですよ。

民間と行政は、使う脳の場所が違いますので、いい意味で役割分担して、そしてお互い協力しあっていけたらいいですよね。

 

さて、夏至が来た後の、満月の日。

冒頭にある「いまにはじまる」が、思いもよらぬ形で始まりました。

この状況に呼吸と瞑想は必須です。

ですが、日々淡々と光へ向かって、日々前進するのみでございます。

もう少し落ち着いたら、また改めて報告します!

 

さぁ!みなさん、人生を楽しんで行きましょう!!!

 

いつもありがとうございます。

そんなの誰もが知っているよ。的なことじゃなくて、いいですか、一般的なことは言いませんので、心の準備をお願いします。(笑)今日は、肉体労働の前に、文章降ろしていきますので、昨晩よりは滑舌が良いはずです。w

いろんな人が読んでくれているので、まずは一般論から始めますが、そう食べ物が身体を作るというのは、誰もが耳にしたことがあることだと思いますが、しかしそれは物質的なことのお話。

ビタミン、ミネラル、タンパク質、カロリー。などなど

それは、肉体レベルの世界に意識がある人には、必要なことですが、意識が肉体レベルより上にある人には、その先に進まなければいけませんね。

肉食?菜食?それも肉体レベルの話です。自分の意識が肉体レベルにある場合は、それは重要なことですが、そこには意識がもう無いようになってくると、食べ物の波動を見ていく必要があるし、肉(動物)であろうと、野菜であろうと、コンビニであろうと関係がなくなってきます。

これは、肉食が良いとか、コンビニ食が良いなんていうことではありませんが、このお話自体もいわゆる物質レベルの話では無いので、理解が難しいということもあるかもしれません。「お話」自体も自分の意識と同じものであれば、理解ができるものですから、理解は求めません。ただ、ここを今読んでいけば、勝手に意識が上がりますので、考える必要はありません。あとは寝て自動ダウンロードしてくれるのを待てば良いわけです。難しく考えないで、ただ読めば良いのですから、楽ですね。笑

 

世の中は、すべて「氣」で出来ています。「氣」を言い換えれば、「波動」「プラーナ」「エネルギー」などです。

ですから、私たちが口にするもの食べ物も結局は「氣」なのです。

植物、動物・肉なども、どんな風に育ったか、どんな風に育てられたかは、もちろん重要になってきますが、私たちは、自然動物では無いので、それをそのまま食べないんです。必ず、人が調理をするわけですね。

ですので、どんな人が調理するかが、最も重要です。

どんなにオーガニックでも、マクロビでも、無肥料無農薬でも、調理する人の心が、不浄や制限が詰まっていたり、不安や恐怖やイライラに囚われていてら、どんなに良い食材でも、食べて優しい食事にはなりません。

私なら、そのような食事をいただく位なら、コンビニおにぎりの方が「楽」です。(そこには「氣」が入ってない分、波動的に影響がイライラ食事より無いという意味で。)

また、「楽」と書いたことには意味があります。

人間は、元々が「バランス」で出来ていますので、そのように料理人が疲れていたり、イライラしていたりしての食事は、バランスが崩れていますので、それを取り込んだ瞬間に、食べた人はバランスを取り戻そう!として、自己エネルギーを消耗してしまいます。ですので、口、味覚は、「美味しい」ですが、身体と心のエネルギーは消耗してしまうのです。

そのような食べ物は、人を元気に出来るだろうか?

 

とあるお店の話。料理人がいつもアルバイトさんに怒っているのですが、それを私が食べたら、夜中寝ながら、ズ〜っと意味もなくイライラして何かに怒っていました。もちろん怒る対象が無いので意味不明ですが、夢うつつの中で、あ〜あの料理人の怒りが私の波動に影響を与えているのだわ。と

そんなわけないじゃ〜ん、っていう方もいると思うのですが、それは私が敏感だからそうなるだけさ〜??

いいんです。理解は求めません。(笑)それに氣づいて生きるかどうかは、人それぞれですが、私が言うその「料理人の波動」の影響は必ず起きるものですから。もちろん、オーガニックなどの良い食べ物を選択することも大事ですが、もしもそこに「これでなくてはダメ!」みたいな「制限」が入っていたら、アウトです。その制限は、人間の体にとって、農薬よりたちが悪い意識波動です。

あれダメ、これダメ、自分に制限ばかりかけていると、どんなに良い食べ物をとっていてもその意識が自分を病気にさせてしまいます。10年以上前に、マクロビ、マクロビ!って真剣になっていた方がたくさん病気になってしまったのを目撃して、なんで???って思っていたのですが、結局は意識なんです。

「意識」というのも、「氣」ですから、お忘れなく。

 

だからと言って、「じゃあなんでもいいじゃ〜ん!」それも違うので、勘違いしないでくださいね(笑)

「食べ物を知る」ことは大事なこと。どんな風に作られているんだろう??

そして、どんな食べ物も、良いものに変えるために、自身の浄化と波動を磨くこと。自己浄化と自分の波動を磨きたい人は、それは私の専門ですから、相談してください。その方の波動を見て、レベルにあったお勉強方法をお伝えしています。

 

話を食べ物の話に戻して、「たくさん噛みなさい。」「一口30回噛みなさい」って確か小学校の時に習いましたよね。

確かに、咀嚼が足りないと本当に良くない。唾液も出ない。(唾液が出るのは若さの秘訣でもあります。)

「噛む」ことの語源は「カム」、「カミ」、「神」です。食べて、噛むことで、自分の中にある神性と響きあう、自然の恵みに感謝をする、などなど、そのような意味がありますが、ただ噛めばいいのか??という話でもありません。

 

現代人は、噛まない人が多い。とはよく言われますが、

その根本原因を見れば、理由が見えてきます。

本来、食べ物は、自然が無限に与えてくれる恵みであり、神様の贈り物とも言えるものですが、現代人が食べているもの、そのものがその贈り物とは程遠いわけですから、私たちは、そんな愛のないものを「噛み」たく無いわけです。「噛み・カミ・神」だと無意識でも感じていないものを、「噛め」と言われても、無意識に反応するわけです。噛まずに飲んじゃえっててね。

現代人が食べているものは、野菜も農薬たくさん、遺伝子組み換え、動物も抗生物質などの薬ずけ、添加物や加工品、見渡すとそのようなものが沢山ありますし、料理する人もストレスやイライラしていたり?

そのようなものを噛みしめたい〜♪って想う人は多分いませんよね。現代人が噛まないのは、そういったことに対する無意識の身体の反応です。

愛のない噛めない(神の無い)食物を出して、「噛め・噛め・噛めが足りん!」って、言われたら、子供も大人も拷問みたいなものでしょう。噛めない理由が根本にあるのです。「氣」を見ずにして何をみる?

 

大切に育てられて、良い料理人に作ってもらった食事は、カミたくなりますから、試してみて欲しいです。

ピースガーデンでは、そういったことをスタッフは耳にタコが出来るほど聞いていますので(笑)私たちが提供するパンは、噛みしめたいパンを目指しています。だから、「噛み」たいパンなんです。

そろそろお昼ですね。カミパンいただきます!

今日は、こんな感じで、文章降臨おしまい。笑・ありがとうございました。

 

みなさま、素敵な1日をお過ごしくださいませ♫

 

 

ピースガーデン
ピースガーデン

先週は、ピースガーデンでの、1週間のプチ移住体験がありました♪

薪割り体験、畑体験、アメちゃんの散歩に行ったり、BBQあり、料理作ったり、パン教室も開催!と盛りだくさんなピースガーデンでの移住体験の1週間でした。

楽しい時間はあっという間で、3日しか経っていないような氣もするね??と言いなが氣づけば、もう1週間後の帰る日。早いなぁ〜。後半はお天気にも恵まれて、畑仕事も捗りました。(今回は、開墾作業でしたが。笑)

前回のアルクトゥールスの記事から随分と時間が経っていて、まるで宇宙時間を彷徨っていたかのようです。苦笑

浦島太郎の話は、あれはまさに宇宙時間から、地球時間に戻ってきた時のお話ですね。

DIY 壁

実は、今回毎度のことですが、バタバタとやることに追われる中での来客でした。musuhiの方に泊まっていただくことになっていたのですが、まぁ〜そちらがまだ手を付けられていなくて、急遽、ピースガーデンの某所に壁とドアを作って、スタッフ部屋を作りました。写真は、牢屋じゃないよ。(笑)このあと、石膏ボードを打ち付けたりして、完成したのですが、そのまま入居となりましたので、完成写真撮る時間がなかったのです。移住者が来る当日完成。始めたのは前の日の午後。また降臨系でのお志事でした。石膏ボードだけは購入しましたが、やっぱり敷地内の廃材で作っておりますので、制作費は2000円くらい。

1Fの個室部屋は、昨年ゲストが泊まっていました。今年も長期滞在したい方はいるかな?(その方は、めでたく今年、中富良野住民になりましたね!)

何気に、中富良野町の人口増加に貢献している私たちなのですね。笑

みんなで撮った写真は、また改めて♪

 

私は、身体を使ったら、今度はまた数字と向き合っております。バランス良いね?笑

薪割りだって、春から準備ですから♪

夜な夜なキッチン
夜な夜なキッチン

 

写真は、musuhiでの夜ご飯のメニュー開発。

まだまだ、片付けもあるし、色々まだだけど、気持ち先行しております!!!

 

 

 

GWになりましたね。ピースガーデンでは、今日から、パンの店頭販売とカフェも始まりましたよ。今年のランチは昨年と同じように、イベント形式でカルマキッチンを行い、普通のメニューの中には「まかない飯」があって、お客様であっても薪割りなどの作業を1時間程度してもらったら、ランチが食べられる。そんな制度を今年も取り入れています。

今日は、ちょっと準備が間に合わなかったので、普通のランチにしました。いつものメニューは、いろんな野菜をデリのようにして、いろいろ楽しめる内容ですが、まだ畑に野菜がなっておりませんので、この時期はいつも野菜不足。なので思い切ってカレーメインにしてみました。

この間、東京でKEYreikiのミズキちゃんに連れて行ってもらったとっても美味しかったカレーを思い出しながら♫こっそり?教えていただいた味の秘訣を思い出して。(^^)これまた美味でありまして、キーマなのにあっさり仕上がりました。定番ランチに入れてみようかな?(ありがとうございます!)

カフェは、今地元福井に帰省している「わけちゃん」が戻ったら、ある程度お任せしたいと思っているので、引き継いだら、私はmusuhi.535へ大工仕事へ行くことになるでしょう。(笑)

今月は、今後移住予定の二人が、プチ移住体験で1週間ほど来ることになっています♪まだ朝晩肌寒い北海道ですが、楽しんでもらえると嬉しいです。

先日は、少し時間が出来たので、出張講座を振り返りたかったのですが、その少しの時間どこ行ったのかね?と言った感じで結局バザーとカフェの準備でした。苦笑

あれもこれもと、やることは頭の中で山積みですが、一個づつ一個づつ。焦らない焦らない一休さ〜んの境地で。

ピースガーデンのパン酵房は、8月で5周年。カフェは来年3月で5周年。いやはや細々ながらも続けてくることができました。これもひとえに皆様のお陰でございます。本当によくしてもらって、応援してもらって、ありがたいこと。本当にありがとうございます。

お店は、開けるのは簡単。でも続けて行くことは簡単ではありません。私の本業であるSoigner Reiki.japan 禮楽気療 は、2005年から氣付けば、13年が経ちました。時が経つのはあっという間ですね。

 

話を戻して、半年ぶりの店頭オープン(2年前から冬季お休みしてます)にも関わらず、多分、FBなどを見て来てくださった方々もたくさん!本当にありがとうございました。途中、アメちゃんを見てお帰りになられた方、ごめんなさい!タイミングが悪くアメちゃんがドアに向かって行ったので、犬が苦手だったか(何気にデカイし。)、動物アレルギーがあったか、入り口に犬がいます。って書かないとダメですね。今日は、ずっとハウスしてたのですが、アメちゃんが好きなお客様もいるので、たまたま出ていたタイミングでした。(ホストしてくれるアメリ。)

途中、カフェを抜けて、マキさんが軽トラを出してくれたので、一緒にmusuhi.535のゴミ出しに行ってくれました。本当にいつもありがとう!。中富良野は、ゴミが埋め立ての物も多く(分別も10種類ほどありますが)今日は、月に一度のゴミ搬入しても良い日で、埋め立て場にトラックで運んで行くのです。捨てさせてもらっている分際でこんなことは言えないとは思いますが、カオスです。。こんなにゴミが埋め立てられて行くのね。。と。。ここへは何度も来ていますが、思い返せば、自分のゴミを捨てに来たことは無いのです。中富良野に来てからというものの、人の物の片付けばっかりやっている私。なにせ自分所有のものはもう殆どありませんから、捨てるものがないので、ってだからって、今度は人の物を捨てる順番?

いくら、私が浄化の役割を星的に与えられているからと言っても、量が半端ないですね。(苦笑)考えてみれば、中富良野町の町の活性化!空き店舗再生!と言って、一番に手を付けたその建物は(musuhi.535)その空き店舗の中でも一番、ゴミと廃棄物が多いはず。元々はスーパー、仕出し、なども手広くやっていたお店だったようで、とにかくいろんな種類の廃棄物。

まぁ、自分の浄化がある程度終わったら、それを広げて行くとレイキで習いましたけど、、自分、人、地域、町、国、世界、地球、宇宙、と。

物が多いということは、波動が汚れていますので、一番の汚れに手をつけたわけですね。それが片付いたら、それはそれは、光が射すでしょう。この先の未来。

 

所有物というのは、心の隙間を埋める物

人は心が満たされていないと物を増やして満たそうとします。昔の私がそうだったから、その心が満たされてない心理状態よ〜くわかります。(笑)そして心を満たして、自然と身軽(幸せもゲット)になる方法も今では知っていて、教えていますね。(笑)

そうね、物を手放さないと、新しい出会いも情報も入ってこないものです。贅肉もつくし。笑

所有物が多いと、良いエネルギーが入る隙間がないわけです。心通じる人との出会い❤なんてのも大いに関係のある話。

 

人も町も、原理は同じ。

 

ゴミや物を片付けないことには、何も始まらない。

ゴミの中や上に新しいことは、生まれない。

破壊と再生はセットだから。

 

なんだか、とりとめもないお話。苦笑

さぁ、夏シーズン、よろしくお願いします!!(そんな締め?笑)