意識と無意識、その行方

さて、今日はいつもより専門的なお話でもありますが、どんな人でも日常で起きている現象です。活かしてもらえたらと思います。

私たちは今ここという3次元、物質世界に「生きて」います。

さて、「生きている」とは一体どういうことでしょうか?

また、「死ぬ」ということは一体どういうことでしょうか?

そんなこと、、考えても無駄だと思う人もいるでしょう。でも誰でもが「生きて」いて「死ぬ」わけですから、死ぬ直前になって恐怖に怯えて「あー考えておけばよかった」と後悔するより、「死」や「生」をある程度理解しておけば、自分の死も大切な人の死も穏やかなものとなるでしょう。

一般的に使われている「生きる」という言葉の本当の意味は、この三次元、物質世界に「意識」が置いてある。ということです。

「意味がわからない。」という答えであれば、それは、三次元、物質世界しか「知らない」ということになります。

しかし、「知らないだけ」で、3次元の他にも次元の違う世界は存在しているし、物質ではない、意識の世界という見えない世界も存在しています。

そしてそのあなたが知らない世界(3次元、物質世界以外のこと)が、この世の95%を締めているという事実は現代科学でも判明していることで、霊感のある私のような人間のたわごとではないのです。(笑)

3次元、物質世界、その5%の場所に、自分の意識が置いてあることを私達人間は「生きている」と表現していることになります。

では、その95%は何で出来ているのでしょうか?

それは、5つの言葉で表すことが出来ます。

まず、5%が私たちの生きている物質世界であり、その他95%は、意識されていないのですから、無意識の世界と呼びます。

0,物質世界(3次元であり5%)

1,個人的無意識

2, 家族的無意識

3,集合的無意識

4,生命的無意識

5、宇宙的無意識

私達はその誰もが、3次元に「生きながら」これら5つの世界に存在しています。そして潜在意識や死後の世界と呼ばれるものは、より深く今の自分自身に関係のあるものが2や3となりますが、4,5の世界のことも当てはまってきます。

それぞれの無意識世界を詳しく書き始めたら一冊になってしまいそうなので、割愛しますが、禮楽氣療講座の受講者さんなら、意味はわかると思います。(33p,35pなどを参考にしてみてください。)

私のような臨死体験者(13才)は生還後、物質世界である3次元世界と1から5の無意識の世界がとても近いまたは同等の中で生きてしまう様になります。これを3次元的に表現すれば死にながら生きている。となりますね。(笑)ですので、周りとの違いが激しく、それによる生きにくさが出てきてしまいます。ですが私はそれを何かの宿命やギフトなのだと、マイナスに見える現実をプラスに転換し、修行研鑽や検証を重ね誰かの役にたてばと体系化しました。いま少しずつではありますが、他者の貢献に繋がってきていると実感しています。(禮楽氣療講座のことです。)

今、地球の波動のレベルも上がってきていて、3次元、物質世界しか見えない時代は終わっています。1から5の無意識の世界と、0の物質世界がとても近くなってきていて、制限の多い社会、男女間の差別、お金の価値観、働くことの意味や意義、またはスピリチュアルな事が話題になってきても、昔のようにそれは全く受け入れられない事では無くなっている、その様に感じている人も多いはずです。

人間が到達したその意識の世界は、まだまだわからないことばかり。何もわからず、誰にも相談出来ずに悩んでいる人も昔より増えていると思います。今はインターネットがあるので、自分で調べられる良い時代ではありますが、情報過多。その中には怪しげなものも存在しているのは確かです。だからこそこの記事がどこかで誰かの役に経つことを願っています。

3次元、物質世界で起きていることは、氷山の一角の様なもの。その他95%はどのように使うか、私がこれまで行ってきたセミナーを例にして、少し説明してみます。

例えば、私はセミナー業を始めたのは、現代レイキ法でした。全国、また世界中に同じテキストを使用したマスターと呼ばれる講師活動をしている人たちが存在します。

現代レイキ法では、マスターになった後の「教え方」の講座がないので、マスターさんそれぞれが自分なりに工夫して、講師として生徒さんにセミナーを開催しなければなりません。

私のセミナーは、こんな感じで行われます。

3次元的にはテキストの読み上げをしています。

でも私はその3次元で読み上げという形で存在しながら、自分の意識(波動)を1から5の無意識世界、特に5番目の宇宙意識に持ち上げて、相手がまだ感じ取れていない、でもそこにも存在している宇宙意識の相手へエネルギーを、意識的に共鳴させて、伝授していきます。

生徒さんには、ただの読み上げに聞こえていると思いますが、見えないエネルギーを扱う講座はそんな簡単なものではありません。(ただし、テキストを読み上げることの重要な意味があります。先生の意図を確認していないので、ここでは詳しく書きませんが、テキストを使わないのは講座の意味がありません。)

その相手の見えない無意識に語りかけるからこそ、潜在意識に良い変化が訪れて理解と成長が自然と深まる。そんな無意識世界の知恵のようなものを利用してきました。

これを私は、誰もが持っている生まれつき備わったコミュニケーションみたいなものだと思っていたのですが、そうではなかった。。ということが、いろんな人に聞いてみて初めて知ったのは結構後のこと。セミナーで定評をいただくのはこういう理由だったのだと知ったのもものすごく後になってからでした。

ですので、同じお勉強でも講師が違えば変わってきてしまうのですね。もしこれを読んでくれているマスターさんがいらっしゃったら、ぜひ活用してほしいと思います。

ただ忘れてはいけない事は、そこには愛と感謝と調和の自分が存在しなければ、これは活用できません。(宇宙意識と共鳴するにはそこが重要なのです。)だからこその日々の研鑽と修行です。此処だけの話、悪用だって可能ですから、ただし悪用すればそのしっぺ返しは必ず自分に大きな被害となって返ってきますので、悪いことは出来ませんっよ。笑

では、その1−5の無意識世界に通じるようになるには、どうしたら良いか。私のように臨死体験を?(笑)そんなわけないですよね。笑

でも、自分自身が1−5の無意識世界に存在していることが実感できた方が良いものです。知らないものは教えられませんから。

0の世界で生きている人は、肉体や言葉でのみ伝えることが可能ですから、ときにそれは抵抗や猜疑に繋がります。

はい、答えを簡潔にいいますと、瞑想です。日々の研鑽にまさるものはありません。笑

自分の意識を0からその他、12345へ持ち上げるには、自分が無意識の世界と通じている必要があります。それを可能にしてくれるのが瞑想です。

マインドフルネスやヴィパッサナー瞑想は特におすすめです。ただ座ってするものではなくて良いのです。瞑想は24時間です。常に自分自身の呼吸に氣づいていることも瞑想なのですから。

そうして順番に1まで到達した人は、相手を1まで引き上げることが出来る。3まで到達した人は3まで引き上げることが可能です。そのようにして、自己研鑽を怠らずに実践を重ねていけば、同時に自己の中に多大なる宇宙のエネルギー「氣」も増えていきます。心の器も無限に広がる宇宙に様に広くなります。

創作活動や仕事だって同じ。この世の全てに当てはまるのです。インスピレーションも直感もアイディアも自己実現だって「0」の世界からは引き出せない、5%の限りあるわずかな世界の中に、もう人間が求める答えは無いと断言しても過言では無いでしょう。

あなた自身が「5」宇宙意識と一体化したとき、初めて本質のレイキに出会い、それと同時に本来の自分になっているのです。それを悟りとも言いますね。

この世は5%。私達が知っているものは、本当にわずか。

今、自分は無意識の世界を何%使いこなせていますか?=能力です。

ですから、どんな人でも5%の能力ははじめから備わっているということになりますね。

幸せの価値観で言っても「0」で生きている人は、その5%の幸せしか知らないことになります。個人で有る前に、生命として、宇宙の根源と繋がっている私たちにとっての幸せとは、もっと大いなる幸せなのです。

私達は、その魂が生まれるまえから自分の人生は決めてきました。

大切なことを思い出してください。

あなたは、学び、幸せになるために、この世に生まれ出たはずです。

今日も愛と感謝のエネルギーがたくさん降り注いでいます。

みんな、ありがとう。

龍の舞う中富良野町

ピースガーデンは中富良野町の国道のある町中から東の山の方へ車で走ること15分ほど。農村地帯、周りが畑や水田に囲まれた穏やかな場所にあります。

ん?そういえば、此処って穏やかだろうか?(ふと疑問に思った。)

男性性の強いクニトコタチノミコトの鎮座する芦別岳と女性性の強いアイヌ語でカムイミンタラ、神々の庭を意味する大雪山の合間にあり、その間を風が強く吹き抜けます(特に南の芦別岳方面から)。いや、その風の強さは半端ないんです!立ってるのもやっと!みたいな時も結構ありますからね。それが冬になると雪がセットですので、吹き溜まりやホワイトアウトのメッカです。(これからその季節に近づきますね。苦笑)

いや、本当に試される大地。自然と同調しないと生きていけません。冬は特に。

余談ですが、例えば、移住者の多い東川町は大雪山の麓にあり、女性性の強い氣の流れる地域だと感じます。都会に疲れた人には癒やされる場所なのだと思います。

中富良野町はその両方の山々から流れる氣によって、男性性と女性性の両方のエネルギーが存在し、土地に水分を多くもつ泥炭地であることから、電磁波やプラスイオンが自然に大地に溶け込み、この地に住む人々や訪れる人々のの浄化を助け穏やかさと優しさをもたらせてくれるのだと思います。

また、神社仏閣のある地にも氣の特徴がありますね、伊勢神宮は女性性のエネルギーが強く、高野山は男性性のエネルギーが強いと感じました。どちらが良い、ではなく、どちらが今の自分に合っているか、必要としているかでその違いを活かしていくとよいでしょう。

そういった地形から見る氣、その昔日本人は山脈を流れる風や氣を「龍」と見ていたと聞いています。干支には12の動物。一つだけこの世の生き物じゃないものがいますね。

「辰」。蛇と来て、龍。私も辰年でした。(だから変わり者?笑)

そんな龍神が舞う中富良野の農村地帯。

人がその場所に住むには、それ相応のエネルギーが必要になります。風が強いということは、「風」がハートチャクラに当てはまりますので、龍の愛、ということは無条件の愛ではありますが、少し特徴的でもあります。例えていうならば母の愛というよりは、父の愛でしょうね。愛ある強さ、ときに厳しいがいつも大きな愛で見守ってくれるような優しいエネルギー。そんなエネルギーと同調する必要があります。

同調するというのは、その恩寵を受けながらも同じ様なエネルギーを持つ人間になるということです。

そのエネルギーの中に生きるというのは、水に例えたらわかりやすいでしょうか?

海の水の中では、淡水魚は生きられない。(その逆も)

これと同じことが、目に見えないエネルギーの中で起きます。でもエネルギーのことですから、自分自身を変化させる事ことができます。一生淡水魚のままでもいいし、海水魚になることも可能なのです。

ただ、淡水魚から海水魚になるような変化は、とても厳しいものになるかもしれませんが。苦笑

時々、この地帯に住む方々との交流の場に、私達も呼んでいただけるので時間がある限り参加させてもらっていますが、皆さん、穏やかで、芯が強く、とても優しい人たちで、この地に長年住んでいる方らしく、みなさんとても素敵で生き様とかかっこいい!!みなさん農業に忙しいはずなのに、新参者の私達にまでいつも良くしてもらって、本当に感謝しています。そんなみなさんのお陰で、私も淡水魚から海水魚になれたかもしれません。笑

北海道はよく試される大地。って言われます。都会からの移住者も多いのですが、その自然のエネルギーに圧倒されてなのか?帰ってしまう人も結構いるようです。夏しか来たことがなければ、仕方ないかもしれない。

冬がさ、それがさ、試されるわけよ。笑

まず寒い。マイナス22度以下になるときだってある。想像できない寒さだと思います。家の中は温かいし、あたり一面「白」しかなくてもそれが当たり前で育った私達道民は氣にしてないけどね。

行動も制限され、吹雪の日は家から出れないこともある。だから当然、その天候によって自分の用事を合わせる。自然の摂理に合わせるには最適かもですけど。笑

でも思い起こせば、私がこの地に住むようになってから、そうするしか方法がない!というほどに無理やり、基準が自然や天候になりました。(笑)

なるほど!!自然の中で生きるってこういうことか!っと、半ば強制的に宇宙(自然)エネルギーと同調させてもらって今ではすっかり定着しました。

自然ってすごいね、お陰様に感謝です。

さて、そんな試される大地、そして龍神の舞う厳しさと愛の中富良野の農村地帯にあるピースガーデン。

今日はどんなお試しが目の前に現れるでしょうか?

お試しを楽しめるようになれば、もうあなたは本物です。笑

みなさま、良い週末をお過ごしくださいませ☆

テレパシーを使う

いわゆる不思議系の話は私達にとっては日常になってしまっているので、テレパシーを使うなんて言うとおかしな人たちと思われそうですが。笑

エネルギーの強い人と一緒にいると、移るもので、ピースガーデンのメンバーも特殊能力(笑?)が開花していっているようです。

そりゃー一緒にいれば仕方ないよね。しかも修行者ですから。笑

とはいえ、特殊能力は、修行の目的ではなくて、単なるおまけにすぎませんよ。そんなの身につけたって心の器がしっかりしてないと頭がおかしくなるだけですから。第6チャクラだけが発達してもあまりこの世では意味をなしません。ただただこの社会で生きにくくなるだけ。その力をこの3次元、この社会で冷静に活かすことが出来るようになればそれは素晴らしいギフトとなるでしょう。

エネルギーが強い人と一緒にいると移るというのは、例えば文句ばっかり言っているような人や怒りの強い人、疲れている人と一緒に居ても移りますし、元気で、日々穏やかで幸せな人と一緒にいても移るものです。

不思議な話ではありませんね。たとえば重く悩んでいる友人から電話やメールが来たりお話をしていると、自分まで重く暗くなって、なんだか疲れたなぁっていう経験ないですか?

または、誰々に会って元氣にもらった!そんな経験ありますよね?

それがエネルギーが移る、ということです。(交流。共鳴)

人と人が会話などをすると、距離は関係ありません、電話でもメールでも繋がると、エネルギーが交流、交わるのです。

そして、強い方のエネルギーに流されていきます。大体は重苦しさのエネルギーの方が強いことが多いので、その会話を続ければ続けるほど自分もそうなっていくのですね。

ね、エネルギーの話は日常で起きているでしょう?ただ、それを意識してないだけだったり、知識不足、自覚の無さを鈍感と片付けてしまっているだけの話で、どんな人もエネルギーの中に生きています。

重苦しさのエネルギーは陰陽でいうと、陰のエネルギーです。それを和らげるには、陽のエネルギーが必要になってきます。

相手の陰のエネルギーより、自分の陽のエネルギーを強くして交われば、自分が落ちずに相手を引き上げます。私の本業である「氣」のお仕事がこれにあたります。

そのことを相手に押し付けることなく、エネルギーの自然交流を利用して、相手にそっと陽のエネルギーで返すと、相手のエネルギーの質が陰から陽に変わります。

人は自己のエネルギー状態で思いや思考が変わりますので、陰のときのネガティブ思考が、陽に変わると内側からポジティブな思考が湧いてきます。

カウンセリングでも相手にこうして、ああして、と言葉で伝えても効果半分。自分の内側から湧いてきたものを自分の心の声として捉えたとき効果100%

もちろん、その相手の湧いた思考が陽のエネルギーが流れてきたからとは普通はわかりませんので、私達は常に見えない場所からのサポート。目に見える何かをしたり、差し上げたりしたわけではないので、良くなった理由は本人は分からないこともあるでしょう。

でもそこは相手が良くなっていく姿を心から喜ぶ事が出来るか、自己の行いをお金と結び付けずに無償の愛を育てられるか、そのあたりは、私達の心の修行となります。だから、私たちの方が感謝をする瞬間です。私だってまだまだ修行の身でございます。

そんな効果100を目指すには、日常での努力精進は必須ですね。

さて、エネルギーは意図したところへ流れていきます。相手が氣づけば(会話やメールなど)エネルギーの交流が始まります。

例えば、よくお話を聞きます。このブログを読んでくれている方から、「読んでいるだけで氣が楽になった」とブログを書きはじめて10年以上経ちますが、お会いしたことの無い方から生徒さんまで、メールをいただいたりしています。

そう、このブログを読むだけでもエネルギーが繋がりますので、上記のような事が起きるのですね。私のブログに限ったことじゃないですよ。どんなブログでもです。これはまた皆さんに話しかけるように書いている事が多いので余計そうなっていくのかもしれませんね。

だから、そんなお礼の言葉をもらうと、時々更新不足になってしまう自分を反省して、遠くて近いどこかでこの記事で元氣になってくれる方がいるんだから、まめに更新しよう!と奮起します。笑

読者のみなさん、いつもありがとうございます。

書き始めると、読者の方と繋がるので、その方が現在問題としている思考のエネルギーが私と繋がります。それを記事にすることもあるので、読者の方は、内容を読んで、これ今私が必要な答えだった!なんて感じることもあると思います。

だれの思考エネルギーかまでは、今の私には会ったことのある人しかわかりませんので、お会いしたことの無い方、安心してください。大丈夫!思考に入り込んだりはしてないですよ。笑

そう、思考をキャッチして、会話するのが、テレパシーですね。

時々、わけちゃんとのテレパシーが面白くて、

こんな感じのことが結構日常。

みんなで一緒にごはんを食べる。

みんな「おいしいねー」

みんな「そうだねー」

無言の時間。。。もぐもぐタイム

私「はい。飲みたいです。」

みんな「????何が???何を???」

わけちゃん「コーヒ飲みますかって頭で考えてたけど、その答え?」

私「そう。」

こんな感じの日々です。

ヴィパッサナーやマインドフルネス、呼吸で自分を見るようになれば、自分の頭の中の思考が止みます。そして今までどれほど人の思考が自分の頭に入って来てたのがわかるようになります。更に、その思考が自分のものではないこともわかれば、それがだれの思考がわかるようになる。

だから、その無言の時間に、私の中に入ってきたわけちゃんの思考に、そのまま返答したのでした。笑

こんな日常、やな人にはやだね、。笑

頭の中、全部読まれちゃうんだもの。隠し通せない世の中はうちではそんなところまできてます。笑

だから嘘はつけません。笑

ちょっと、休憩。(朝ミーティングに行ってきます。)

(追記)ただいま戻りました。

でも確実な事は、テレパシーはみんなやっている。ということ。その思考や意識のエネルギーが自分の頭に中にすでに入っていることに氣づけるようになれば、テレパシーを「使う」事が出来るようにもなります。

不思議なことなんて一つもない。(修行勉強たのしい!笑)

私は、不思議だなぁって事を「使いたい派」。

幼い頃から敏感体質で、意味もわからずそのエネルギーに翻弄されて本当に生きにくかったから、今はその理由や使い方が分かってきて、今まで見えなかった世界が見えるようになって、本当に生きやすくなりました。自分がおかしい人じゃなかった!って思えたし。笑

なので今は、同じように生きにくさを抱えてる人に伝えて行けたらいいなと思っている。それも禮楽の講座を作った理由の一つ。

無意識で言葉や思考で世界を汚して、自分を汚して家族を汚している。それが現代社会で起きてる。自分が盗みや犯罪を起こさなくても、犯罪が起きるその基礎のエネルギーを作っているのが自分たちだってことを知らないといけない。

自分の思考や言葉や行動が、どれだけ世界へ影響を与えているのか、小さなものなんてありません。自分だけは大丈夫、なんて通用しないのがエネルギーの世界です。

世界は、人は、地球は、幸せが当たり前。

それを取り戻したい。

「生きる」ことには「自分らしく生きる責任」がある。

それをともに学ぼう!というのが禮楽氣療講座でもあります。

今日も自分に正直に、心豊かに、楽しい一日でありますように♫

予知夢

今日からお盆ですね。帰省している方も多いのではないでしょうか♫

さて、musuhi.535は、今日はわけちゃんがスパイスカレー屋に変身しまして!、うんまいカレーを提供してくれます!。

私とさやちゃんもピンチヒッターでランチタイムのお手伝いに行きます。その後旭川に買い出しに行って、父のお墓参りもしようと思っています。(お墓に彼はいませんが、ここは形式的に。笑)

そういえば、お墓に私はいません、という歌が流行りませんでしたか? 100%いないわけではないので、いる人(霊)もいるよね。

ただ、地縛的になっていなければ、ねねねちょっと来てー!と呼べば来ますからね。うちの父は料理人でしたからご飯作るときとか困ったらお願いします。(笑)だから「死」は死であって死じゃないのよ。

身がないだけ自由。(重いカルマがなければの話。)

いいなぁって臨死体験をした14才の時から思っている私です。とはいえ、死しても生きているときと同じように魂の学びは続いていますよ。人それぞれ。仏教界で学ぶ霊や神界で学ぶ霊、はたまた動物界からやり直し、なんてのもある。

生きているときに、どれくらい得を積んだかで、死んだあとの霊の世界の位は決まりますので、

自分の事ばかり考えてる人間、貪り、暴利、嘘、騙す、与えない、人のものやことを奪う。なんてことばかりやって今生を生きていると、しっかりと死んだら報いをうけるかのように、ものすごい低い階層(餓鬼道のような場所)から修行のやり直しです。

そういうのめんどくさいから生きているうちに修行はある程度終えましょうよ。(笑)どのみちこの世だって、身がある分、厳しい世界なんだから。

私の祖母は、仏教界での学びを終えて、すごい位の方になって、神界へ進んだようです。

なんでそんなことがわかるのか?と思いますよね。(笑)それは仕方ない、私はちょっと社会的基準に合わせるとおかしな人ですから。(笑)その14才のときに一度死んだら、私が私ではなくなって、いわゆるウォークインがあり、その後も何度もウォークインされているんですね。。努めて社会からはみ出さないように、普段は普通の顔をしているのです。(私にとっては波ならぬ努力。笑)

私は私であって、私ではありません。
人間、「個」なんてものは幻ですよ。

そんな祖母はよく予知夢を見る人で、私もそうなので隔世遺伝なのかもね、なんて母と話をしてたことがあります。

予知夢いいよね、と言われますが、ときに人の「死」も見えたりしますので、これはきつい。絶対に言いません。言ったことによって現実化するのも嫌ですから。その後にお葬式に出ることになっていろいろ考えることや感じることもあります。

なんで、それを私に見せたんだろうなぁ、って親族にいうべきだったのかなぁとか、たとえば、もうすぐ死期が訪れるのに、人生を無駄に生きていると感じたらそれとなく伝えるかもしれない。

はっきりとはやはり言えないけれど、

明日ある人生と思うな。人生を無駄にするな。

くらいは言えるかな。

ただ、予知夢なんか見なくても、明日ある人生かどうかはわかりませんのでね、

日々を大切に生きることは、いつでも変わらないと思う。

生きてて大事にしているものだって、

死んだら、全て手放さなければいけないのよ、物も家も仕事も金も名誉も成功も霊の世界では屁でもないわ。笑

お盆です。

そんな話で締めていいのか?笑

みなさま、今日も良い一日をお過ごしくださいませ♫

ご先祖様は、あなたといつも一緒です。あなたが輝くことが最高の供養になります。

また乗っ取られた記事。アルクトゥルス

一日早いですが世間はお盆休み!といったところでしょうか。おそらくサービス業は営業日。世間が休みのときに働き、働いているときに休むのが日常ですね。

メリットは、どこのお店に行っても平日なので空いている。

デメリットは、平日が短いので役所や銀行などの用事を済ませる時間帯が少ない(または自分たちの休みの日に済ます)のでなんだか急かされている氣がする事くらいでしょうか。

社会に出てからずっとサービス業なので、土日に買い物など行ったことがなかったのですが、ある日、用事ができて日曜日に本屋に行ったら、まぁ!驚いた!「今日なにかあるの???」「なんでこんなに人がいるの???」

あ、普通の日曜日でしたか。す、すごい!!!なんか大きいイベントでもしてるのかと思うほどに、平日と休日の差が激しいのですね。

そんなこんなで、musuhi.535 も、今日は営業日ですので、今週は日曜日まで営業しています。(月曜日もご宴会のご予約をいただいているので、夜だけご予約営業です。)

20日(火)から22日(木)まで、夏休みをいただきまして、メンバーをとあるイニシエーションに連れて行こうと思います。(怪しいサークルか?!笑!)

というのは冗談ですが(そうでもないけど)、陰と陽のエネルギーがぶつかるその中心に行って、そこにいる神様である「白蛇姫」さまにご挨拶です。私達も昨年は行けなかったので、お礼参りさせていただきたいと思っています。

何を隠そう、ピースガーデンのこの場所は白蛇伝説から始まっているのですから。原点を思い出しますね。白蛇伝説はアイヌの物語でもあります。

北海道のあちこちに、アイヌの白蛇伝説のお話と場所が残っています。人間の起源は猿ではありませんよ(猿人説はやっと否定されましたね。学校ではこの世の嘘ばっかり教えます。)考えてもみたらおかしいことばかり、人間だけ弱肉強食や食物連鎖などどは程遠く、自然を破壊し、動物たちを自分勝手に殺したり増やしたり。

どう考えても地球の自然のサイクルから生まれた存在には思えません。

言ってみれば侵略者みたいなものでしょう。

まぁそれも言い過ぎですが、侵略者の起源は間違いないと思います。私達はニビルや金星などの地球外の星から来た存在の子孫みたいなものです。

実際には、子孫というのも語弊がありますね、彼らのDNAと地球にいた動物たちとのいわゆるハイブリッドですね。遠い遠い昔の話です。用事が終わってその宇宙存在たちは増えすぎたヒューマノイドを地球に残し、あとは自分たちでよろしく、見てはいるよと去っていった、その去って行った存在を私達は世界各地で神と呼んでいます。

世界各地に鱗を持った、龍や蛇やドラゴンという神的存在が祀られています。そう、私達の創始存在が鱗を持った存在なのですね。私達の脳の中にも爬虫類的な組織も残っているそうです。

とはいえ、宇宙には爬虫類的な存在ばかりではありません。そんな様子を見かねてか、他の星の存在たちも地球にエネルギー的に入植して魂として人間に入り込みます。

ちなみに私の出生星は金星になります。

もう、久しぶりにブログを書き始めたと思ったら、この社会ではとんでも話(笑)

でも思うわけですよ。

地球人って視野が狭い。

「生きてるのは地球人だけ」って、顔しているのが小さい頃からすごいムカついてた。(笑)何も知らないのに知った顔してえばっている大人たちが大嫌いでした。(いまもキライなのは変わってない。そこに感情はなくて、視野にないだけだけど。)

今、見えない世界と見える世界の距離がだいぶ近くなって来たと感じています。同じ星を起源に持つ人々は一緒に行動していくことになります。

それぞれの役目があるから。

それを無視して生きていても魂の役目は果たせません。なにのために生まれていたのか、役割に目を背けることはしないでしっかりと自覚してほしいと説に願います。

で、なんのはなしだって。

また乗っ取られたようです。笑(私のブログはほぼ自動書紀。また始まった。。。)

たしか、、その、、musuhi535のお盆の営業のお知らせを書こうと思っていただけなのですが。。。

こんな締め方になりましたが、

今日は8月12日。

あなたは、どんな意識の波紋を広げて生きていきますか?
日々の意識が、世界を幸せにも不幸にもできるということを自覚しましょう。
あなたが幸せにならなければ、誰も幸せにはできません。

みなさま、今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

nuku-nuku 禮楽 呼吸と瞑想東京から山口へ 出張講座。

danfador / Pixabay

10月の予定を見てみると、今回もまぁまぁ長期の出張になりますね。東京物産展もあるので、10月末に一旦戻りますが1日寝たらまた東京です。スタッフには帰って来ない方がいいのでは?なんて言われちゃっています。苦笑

いやはや、今やすっかり中富良野に腰を据えておりますが、以前の私はいつも飛行機に乗っているイメージで、10日置きに、東京・旭川・札幌とサロンを移動していた時代がなんだか懐かしいです。その間に海外にもよく渡っていました。よくそんなに動くよね、と言われますが、実際には動いている方が元気なんです。

ただただ動いているわけではなくて、ちゃんと座って瞑想する時間もとっていますからマグロじゃないのよ。(笑)いわゆる瞑想時間は中学生の時からずっと続いていますから、人生の生きる秘訣なので、やめられないもののひとつですね。

瞑想は誰に教えてもらったわけでもありませんが、その時代(13才か14才)に起きた臨死体験のお陰で、宇宙というかまぁあっちの世界と繋がって(戻って)しまったので、わからないことの答えはいつもあっちの世界から引き出してきました。それはいまよく言われるアカシックレコードと呼ばれるものですね。

そんな話をすると、なんだかスピリチュアルでなんだか不思議系なんでしょうけれど、私には普通にそのように生きてきただけなので、別段臨死体験もアカシックレコードも特別な事ではないんですよね。

普通だと思って生きてきたから、その話をして周りに驚かれると、「え?みんなそうじゃないの??」(やっバーい。普通らしくしてなくちゃ!)と、変な努力はしてきたかもしれません。

でもさ究極、

みんなみんなみんな、

一度きりの人生を

生きて、

死ぬ。

ほら、普通のことでしょう?。

 

そして死後の世界は、特別でもなんでもない。

 

みんないつかその世界へいくから、

知るべき答えは必要な時に知る。

ただそれだけね。

今日も1日、大切に生きよう!!

 

さぁ!山口県のみなさまにもお会いできるのを今から楽しみにしております!なんだか今回はお話会なども企画されていますよ♫みえない世界の話をお楽しみ〜♫

以下は、今後の出張講座の日程になります。

今回は、東京経由で、山口へ向かいますよぉ〜!!。(^0^)

 

10月の予定

●23日(火)10:00~13:00 @東京:nuku-nuku氣療法講座

●25日(木)10:00~18:00 @山口:個人カウンセリング・ヒーリング

●26・27日(金土)09:30~17:30 @山口:禮楽氣療講座

●28日(日)10:00~13:00 @山口:呼吸と瞑想講座

●28日(日)14:00~17:00 @山口:nuku-nuku氣療法講座

●29日(月)10:00~13:00 @山口:nuku-nuku氣療法講座

●11月3・4日(土日) @東京三軒茶屋:北海道物産展

ターニングポイント、洪水の夢

先日の夢の話。

水の夢はよく見るのですが、洪水のような夢を見ました。(時折見る)

怖さもなく、水もとても綺麗な水だったので今回の洪水の夢は吉夢であり、洪水が示すものは、ターニングポイントになります。

夢は深層心理を理解するのに役立ったり、見えない世界と通じるツールでもあります。

そして今回は、3、5、6、7。8。の数字のキーワードも出てきていました。

夢の中。洪水を難なく逃れて高台にいた私は、この先どこへ行こうかと思っていました。(その高台には猿の野蛮人みたいなチームが占拠していたのでちょっと隠れ気味)

すると、水の向こうから船に乗った笠をかぶったおじさんたち数人がやってきました。(りんごの木箱みたいな船。笑)

そのおじさん達の笠を上から見ていたのですが、みんなに名前が書いてあるのです。

五善、六善、七善、八善(五郎、六郎、七浪、八郎だったかも??)※6は無かったかも??記憶は微妙

まぁ、その数字がなんだか面白くて、善だったか、郎だったのかより、その数字に釘付け。(笑)

どうもそのおじさんたちは、同郷の仲間たちで、私を迎えにきたのでした。

「三善よ、あなたがいなかれば、私たちの国は救われません。どうぞ船に、先導してください。」と言われ、

 

「え?私、三善さんなの??」笑

 

少し戸惑いましたが、高台からひょいっと飛び乗って、オールで漕いで綺麗な水をかなたに進んでいくのでした。

そこで目が覚めて、

さて、検証です。

 

同郷の仲間達、私は三善?

 

3。

 

あぁ、数秘術で言えば私の人生の目的「3」ではないですか。

 

同郷ってことは、多分あのおじさんたちみんな「わたし」であるわけね。笑

「先導しなければ国が救われない」、というのは、ターニングポイントが来て、「3」を前面に出して行かなければいけない時期が来た。という事と理解しました。

夢はいつもヒントをくれますね。

そんなこんなで、「3」は創造、クリエイト、デザイン、表現、遊び心、楽しむ、などの意味がありますので、さっそく動画でパンを撮ったりしてね。

面白くなってきました。^^

 

追記:ターニングポイント前は、風があるのに目の前の農家さんの畑で腐敗した堆肥が撒かれて人一倍匂いに敏感な私はストレスMAX!!(1日目は、スタッフみんなで夜まで旭川へ避難するほど,でもあれは公害レベルです。現在3日目くらいだけどまだ匂ってます。。)

ストレスmaxになった私でしたが、その後、うーうーうー生まれるぅ〜〜って「私の中から私が生まれるような感覚がありました。(ハルクみたいなかんじ。笑)

その後の夢だったので、三善の先導者で今後生きて行くのでしょうか、はたまた一時の憑依現象だったのでしょうか?(笑)この先の自分の動きに自分が注目してます。笑

丑三つ時のアルクトゥールスのウォークイン

すっかりご無沙汰してしまいました。そしてまたこんなタイトルですみません!

北海道では大きな地震がありました。中富良野地方は揺れましたがピースガーデンチームはみんな無事でございます。心配をしてくださったかたもいらっしゃったかと思いますが、まずは無事の報告と日常が戻って来ている感じをお伝えいたします。

震源地のほうではまだまだ余震が続いているようで救助作業もみなさん大変な思いをされていると思いますが、私達一人一人が「目の前にあるやるべきことに精一杯取り組む」というのはどんな状況下でも変わりません。

一人一人が、それぞれの魂の声を聞いて日1日を大切に生きることが光に繋がり、その光は必ず不安な方への心のエネルギーに繋がります。何度も何度も不安を煽る様なTVは消して、どうぞ穏やかに過ごしましょう。出来ることがあるなら不安や心配というネガティブなエネルギーを引き出さずに行動に移す方が良いと思います。

心配したり、思うだけなら誰でもできます。そのようなネガティブなエネルギーを発するくらいなら、自分の呼吸に集中しましょう。自らの呼吸が浅い方がよっぽど心配です。苦笑

呼吸が浅いとエネルギー不足に陥り、周りの人からエネルギーを奪うだけですから。

さて、長い前置きになりましたが、タイトルの内容に入りたいと思います。

昨夜また夜中に、アルクトゥールスのエネルギーがやってきて、「私」を押し出してウォークインしていきました。一番上の手の写真は、夜中にそのエネルギーを忘れない様なシンボルはないだろうか?と思いながら左手がこのような形になり、しっかりとエネルギーと合致したので、覚えておこうと思った次第です。

朝起きて、この形を明るいところでみたら、「あ、これ臼井先生。」臼井先生が霊気療法の施術時にやっていたという、左手の形と同じだと言うことにきづきました。

そういえば、鞍馬山に降り立ったのは金星からきたサナート・クマラであり、レイキのエネルギーも金星由来と言われていましたね。と、妙に納得しました。笑

この手の動きをみると、左手の薬指(邪気も入る場所)と、親指をくっつけて、人差し指はアンテナです。他の指は薬指の方へ沿わせます。

アルクトゥールスのエネルギーを受信して、他のエネルギーを入れない。自身の宇宙と繋がるというエネルギーの流れになると思います。

この形をとっただけでは、6次元のエネルギーとは繋がるのは難しいとは思いますが、その6次元のアルクトゥールスのエネルギーとのチューニングを行えば使いこなせると思います。

レイラク受講者さんは、使えるはずですので、ぜひ試してみてくださいね。

さて、夜中に起こったウォークインで随分と「わたし」が押し出されてしまったので地球上での私のあり方が、また少々変わっていくかもしれません。(もとからスターシードなんだからおかしいのだけれど。苦笑)

今後、益々スターシードの役割の重要性が高くなる地球です。

同じ魂の仲間たちの目覚めに、真剣に取り組む必要を真摯に感じた夜中でした。

 

 

王仁さまからのサインと応援メッセージ!?

数日前の事。musuhi535のことで壁にぶつかり(融資関連)、免疫もついたのか落ち込むこともなかったのですが、再考からの再考はエネルギーも時間も使いますので、多少の氣落ちはありました。

その後、別の用事もあり、郵便局へ行き、税金の支払いをしました。musuhiの不動産取得税です。窓口で支払いを済ませ、領収証をもらうために椅子に座っていたときのこと。

ふと、その払込書に目をやり、こんなにエネルギーを使うことも壁にぶつかっているのも、すべての原点はこれだよなぁ〜、

私はなんのために、こんなに動いているのかしら? 別段、2店舗目が欲しいなんて思ってもいないし、私個人だけの話なら、アチラコチラ全国飛び回って、講座を開催していたいくらいなのですから。

その原動力はどこから来ているの?と、先日もある方に聞かれましたが、自分の原動力は、この町の未来の発展のためであり、何か恩返しをしたいという気持ちだったり、町に居場所がないと言っている方々へ何か出来ることをしたいという思いだったり、私を頼って来てくれたり、移住してくる人たちの活動や自立や支援の場所だったり、

そんな風に原点に立ち返ってみて、原動力の中に自分が入ってないけど、大丈夫かな?自己犠牲入ってないかな?と、内観してみたのですが、その中にある、「それら全体をやりたい」という自分の中にある大欲を見つけました。

※自分だけの為の欲は「小欲」といい、みんなの役立つような欲を「大欲」と良い、お釈迦様は、同じ欲でも大欲は持つべき欲としています。

とはいえ、大欲にはハードルが付き物。

だよね〜、ちょっとだけ「ため息」が出たような、出なかったような?

と、次の瞬間でした。

左の方から、何か呼びかけられたような氣がして、

ふと目をやると、そこにポスターが貼ってあり、写真の方と

バチリ!と目が合いました。

キャー!!!! (心の叫び)

もうその瞬間!背筋がビシッ!!、バッと立ち上がって、人目も気にせずポスターに駆け寄ってしまった。

あぁ王仁さま、どどどどどうもすみませんでしたー!!!

クニトコタチさまの命を忘れるところでした!!!

 

ハッとしてグーの瞬間。笑

 

いや〜びっくりしました。

また、6月21日から個展スタートって。。。

先日も書きました。宇宙のタイミングの話と父の命日の話。そして夏至の話。夏至に再び王仁様のエネルギーが、、、父の命日も夏至であり、6月21日でした。

 

私が富良野に呼ばれた神的理由は、クニトコタチさまの命を受けてのことです。(ちなみに私はどこの宗教にも属してはおりません。)それまで富良野、まして中富良野には全く興味が無かった私ですから。

今の私は、置かれた場所で花を咲かせようと努力しているだけのこと。それがたまたま呼ばれたここ、富良野地方だっただけのこと。

東北の大震災の二ヶ月前には、縁のある方から私の元に届いた審神者本と日月神示原文があり、震災前の3日前に麻賀多神社に参拝し、その足で北海道へ東京を離れて北海道に移住(出身は北海道です)し、呼ばれ、流れ着いた富良野地方。

芦別山(ピースガーデン からもよく見えます)にはクニトコタチ様がご鎮座されていると言われ、大本教の分院もあります。実は、過去に行者の方と神ごとに従事していたことがあり、とても大事な祝詞をお預かりし、各地の神社で奏上していた時期もありますが、

見えない世界、霊界を知りすぎると、この社会というか、物質社会、現実社会では、非常に生きにくいんですよね。物質界には理解不可能なことばかりですから。30代になりたての私には、まだまだ未熟で時期尚早と自分で限界を感じで足を洗ったのですが、当時、瞑想中においでくださった着物姿の西郷さんともとれる王仁さんともとれる恰幅の良い着物を着た、神様のようなエネルギーを持った方は、今でもいつも私のそばにいて、叱咤激励してくれています。叱咤の方が多いけど。。。まだまだ修行が足りぬ!と。まるで鞍馬天狗みたいです。

山口へ呼ばれるようになり、(今年は明治維新150周年)また何か始まった感はあったのですが、往生際の悪い私は、ふふふ〜んと物質社会に波長を合わせてしまったり。苦笑

 

ふぅ〜気落ちしている場合ではありません。やっぱり神ごとは続いていたのですね。。神ごとを現実界に降ろしてくるのは、あまりにも厳しいので「一旦休ませてください」と懇願したこともあるのですが(苦笑)持って生まれた役目や宿命は変えられぬ。

 

日本列島は世界の縮図であり、その土地は、龍の形と言われています。陰陽重なるように二体いるとも言われていますが、北海道は頭に位置します。ちょうど真ん中に位置する富良野地方は目の役割があるのかもしれません。

3333873 / Pixabay

「中富良野に光の柱を立てよ」

クニトコタチ様は、私にそう命を下しました。

富良野地方は、盆地ですから波動が重たいです。それは、変化を起こすには、非常にエネルギーが必要だということ。しかしこの重たい波動を上げることができたら、それは世界の大きな底上げに繋がるのだと思います。中富良野地域周辺には、神様のような方が多いのも無意識にその命を受けてのことかもしれません。

中富良野に光の柱を立てよ。

龍の目を開き、人間界の波動上昇に尽せよ。

 

昨晩、(この記事は、半分昨日書いています)

そうは言っても、その命令、現実は厳しいですよお師匠さん、とお空に向かって投げかけて、「どうかヒントをくださいませんか?」そう思いながら寝たのですが、

夜中、体内にど重いエネルギーを受けて、目が覚めました。

う〜う〜う〜。重い〜クドゥしい〜。寝返りを何度も打ちながら、そのエネルギーと戦っていたのですが、途中で「あれ、これなんかエネルギー体入ってきたの?」と、

「何ですか何ですか?何が言いたいんですか?」と聞いてみるのですが、頭に浮かばない言葉としての答え。

苦し紛れに、いつも枕元に置いてあるノートとペンに手をやり、暗闇の中、ペンを取り、自動書記ができるか試してみました。明かりをつけて文字を見ながら書いたら、「自分」で書いてしまいそうなので、あえて真っ暗闇の中。

それがこちら。

みんな よくがんばってる

でかした うえのもんだい

おわた ゆえに安心せ

もうすぐじゃ いまにはじまる

人のクセナオせよ くるしむなよ よいか

いまにすぐじゃ きておる

(UFOみたいな絵で締めくくる)

 

苦し紛れに暗闇の中、全て書き終わると、身体は軽くなりました。手元の小さな電気をつけたら、この書いてあった文字、私的にはノートいっぱいに溢れている感じで書いていたような氣がしたのですが、以外にも小さくでびっくり。でもなんか励まされてる。

私の中にいるお師匠さんは、「〜〜〜じゃ」、といつの時代かわからない言葉で話しかけてくるので、多分その方かな。別段名も名乗らないの。(名を名乗る霊体は邪神と言われています)

ここでいう「うえのもんだい」というのは、神界の話だとおもいます。神界で起きたことが、下界である私たちの世界で繰り広げられるのが常です。

UFOの絵、金星由来でしょうね。アルクトゥールス。

 

私がそんなことを夜中(2時半頃)にやっていたとき、同じ建物内にいる、旧暦で誕生日が被りまくる二人も、蚊の大群が顔の近くにきた夢を見たり、寝言言ってみたり、やっていたそうですよ。笑!

も〜やめてくださいよぉ〜笑(by わけみ店長)て朝からこの話で盛り上がったのでした。

 

明日は鳥取に呼ばれました。鉢伏山の近くですね。なんのサインでしょうか。

どうぞお手柔らかによろしくお願いいたします。

 

今日は、不思議系の話(私の中では日常)でした。

みなさま、夏至が近いです。

陽極まって、陰に転じます。

自己浄化は、お早めに。

 

ありがとうございました。

自分に与えられた役割ってなんだろう?旧暦の誕生日のことも

jill111 / Pixabay

Happy Birthday! 祝福されて生まれてきたみなさんおめでとう!!

いろんな天体の動きや月の満ち欠け、地球の流れいろんなタイミングがある中で、生まれてきた私達。誕生日があります。

昔の人は誕生日がなかったりするかもしれませんが、それでも魂はしっている自分の生まれ持ったタイミング。感覚が研ぎ澄まされていれば、自分の誕生日を知る必要もなく自分の役割を感じ取ることも出来るでしょう。

様々な人間関係の中において、自分の立ち位置を知る人もいるでしょう。マヤ暦や数秘術や占星術をつかって導き出すのも方法ですね。

たまに、いろんな占いやリーディングを受けたけれど、結局腑に落ちない、何をして生きていったら良いかわからない!という声も聞きます。

 

そんなとき、木脇先生ならなんと言うか?笑

「何もしなくていいよ。毎日を大切に生きてください。」とだけ言うでしょう。

木脇先生なら、なんと言うかな?というのは、これはですね、私も迷ったときに、使うんです。

「はい?」って感じると思うのですが、

人は、単なる入れ子ですので、様々なエネルギーと繋がることができます。小難しいことを書いているときは、それは私の自我ではありません。自動書記的に書かされているだけのことです。

普段は、息をしているただの人間の事が多いので、突然いろんなことをふられても何も思い浮かびません。(苦笑)根っからの憑依体質ですが、日々を良い状態で過ごしていると、良いエネルギーや高尚な方が私を使ってくださるので、ありがたい話です。

私の自我が、迷い出すと、サヤカセンセが言ったんです。「木脇先生に聞いたら?」って(爆笑)なるほどね〜と、言われた通り、私の自我ではなく木脇先生に聞いてみたら、すんなり答えをもらえました。

講座のときは、もちろん木脇先生の出番ですから、いいこというのですが、普段の私はボケーってしてるかもしれないし、おちゃらけています。笑

とはいえ、そんな木脇先生と自我は、随分近くなってきているので、いつか完全に同化出来る日もくるのかもしれませんね。ただ、もう真面目一徹、修行僧の全然面白みのない人間になりそうだから、抵抗しています。(苦笑)一緒に飲んでいるときの私が好き!〜とか言ってくれる仲間もいることだし〜まだ42才だからもう少し遊びたいと思っています。(笑)まぁそれは流れにままに。

 

さて、話を先程の「与えられた役割に出会う方法」に戻して、

毎日を大切に生きましょう。という答えですが、そうなんですよね、それができなければ何も始まらないのです、役割以前の話。

何かの物事を成し遂げることより前に、一つ一つの動作、所作を大切にしたり、歩く姿勢を大切にしたり、車に乗って左右確認する自分に氣づいていたり、大切にすることは、たくさんあります。ただ呼吸をしていることや座って記事を読んでいる自分を大切にしたり、

また、

呼吸を一括りにしないで、

「吐く」を大切にして

「吸う」を大切にして

 

と、一日に何回呼吸するか、人それぞれだと思いますが、ぜひ実践してみてほしいことです。脳にアルファー波やシータ波が生み出されて、大きな氣づきを自分の中から引き出すことが出来るようになります。

これもマインドフルネスやヴィパッサナーの効果になりますね。

 

誕生日の話といえば、面白いお話をひとつ。

私の誕生日は、1月17日なのですが、旧暦だと何日なんだろう?と思って調べてみたらですね、旧暦だと、12月17日でした。

ほ〜。日にちは変わらないものなの? と思って、

サヤカセンセはどうかしら?2月6日だから〜と、みてみたら、

なんと!!

12月17日!!

同じ????って、そりゃあ確かにツインだと思っていたけれど。

 

え、じゃあ、ワケちゃんは??

3月1日だから〜〜〜調べたら、

 

なぁ〜んと!!!

 

1月17日。

 

それは私の誕生日と同じじゃないですか!!!

 

どうりでどうりでどうりで。

ワケちゃんには、2目(ふため。笑)で声をかけたんです。うち(ピースガーデン)で過ごさない?って。ピピピ!と来るものが合ってね。

すぐに「イェス!」となったワケちゃんも凄いよね。福井県からよ。

最近、3人で歩いていると、兄弟?姉妹?なんて言われることもしばしば。

これは仕方ありませんね。苦笑

3本の矢でございます。

ここへあと2本の矢が加わるようです。

楽しみですね〜。

 

どんどん広がる輪〜!!

 

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

ありがとうございました。