満月に頭の切り替えします。

今日は9月の満月。夜のお天気はどんなかなぁ♫

今回は、魚座で満月のようですね。癒やしと生まれ変わりのエネルギーが強く働くとき。魚座の人ならもっとそのエネルギーがその人に作用するでしょう。

昨日は確定申告を提出まで持っていくぞ!と、朝から中富良野の商工会、富良野の税務署、道税の書類を送るために郵便局、musuhiで用事、上富良野で用事、ピースガーデンに戻って草刈り、大量の草移動、流石に昨日は自分のマグロっぷりに驚いた。笑

満月のエネルギーが強く働いて、まぁ動く動く。こんなとき買い物行ったなら、まぁ、買うわ買うわ、ってなってしまう日です。笑

そのような満月のパワーが増すエネルギーに利用されるのではなく、逆に利用して、あちこち動き回って昨日は第7期の確定申告を無事に終えることができました。お世話になったUさんいつもありがとうございます。

そんなの税理士さんにお願いしたら良いのにーって言われそうですが、小さな法人ですから、(そんな余裕もないし。笑)自分である程度わかる様になっていたいというのが本音でもあります。

紛いなりにも経営者という肩書を持っていますので、経理?わかんなーいでは困るかな、と。お任せっぱなしの方もいるとは聞いていますが、きっとそれは大きい法人なんだと思います。この7年、商工会の相談員の方に、たくさんお勉強させてもらって、とはいえ、日々他のことで頭がいっぱいですから一年に一度の左脳酷使の向上には時間がかかってます。苦笑

そんな満月。私の生まれ変わりはきっと苦手と思っていた数字や経理が普通に出来るようになる事!

なんかちがうか。(笑)いや、あってもいいか。

私の生まれ変わりは今回はなさそうだけど、メンバーに魚座さんがいるので、彼女はきっと生まれ変わっていくのでしょう。本人の努力とともに。←ここ大事なポイント。満月のエネルギーは利用するものだから、ダラける方向にも生まれ変われるからね。笑

私は、頭の切り替え。musuhi535の二階の改装工事と裏の解体を冬前に終わらせなくてはいけない。

ピースガーデンから通っているメンバーたち。夜の雪道のことを考えたら、ちょっとあぶない。吹雪やホワイトアウトの多い地域にピースガーデンがあるので。彼女たちの安全のためにも改装工事を雪が積もる前に終わらせましょう!

さぁ、頭いっぱい使ったあとは、身体いっぱい使います!

リノベーション一緒にしたい人募集中ー!!。

Photo by Bessi on Pixabay

龍の舞う中富良野町

ピースガーデンは中富良野町の国道のある町中から東の山の方へ車で走ること15分ほど。農村地帯、周りが畑や水田に囲まれた穏やかな場所にあります。

ん?そういえば、此処って穏やかだろうか?(ふと疑問に思った。)

男性性の強いクニトコタチノミコトの鎮座する芦別岳と女性性の強いアイヌ語でカムイミンタラ、神々の庭を意味する大雪山の合間にあり、その間を風が強く吹き抜けます(特に南の芦別岳方面から)。いや、その風の強さは半端ないんです!立ってるのもやっと!みたいな時も結構ありますからね。それが冬になると雪がセットですので、吹き溜まりやホワイトアウトのメッカです。(これからその季節に近づきますね。苦笑)

いや、本当に試される大地。自然と同調しないと生きていけません。冬は特に。

余談ですが、例えば、移住者の多い東川町は大雪山の麓にあり、女性性の強い氣の流れる地域だと感じます。都会に疲れた人には癒やされる場所なのだと思います。

中富良野町はその両方の山々から流れる氣によって、男性性と女性性の両方のエネルギーが存在し、土地に水分を多くもつ泥炭地であることから、電磁波やプラスイオンが自然に大地に溶け込み、この地に住む人々や訪れる人々のの浄化を助け穏やかさと優しさをもたらせてくれるのだと思います。

また、神社仏閣のある地にも氣の特徴がありますね、伊勢神宮は女性性のエネルギーが強く、高野山は男性性のエネルギーが強いと感じました。どちらが良い、ではなく、どちらが今の自分に合っているか、必要としているかでその違いを活かしていくとよいでしょう。

そういった地形から見る氣、その昔日本人は山脈を流れる風や氣を「龍」と見ていたと聞いています。干支には12の動物。一つだけこの世の生き物じゃないものがいますね。

「辰」。蛇と来て、龍。私も辰年でした。(だから変わり者?笑)

そんな龍神が舞う中富良野の農村地帯。

人がその場所に住むには、それ相応のエネルギーが必要になります。風が強いということは、「風」がハートチャクラに当てはまりますので、龍の愛、ということは無条件の愛ではありますが、少し特徴的でもあります。例えていうならば母の愛というよりは、父の愛でしょうね。愛ある強さ、ときに厳しいがいつも大きな愛で見守ってくれるような優しいエネルギー。そんなエネルギーと同調する必要があります。

同調するというのは、その恩寵を受けながらも同じ様なエネルギーを持つ人間になるということです。

そのエネルギーの中に生きるというのは、水に例えたらわかりやすいでしょうか?

海の水の中では、淡水魚は生きられない。(その逆も)

これと同じことが、目に見えないエネルギーの中で起きます。でもエネルギーのことですから、自分自身を変化させる事ことができます。一生淡水魚のままでもいいし、海水魚になることも可能なのです。

ただ、淡水魚から海水魚になるような変化は、とても厳しいものになるかもしれませんが。苦笑

時々、この地帯に住む方々との交流の場に、私達も呼んでいただけるので時間がある限り参加させてもらっていますが、皆さん、穏やかで、芯が強く、とても優しい人たちで、この地に長年住んでいる方らしく、みなさんとても素敵で生き様とかかっこいい!!みなさん農業に忙しいはずなのに、新参者の私達にまでいつも良くしてもらって、本当に感謝しています。そんなみなさんのお陰で、私も淡水魚から海水魚になれたかもしれません。笑

北海道はよく試される大地。って言われます。都会からの移住者も多いのですが、その自然のエネルギーに圧倒されてなのか?帰ってしまう人も結構いるようです。夏しか来たことがなければ、仕方ないかもしれない。

冬がさ、それがさ、試されるわけよ。笑

まず寒い。マイナス22度以下になるときだってある。想像できない寒さだと思います。家の中は温かいし、あたり一面「白」しかなくてもそれが当たり前で育った私達道民は氣にしてないけどね。

行動も制限され、吹雪の日は家から出れないこともある。だから当然、その天候によって自分の用事を合わせる。自然の摂理に合わせるには最適かもですけど。笑

でも思い起こせば、私がこの地に住むようになってから、そうするしか方法がない!というほどに無理やり、基準が自然や天候になりました。(笑)

なるほど!!自然の中で生きるってこういうことか!っと、半ば強制的に宇宙(自然)エネルギーと同調させてもらって今ではすっかり定着しました。

自然ってすごいね、お陰様に感謝です。

さて、そんな試される大地、そして龍神の舞う厳しさと愛の中富良野の農村地帯にあるピースガーデン。

今日はどんなお試しが目の前に現れるでしょうか?

お試しを楽しめるようになれば、もうあなたは本物です。笑

みなさま、良い週末をお過ごしくださいませ☆

魂の家族

昨日のmusuhi.535は、カレーの日!!ということで、普段私はあまりお店には出ていませんが、わけちゃん1人ということもあり、さやちゃんと一緒にお手伝い。といってもピンチヒッター的な感じですが(笑)

昼には、わかちゃんとあきちゃんが買い出しから戻って来てくれたので、選手交代して私達は旭川へ買い出しとお墓参り。

お寺はいつもはとても静かですが、とても賑わっていました。賑わっていたという表現はおかしいですね。でもお寺に人がいっぱいいるのって嬉しくなるなぁ。みんなお盆だからと里帰りして、普段は会わない親族が集まったりするのでね、なんだかお寺の雰囲気が明るくて。

お墓に亡くなった人(霊)がいるわけではないけれど、そんなに集まってくれるならって言って、親族と一緒にいるのが興味深いね(笑)

家族っておもしろいね。

私には家族が2通りいます。

血のつながった家族と、
血はつながってないけれど魂の家族。

なんて幸せ者なんでしょうか。

その話を昨日、お墓参りの途中で立ち寄った東旭川のRIM商会(Rim Cafe)さんでお話をしたら、それってマフィアみたい!!って(えー??爆笑)

RIM商会(Rim cafe)

その表現に笑って、「え?マフィン?」とか本気で間違えたけど、なるほど、映画の世界でしかわからないけれど、マフィアの家族の結束みたいなものも血の繋がりはないけれど、そういう感じかもねー。

RIM商会のお二人の中では、私のイメージがマフィアのボスと固まった模様?。です?(爆笑)

おもしろいね。

それぞれが用事や仕事からピースガーデンに戻って、みんな揃ってご飯。なんだかんだとみんな担当のお志事に責任を持って真剣に過ごしているから、集まってご飯は笑顔を笑い溢れるホッとした瞬間。また今週も頑張りましょう!って気持ちになる。

1人がみんなの為に。
みんなが1人の為に

素晴らしい仲間に恵まれた私達は、本当に幸せものです。

いつもありがとう。

みなさま、今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

冬仕事とリノベーションmusuhi535の事とか

10月に入ってあっという間に月日は流れております。

北海道は朝晩めっきり冷えて来ていますので、薪ストーブに火は既に入っております。真冬の準備として薪を集める作業も昨日早速ありました。(一冬分にはまだまだ足りませんが。笑)

そんな先週もmusuhiの車庫の解体があったり、冬を前にしていろいろピッチを上げる必要が出て来ましたね。苦笑

左の4枚の写真は解体の様子。インスタやFBは更新まめなほうですが、ブログでのお知らせがいつも後になってしまってすみません! うちの作業員にならないか?って、スカウトされましたよ。(笑)

女子3人と、お手伝いにきてくれた男性Oさんの4人で1日でやり終えました。次の日の台風に備えて、いろいろ飛んでいかないように工夫をして現場をさる私たち。立つ鳥後を濁さず。笑

屋根にあがっているのは、:Osan, :わけちゃん, :私、写真には写っていませんが、:片付け頑張ってくれたKsan。

リノベーション、なって名前はかっこいいけれど、やる仕事は3Kですから。破壊と創造はセットであり、破壊には片付けがもれなく付いて来ますのでね。笑

この車庫の下に、下水が通る予定です。こんなに中富良野の町中の中心地なのに、下水が通っていなかった事自体驚きだったのですが、工事が大掛かりなことになっております。歩道を3メートルほど掘って、下水管を繋げるわけですね。

これで排水が可能になります。給水も建物の後ろに方に一箇所あったのですが、なかなか難儀な工事になりそうです。コンクリートをはつる必要も出て来ます。実は最初に依頼していた大工さんは、理由もいろいろあっての事で大工工事二日目で降りてしまったのですが(苦笑)、こんなに大変な作業ですから仕方なかったですね。

なかなか大変な事は、まだまだ続きますが、めげずに最後までやり遂げようと思っております。

外仕事は、お天気が大事なので、最近の雨が多い中をぬって作業計画が必要ですね。今日は午後から先日の車庫解体後の木材を切ったり、運んだりします。車庫の鉄は、昨日廃棄業者へ運びました。

今月は、22日から31日、2日から5日まで、東京と山口での出張講座と東京での北海道物産展で中富良野にいませんが、それまでに出来ることをやっておこうと思っております。

 

「オープンはいつ?」

 

最近よく聞かれます。(笑)ですよね。苦笑

まず、当初の依頼が不可能になったことにより、業者さんも変更する必要が出て来て、困っていたところへ、助けてくれた大工さんへお願いすることになり、彼も忙しいなか時間をわざわざとって作業をしてくれています。夏に入って観光地の夏は激務が終わって、さぁ!というところで大地が揺れてみたり。

いろいろ言い訳しましたが(笑)、起きる事は必然。無駄なことは何もない!全ては宇宙の計画通りで「わったわた」の中、

 

それでも年内のオープンを目指しています!

と、宣言しておきます。

 

昨年から始まったmusuhi535.いろいろ言いたい事も書きたい事もありますけれど(笑)何かを始めるにはいろいろ摩擦や抵抗もつきもの。口だけ出したい人もいるし、手を貸してくれる人もいる。

耳障りな音にはちょっとだけ耳を塞いで、摩擦を切り抜けて目の前の手仕事に集中しなくてはいけない時期に入っております。集中力が必要ですね。

 

毎日の感謝を忘れずに今日も精進して参ります!

 

いつもありがとうございます。

 

10月の予定

●23日(火)10:00~13:00 @東京:nuku-nuku氣療法講座

●25日(木)10:00~18:00 @山口:個人カウンセリング・ヒーリング

●26・27日(金土)09:30~17:30 @山口:禮楽氣療講座

●28日(日)10:00~13:00 @山口:呼吸と瞑想講座

●28日(日)14:00~17:00 @山口:nuku-nuku氣療法講座

●29日(月)10:00~13:00 @山口:nuku-nuku氣療法講座

JR Hokkaido 車内紙9月号に掲載されています。

Facebookの投稿が楽すぎて、そちらではまぁまぁマメに更新しているのですが、ついうっかり忘れてしまうブログでのお知らせですみません!

明日で9月も終わってしまいますが、北海道でJRに乗った方は、ぜひ各座席前に置いてあります車内誌「JR Hokkaido」 9月号を見てみてください♪

ピースガーデンの取り組みが移住の特集で取り上げられています。ライターの方がとても素晴らしい方でしたので、記事自体が面白く、自分たちのことではありますが、第三者的に「ほぉーなるほど、へぇー!」って面白く読ませていただきました。笑

一般社団法人は、まだまだ認知がありませんが、私たちの活動がソーシャルビジネスとしてグラミン銀行を例えに出していただきながら紹介されたいました。普段あまり理解されなかったり、銀行の融資でも保証協会に入れなかったり、Airレジでさえ、一般社団法人は中小企業とみなされないために国の補助金も受けられなかったりと扱いが寂しい私にとってはとても嬉しかったです。(笑

 

夏も終わりに近づいて

Yuri_B / Pixabay

9月もそろそろ終わりに近づいてきました。本当に富良野、北海道の夏は短いです。

朝晩冷え込んできていますので、薪ストーブに火を入れることも増えてきました。(ほんの少しですけどもね。)

今年は急にお声がかかり、空き店舗再生事業の一環として夏季限定のドライブインもオープンさせました。半分雪に覆われる地域ですから、イベントにも初挑戦したり、夏は目一杯動きますね。

昨年末から動き出している空き店舗再生事業のvo.1、 musuhi535、こちらの店舗も廃棄作業もだいぶ落ち着き(まだあるけど。。)、床の生コンもひと段落、解体部分へ向けての壁作業も半分終わって、10月は本腰入れて内装作業に入れそうな??予感です。

そして、そんな中ではありますが、10月は山口県と東京への出張講座も待っています!!

ここにエネルギーを注げると思うと今からワクワクしてきます!!約1ヶ月後ではありますが、きっとあっという間ですね!

ちょっと時間ができたので、買い出しついでにカフェに寄ってブログ更新となりました。また戻ったらワクワクの続きを更新したい思います♪

 

短い夏だから北海道。

前回更新日が、7月1日。!!

確か今年は昨年より寒くて、薪ストーブにまだ火が入っていたような氣が。。寒い夏だね〜とか言ってたら、急にどーん!!って夏が来るよ。なんて思っていたら本当にそうなって、7月の三連休はとっても暑かった。

今年の三連休は、ピースガーデン で初めてラベンダーフェアに出店。ラベンダーフェアは、夜は花火大会もありますので、お陰様で中富良野町も大盛り上がりなのです。

東京チームの2名が手伝いに来てくれたおかげで、当日のお祭り、私たちは5人体制で挑みました。昼間は、暑くてもの〜んびりした雰囲気でしたが、花火大会が近くにつれて、人がどんどん会場に溢れ出して、私たちのお店も長蛇の列となり、「キャー!!」みんなそれぞれ自分の担当を見事にこなして素晴らしいチームワークでした!。

 

とはいえ、初めてのことだらけで、お客様や周りの出店者さんにお世話になったり、またいたらぬ点もありましたが、なんとか無事に終えることができました。

この日は、早朝から夜遅くまでみんなで動きまくりましたね〜。イベントは、開始と終わりの準備がありますので、まぁ〜力仕事。オソルベシ女子力ですね。笑

めっちゃ働いた後のみんなで食べた夜食、楽しかったなぁ〜♫素晴らしいメンバーに恵まれている私たちは本当に幸せです。

 

し、しかし、それでは終わらず。。。

7月の3連休は、中富良野が最も活気付く日なのですが、その一番ど真ん中、しかもそのイベントの次の日に、東京チームはその日に東京へ戻り、私たち3人は、国道沿いにドライブインをオープンさせました。

6月末の満月の日にそのお話があり、井戸水だったので、保健所の水質検査に1週間を要し、それがオーケーにならないとオープンは出来なかったので、1週間後にOKをもらって、正味1週間で店をオープンさせました。

 

初めてのイベント出店の準備と、ドライブインオープン準備は並行して進められていたのでした。

 

ありえない。。

いや、ありえないでしょ。

いくら居抜きだからってさ。

 

いやほんと、サヤカセンセもわけみ店長も本当に良く頑張ってくれました。破天荒者な社長、いや社長とは言わず代表理事、によく付いて来てくれました。

ありがとう。

私が前線に立ち、舵を取り、みんながそれをカバーしてくれる。そんな怒涛の日々な7月なのでした。

現在、ピースガーデン ではパンを焼き、それをドライブインに持って行って販売しています。ドライブインはわけみ店長が切り盛りしてくれて、私は、日々の営業以外にもたくさんやることがあるので、朝から動き回って、ラストは、musuhi535で軽トラに乗ってゴミ廃棄作業と解体やら。毎日埃と汗だくですわ。笑

 

それから、10日間ほどが立ちまして、まぁみんな適応力が半端ないので、慣れて来た頃、10月末の禮楽氣療講座の出張の日程が決まって来ました。

本当にありがとう。

ピースガーデン もそうですが、ドライブインをオープンさせるのも、musuhi535をオープンさせるのも、私はみんなに仕事を作ってあげたい。そんな思いが強いです。またそれと同時に地域活性化に繋がると信じているのです。

左の写真は、現在のmusuhi535です。解体とゴミ廃棄と基礎作りを並行して作業を行なっています。この暑さですから

まぁ〜3Kなんてもんじゃない作業。キツイ、汚い、こんな作業は、簡単に手伝って〜なんて言えない。笑!いいんです。一番汚れな仕事は私がやっとります。(笑)浄化担当なのでね。苦笑

10月の末の出張講座の頃には、もっと色々落ち着いていると思うので、安心して山口や東京へ行けそうです。楽しみです。

 

もちろん、禮楽氣療講座も講師養成講座も視野に入れています。ただ、飲食業の仕事とはちょっとわけが違うので、そう簡単にはね。苦笑(言い訳?)

何にでもタイミングというのがあると思うのです。そのタイミングがきたら、1週間でお店を開けられたように、ポン!!って生まれるんだと思います。

私の未来予想図の映像はもう見えていますので、ちゃんと現実になると思いますよ。楽しみです。

 

今日はドライブインのお手伝いに入っている、お客さんがちょっと引いた時間でブログの更新をしていますので、写真は後で貼り付けてみようと思います。

 

本当に、中富良野の夏、短い中でギッシリ詰まっています。

楽しいです!!

 

今日もありがとうございます。

野生酵母の研修、鳥取県智頭町タルマーリさんへ

すなば珈琲

氣づけば夏至も終わって、夏越の大祓も終わって、さぁ、今日から7月になっていました。笑

前回の自動書記ブログでは、

みんな よくがんばってる

でかした うえのもんだい

おわた ゆえに安心せ

もうすぐじゃ いまにはじまる

人のクセナオせよ くるしむなよ よいか

いまにすぐじゃ きておる

(UFOみたいな絵で締めくくる)

自動書記

で締めていましたが、一体全体、何が「いまにはじまるのか」何が「いますぐにきておる」のか、全く想像も付きませんでしたが、こんな時は、受け身、待ちの姿勢でいるのが一番。

日々、やることを淡々とこなしていれば、いずれ答えが「ぽんっ」と目の前に出てくるものですので、

まずは、17日から以前から予定をしていた研修旅行に行って来ました。

2泊3日の研修時間以外はほとんど移動時間のような弾丸ツアーでした。

鳥取県智頭町にあります、タルマーリさんです。

https://www.talmary.com

移動時間に、酵母についての記事を書いていたのですが、最近移動中に本を読んだりするとちょっとグルグルしてしまうので(たぶん、目の遠近感のせいかと..笑)、今回も書いている途中でアップにならずでした。こちらはまた後ほどアップしようと思います。

タルマーリさん、まず本当に素敵な場所でした。本当に日本の里山、といった感じで水も空気も木々も多い山間の中にありました。

 

タルマーリさん

なんかこう、ピースガーデン も外から帰ってくると同じような感じがするのですが、ファ〜っと粒子が光っている感じがするんですよね。

私は、氣だと思っていたけれど、そこには微生物も関係しているのだと思いました。

店主の渡邉さんの講義が本当に興味深く、面白かったです。普段私たちが自家製酵母のパンを焼く中で、こういうことってあるよね。これは、氣が関係しているよなぁ。って思っていたことが、渡邉さんの酵母菌や麹菌など微生物の話で合致していて、なるほどっぉ〜!!!

菌と氣は、かなりリンクしていました。

これについては、また詳しく書いてみたいと思っています。

タルマーリさんのクラフトビール

自家製酵母のパンを作る過程でビール酵母が必需品になったとのことで、タルマールさんではビール工房も併設されていまして、今回の見学会では、そちらの酵母が生きているビール飲み放題。

え?!

飲み放題?!なんて幸せなのでしょうか。笑

こちらのビールは乳酸菌も生きているので、酔いません。あぁ至福の時間。でございました。

ビール工房、パン工房、製粉場所も見学させていただき、サヤカセンセはもちろんですが、私もいろいろお勉強になりました。たくさん、書きたいことがありますが、もう少しまとめてからにしますね。(盛りだくさん過ぎて、時間が欲しい!)

 

鳥取では、ふと夜ご飯に入ったお店がまたとても素敵な内装とメニューで、これからはじまるmusuhi535の参考になることばかり。短い時間でしたが、実り多い研修日程となりました。

鳥取県智頭町もとてものどかで素敵なところでしたよ。

 

智頭駅

智頭町観光協会

 

 

 

 

 

お天気に恵まれて、梅雨の合間の清々し空気でした。昨日今日の北海道の方がジメジメとまるで梅雨です。苦笑

駅の前に、素敵な観光協会の建物がありました。知らない町に来たら、やっぱりまずは観光協会に行きますよね。パンフレットがあったり物産品が少し置いてあったりして、それに触れて、まずは馴染みたいものです。

ちなみに、中富良野町の観光協会はなぜか役場の中にあります。ですから土日は入れません。パンフレットも物産品にも(物産品は普段も置いてありませんが)触れることが出来ません。観光シーズンだけ駅にブースが出来ますが、それじゃあ、観光シーズンだけ人がくればいいか、という意識になってしまうのも仕方のない話ですね。

これは、中富良野町のおかしいなぁということの一つでもあります。一法人が役場の中にあるのって、どうですか?

素敵な建物じゃなくてもいいから、役場の中から出て、一般の方々が行きやすい環境を作ることから、中富良野町のファーム富田さんに頼らない観光が生まれるのではないでしょうか?

musuhi535では、その一旦を担えればいいなぁと思っています。やはり民間が動かないと行政は動かないというのが、よくある「アルアル」のようですよ。

民間と行政は、使う脳の場所が違いますので、いい意味で役割分担して、そしてお互い協力しあっていけたらいいですよね。

 

さて、夏至が来た後の、満月の日。

冒頭にある「いまにはじまる」が、思いもよらぬ形で始まりました。

この状況に呼吸と瞑想は必須です。

ですが、日々淡々と光へ向かって、日々前進するのみでございます。

もう少し落ち着いたら、また改めて報告します!

 

さぁ!みなさん、人生を楽しんで行きましょう!!!

 

いつもありがとうございます。

王仁さまからのサインと応援メッセージ!?

数日前の事。musuhi535のことで壁にぶつかり(融資関連)、免疫もついたのか落ち込むこともなかったのですが、再考からの再考はエネルギーも時間も使いますので、多少の氣落ちはありました。

その後、別の用事もあり、郵便局へ行き、税金の支払いをしました。musuhiの不動産取得税です。窓口で支払いを済ませ、領収証をもらうために椅子に座っていたときのこと。

ふと、その払込書に目をやり、こんなにエネルギーを使うことも壁にぶつかっているのも、すべての原点はこれだよなぁ〜、

私はなんのために、こんなに動いているのかしら? 別段、2店舗目が欲しいなんて思ってもいないし、私個人だけの話なら、アチラコチラ全国飛び回って、講座を開催していたいくらいなのですから。

その原動力はどこから来ているの?と、先日もある方に聞かれましたが、自分の原動力は、この町の未来の発展のためであり、何か恩返しをしたいという気持ちだったり、町に居場所がないと言っている方々へ何か出来ることをしたいという思いだったり、私を頼って来てくれたり、移住してくる人たちの活動や自立や支援の場所だったり、

そんな風に原点に立ち返ってみて、原動力の中に自分が入ってないけど、大丈夫かな?自己犠牲入ってないかな?と、内観してみたのですが、その中にある、「それら全体をやりたい」という自分の中にある大欲を見つけました。

※自分だけの為の欲は「小欲」といい、みんなの役立つような欲を「大欲」と良い、お釈迦様は、同じ欲でも大欲は持つべき欲としています。

とはいえ、大欲にはハードルが付き物。

だよね〜、ちょっとだけ「ため息」が出たような、出なかったような?

と、次の瞬間でした。

左の方から、何か呼びかけられたような氣がして、

ふと目をやると、そこにポスターが貼ってあり、写真の方と

バチリ!と目が合いました。

キャー!!!! (心の叫び)

もうその瞬間!背筋がビシッ!!、バッと立ち上がって、人目も気にせずポスターに駆け寄ってしまった。

あぁ王仁さま、どどどどどうもすみませんでしたー!!!

クニトコタチさまの命を忘れるところでした!!!

 

ハッとしてグーの瞬間。笑

 

いや〜びっくりしました。

また、6月21日から個展スタートって。。。

先日も書きました。宇宙のタイミングの話と父の命日の話。そして夏至の話。夏至に再び王仁様のエネルギーが、、、父の命日も夏至であり、6月21日でした。

 

私が富良野に呼ばれた神的理由は、クニトコタチさまの命を受けてのことです。(ちなみに私はどこの宗教にも属してはおりません。)それまで富良野、まして中富良野には全く興味が無かった私ですから。

今の私は、置かれた場所で花を咲かせようと努力しているだけのこと。それがたまたま呼ばれたここ、富良野地方だっただけのこと。

東北の大震災の二ヶ月前には、縁のある方から私の元に届いた審神者本と日月神示原文があり、震災前の3日前に麻賀多神社に参拝し、その足で北海道へ東京を離れて北海道に移住(出身は北海道です)し、呼ばれ、流れ着いた富良野地方。

芦別山(ピースガーデン からもよく見えます)にはクニトコタチ様がご鎮座されていると言われ、大本教の分院もあります。実は、過去に行者の方と神ごとに従事していたことがあり、とても大事な祝詞をお預かりし、各地の神社で奏上していた時期もありますが、

見えない世界、霊界を知りすぎると、この社会というか、物質社会、現実社会では、非常に生きにくいんですよね。物質界には理解不可能なことばかりですから。30代になりたての私には、まだまだ未熟で時期尚早と自分で限界を感じで足を洗ったのですが、当時、瞑想中においでくださった着物姿の西郷さんともとれる王仁さんともとれる恰幅の良い着物を着た、神様のようなエネルギーを持った方は、今でもいつも私のそばにいて、叱咤激励してくれています。叱咤の方が多いけど。。。まだまだ修行が足りぬ!と。まるで鞍馬天狗みたいです。

山口へ呼ばれるようになり、(今年は明治維新150周年)また何か始まった感はあったのですが、往生際の悪い私は、ふふふ〜んと物質社会に波長を合わせてしまったり。苦笑

 

ふぅ〜気落ちしている場合ではありません。やっぱり神ごとは続いていたのですね。。神ごとを現実界に降ろしてくるのは、あまりにも厳しいので「一旦休ませてください」と懇願したこともあるのですが(苦笑)持って生まれた役目や宿命は変えられぬ。

 

日本列島は世界の縮図であり、その土地は、龍の形と言われています。陰陽重なるように二体いるとも言われていますが、北海道は頭に位置します。ちょうど真ん中に位置する富良野地方は目の役割があるのかもしれません。

3333873 / Pixabay

「中富良野に光の柱を立てよ」

クニトコタチ様は、私にそう命を下しました。

富良野地方は、盆地ですから波動が重たいです。それは、変化を起こすには、非常にエネルギーが必要だということ。しかしこの重たい波動を上げることができたら、それは世界の大きな底上げに繋がるのだと思います。中富良野地域周辺には、神様のような方が多いのも無意識にその命を受けてのことかもしれません。

中富良野に光の柱を立てよ。

龍の目を開き、人間界の波動上昇に尽せよ。

 

昨晩、(この記事は、半分昨日書いています)

そうは言っても、その命令、現実は厳しいですよお師匠さん、とお空に向かって投げかけて、「どうかヒントをくださいませんか?」そう思いながら寝たのですが、

夜中、体内にど重いエネルギーを受けて、目が覚めました。

う〜う〜う〜。重い〜クドゥしい〜。寝返りを何度も打ちながら、そのエネルギーと戦っていたのですが、途中で「あれ、これなんかエネルギー体入ってきたの?」と、

「何ですか何ですか?何が言いたいんですか?」と聞いてみるのですが、頭に浮かばない言葉としての答え。

苦し紛れに、いつも枕元に置いてあるノートとペンに手をやり、暗闇の中、ペンを取り、自動書記ができるか試してみました。明かりをつけて文字を見ながら書いたら、「自分」で書いてしまいそうなので、あえて真っ暗闇の中。

それがこちら。

みんな よくがんばってる

でかした うえのもんだい

おわた ゆえに安心せ

もうすぐじゃ いまにはじまる

人のクセナオせよ くるしむなよ よいか

いまにすぐじゃ きておる

(UFOみたいな絵で締めくくる)

 

苦し紛れに暗闇の中、全て書き終わると、身体は軽くなりました。手元の小さな電気をつけたら、この書いてあった文字、私的にはノートいっぱいに溢れている感じで書いていたような氣がしたのですが、以外にも小さくでびっくり。でもなんか励まされてる。

私の中にいるお師匠さんは、「〜〜〜じゃ」、といつの時代かわからない言葉で話しかけてくるので、多分その方かな。別段名も名乗らないの。(名を名乗る霊体は邪神と言われています)

ここでいう「うえのもんだい」というのは、神界の話だとおもいます。神界で起きたことが、下界である私たちの世界で繰り広げられるのが常です。

UFOの絵、金星由来でしょうね。アルクトゥールス。

 

私がそんなことを夜中(2時半頃)にやっていたとき、同じ建物内にいる、旧暦で誕生日が被りまくる二人も、蚊の大群が顔の近くにきた夢を見たり、寝言言ってみたり、やっていたそうですよ。笑!

も〜やめてくださいよぉ〜笑(by わけみ店長)て朝からこの話で盛り上がったのでした。

 

明日は鳥取に呼ばれました。鉢伏山の近くですね。なんのサインでしょうか。

どうぞお手柔らかによろしくお願いいたします。

 

今日は、不思議系の話(私の中では日常)でした。

みなさま、夏至が近いです。

陽極まって、陰に転じます。

自己浄化は、お早めに。

 

ありがとうございました。

中富良野町の移住体験、楽しかった!! 希望者さんいるかな?

ピースガーデン
ピースガーデン

先週は、ピースガーデンでの、1週間のプチ移住体験がありました♪

薪割り体験、畑体験、アメちゃんの散歩に行ったり、BBQあり、料理作ったり、パン教室も開催!と盛りだくさんなピースガーデンでの移住体験の1週間でした。

楽しい時間はあっという間で、3日しか経っていないような氣もするね??と言いなが氣づけば、もう1週間後の帰る日。早いなぁ〜。後半はお天気にも恵まれて、畑仕事も捗りました。(今回は、開墾作業でしたが。笑)

前回のアルクトゥールスの記事から随分と時間が経っていて、まるで宇宙時間を彷徨っていたかのようです。苦笑

浦島太郎の話は、あれはまさに宇宙時間から、地球時間に戻ってきた時のお話ですね。

DIY 壁

実は、今回毎度のことですが、バタバタとやることに追われる中での来客でした。musuhiの方に泊まっていただくことになっていたのですが、まぁ〜そちらがまだ手を付けられていなくて、急遽、ピースガーデンの某所に壁とドアを作って、スタッフ部屋を作りました。写真は、牢屋じゃないよ。(笑)このあと、石膏ボードを打ち付けたりして、完成したのですが、そのまま入居となりましたので、完成写真撮る時間がなかったのです。移住者が来る当日完成。始めたのは前の日の午後。また降臨系でのお志事でした。石膏ボードだけは購入しましたが、やっぱり敷地内の廃材で作っておりますので、制作費は2000円くらい。

1Fの個室部屋は、昨年ゲストが泊まっていました。今年も長期滞在したい方はいるかな?(その方は、めでたく今年、中富良野住民になりましたね!)

何気に、中富良野町の人口増加に貢献している私たちなのですね。笑

みんなで撮った写真は、また改めて♪

 

私は、身体を使ったら、今度はまた数字と向き合っております。バランス良いね?笑

薪割りだって、春から準備ですから♪

夜な夜なキッチン
夜な夜なキッチン

 

写真は、musuhiでの夜ご飯のメニュー開発。

まだまだ、片付けもあるし、色々まだだけど、気持ち先行しております!!!