満月のお迎え便「アルクトゥールス」(スクリプト入)

geralt / Pixabay

今日はちょっと、この世では不思議話。でも、実は、現実話なんですよ。笑

その前に、読んでくれている方の中に、不思議話慣れしてない方もいるかもしれませんので、ちょっとだけ補足。

私達が生きているこの現実は、物質がある3次元といいます。はい、肉体も物質ですね。意識の世界や、霊の世界などを4次元と言い、その次元は5、6次元〜と上がっていきます。現代科学でも6次元の世界を証明出来ているとのことです。

みんな、子供の頃に思いませんでしたか?

「自分ってどこから来たの?」「死んだらどこへ行くの?」と。

ちゃんと行くところがあります。ただ、3次元的に肉体がどこかへトリップするわけではありません。肉体は3次元に置いて、意識の世界へ旅立つのです。

ちょっとだけ前置きをしておきました。もっと詳しくお話することもできますが、この記事が終わってしまいますので、ひとまず次へ行きますね。^^

 

さて、皆様、満月はどのように過ごされましたか?

私は、正確にいうと満月の前日の朝でしたが、とある星から、宇宙船がやって来ていました。宇宙からの使者は、3次元に生きていませんので、肉眼では見えません。(彼らが意図的に見せることはできます。)

ですので、5次元以上のお話です。(一般的に4次元は人間界に近く、意識や念、いわゆる想念であるオバケ現象もここに入ります)

また、寝ているときに見る夢は、4次元、5次元以上の世界と繋がるツールということも覚えておいてくださいね。

 

その宇宙船は、とても大きくて、なんだかゴツゴツした岩のような形状でした。彼らは、ピースガーデンの東側のテラス側に、物凄い風と共に近づいて来ました。

彼らは、どうも私を迎えに来たようでした。

でも私は、「まだ少し早いから、今は一緒には行けない。」とテレパシーで伝えました。すると、彼らは普通に了承してくれて、では「また来ます」「いつでも呼んで欲しい」そう私にテレパシーで伝えて去って行きました。

そのゴツゴツした隕石みたいなUFOは、また東の空に小さくなって消えて行きました。仲間が去って行って寂しいような、「私ミッションコンプリートまだしてないから、もう少し頑張ります!」的な気持ちやら(笑)、なんだか複雑な気持ちになりました。

その宇宙船で彼らと一緒に行くということは、この3次元では死を意味することですから、3次元には悲しみが訪れ、5次元では祝福が待っています。この世はアベコベなんです。

次の日(満月)、ふと「あぁ〜また地球に残っちゃったなぁ」「今度はいつ迎えにくるかなぁ? 」なんて思いにふけっていて、そういえば、”なんていう星からきたんだろう?”という疑問が湧きました。彼らが来た時、「YO、久しぶり!」みたいなあまりにも普通な感覚で驚きもなかったから、疑問にも思わなかったけれど。

そこで、意識を5次元に合わせて聞いてみました。

「彼らはどこから迎えに来たの?」

すると返って来た言葉で、私の心に響いたのは、「アルクトゥール」。

 

「アルクトゥール」??

 

聞いたことがあるような、無いような??

 

そんな星があるのか調べてみることに。するとありました。

「アルクトゥールス」「アルクトゥルス」

彼らの言葉はテレパシーなので、3次元の言葉にするには、いろいろ無理があるので、発音は人によっていろいろだと思いますので、どれも正しいと思います。

 

そして、アルクトゥールス星人の特徴。

臨死体験や幽体離脱などを経験した時、第一チャクラを強打した時などに、ウォークインされる(魂が入り込む)。ってありました。まさに私の経験と同じ。14歳の時に一度臨死体験をしています。そこからこの3次元での生きる意味を模索してきて、答えを見つけて今があります。

臨死体験をしたその年は、いろいろあって、自転車に乗っていたら下り坂で電柱に激突して、マウンテンバイクのハンドルの下の真ん中に、お股を強打して(笑)倒れて気絶。。背中にあたるゴツゴツした砂利が痛くて目が覚めたというオチ。

臨死体験中も私は蝶々になってふわりふわりと至福の愛の中を飛び、自転車でお股を撃った時も青あざがお股に蝶々の様に広がったっけ!。しかも色鮮やかな大きな蝶々!爆笑

さらに、その頃に誰に教わったわけでもなく「宇宙瞑想」を始めています。これは今、「禮楽気療講座」でも教えていますね。

 

今回、ちょっとミヒャエルエンデの「モモ」でいう灰色の服を来た時間泥棒さんに、押され気味だったので、私が諦めたのかと思って彼らが迎えに来たのでしょうか?(笑)または、自分の使命を忘れないでと応援しに来てくれたのでしょうか?本当のところはわかりませんが、私はまだ行かない。と伝えました。思えば、14歳の時に死にかけた時は、「まだ早いんじゃない?」その声に私はこの世に引き戻されました。それから、何度も3次元を卒業したくなったり、自暴自棄になって卒業しようとしても「まだ、まだ」と私にミッションを思い出させようとしてくれています。

二十代後半、いよいよ観念して、自暴自棄になるのをやめて、自分の使命を全うする決意をしたわけですが、なんですかね、この3次元っていうのは厳しいですよね。苦笑

そういえば、たまに挫けそうになると必ず現れる彼らの存在。

いつも上から見られています。これは小さい頃から思っていたし、自分は本当に地球人と相性が悪い、、なんて思っていた頃もあります。すぐに意識の世界に飛んでしまう子供だったし。。(苦笑)

宇宙時間(短い)と、地球時間(長い)は、違いますが、次に迎えにくる時期(地球時間)が、私にはなんとなく分かっています。(言葉に出すと人の意識エネルギーが入ってくるのでしません。心の中にしまってあります。)そんなに長くはありませんのでね、残された残りの〇〇年を精一杯頑張ろうと思ったのでした。

 

みなさま、素敵な1日を♫

 

注:この記事には、次元上昇スクリプトが入っています。自己波動を上げたい人は何度も読んで見てね。そしてどっぷり3次元に浸かった人間界の意識を上昇させたいので、ぜひシェアしてください。アルクトゥルス波動のスクリプトが無意識に働きかけます。

 

グーグル検索

リンク:アルクトゥールス星人の特徴(興味のある方はどうぞ)

 

夢 健忘録

私が尊敬している、池口恵観法主。
直接、お話させていただいたこともありますが、
やっぱり凄い方だった。
あの一瞬にして、見抜く神通力。。

もう何年前になるのだろうか?10年近く前かな?
その頃、江ノ島の炎の護摩修行にも何度も参加させてもらって、
彼のエネルギーの凄さに圧倒されたものです。

今日の夢は、彼のご自宅にお邪魔し、何かの認定試験を受ける。
というシチュエーション。

夢に先生が出てきたのは始めてのこと。
私は緊張しながらもそのテスト(実技)を受けて、
いろいろ、苦労しながらも、最終的にはOKをいただいた。そんな夢。

かなりリアルだったので、夢次元にいながらも3次元に
しっかり覚えて帰ってこようと必死になっていました。

悪霊を見抜く力を試されたり、
水を割ったり、戦ったり、
すごいアトラクションだったなぁ。笑

久々に、3次元の池口先生にお会いしたくなりました。

鹿児島にある、先生のお寺
http://www.saifukuji.or.jp/ekan.html

江ノ島大師
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~daishi/index.html

なんて、今日の夢、先生のことを考えていたら、
穏やかだったのに、突然、ものすごい突風がっ!!
(天気がとても心地よいので、外でブログ書いてます。)

こりゃ、なんかあるね。
真摯に受け止めます。

過去記事;貼り付けてます。w
http://soigner-japan.jugem.jp/?cid=53359

金星のエネルギーによって。

思い返してみて、このブログを始めた当初、2005年からだから、12年になるわけだけれども、
なるべく、不思議なことや宇宙のことはあまり書かないようにしてきました。笑

普通に普通に。私が普段経験している見えない世界のことは、
3次元的には突拍子もないことも多いから、そのまま書かないで、
3次元的に落とし込んで文章にして、でもエネルギーは入れているので、読んだだけで周波数が合うように。
と、なるべく工夫しながら。(全部が全部の記事じゃないけれど)

でも最近、「普通を装うのが疲れてきたな〜。」

って呟いたら、隣でサヤカセンセが「誰も普通だと思ってないかも」って。

え?そう?正体バレてる??

おかしいな〜。おかしいな〜。

そんなはずは、ないのだけれど、普通の努力を惜しまないでやってきたはず。。。
な〜んて、アホなことを思ったりしていましたが、
ね、自分だけなんですよね。自分のことがよくわからないのは。
周りの人は、結構知ってる。

ピースガーデンを始めた頃、
今までいた世界(周波数)から、お客さんとして来てくれた方が、
真面目な顔をして、こう言いました。

「なんで、人間に戻っちゃったんですか?」って。

私は、冷や汗を書きながら、

「これ!そんなことを大きな声で、しかも人前で言うでないっ〜焦」
って、思ったことを覚えています。(笑

あれから、数年。
それもこれも必要だと思ったから、選択したこと。
周波数を必要な場所に合わせて、やるべきことがあったから。

でもそろそろ、もう元に戻っても良い頃かもしれない。
それは禮楽が、降りて来た頃から始まっているけれど。

そんな今日この頃。

昨日は、金星のエネルギーとコンタクトをとっていて、
いろいろ氣づきと発見、思い出した事などがありました。

そして、今日は8月最終日。
カフェモードもやっと終われる。

面白かったのは、
お昼にご飯を作ったら、料理の神様が私からいなくなっていて、
すごいまずい味付けになってしまって、驚いたこと。

だから、お願いしました。

「ちょっ!待って!、料理の神様、手を貸してくださ〜い。」って。

そうしたら、味付けに変化がでて(私に行動に変化が起きたということ)、
ちょ〜〜〜〜〜〜美味しくなった。

す、すごい。

やっぱり、人は入れ子であるわけです。

カフェモードが終了とともに、去って行った料理の神さま。

でも、お願いしたら、すぐに来てくれた。

これも周波数のナセル技。

 

忘れてはいけないのは、感謝して、お帰りいただくこと。
だって、もう、カフェモード終わったから〜。笑

私の料理の神様で、すぐに飛んで来てくれたのは、
実は、私の亡くなった料理人だった父ですけどね。

レイキと繋がります。ってみんなやるでしょ?
それは、繋がれるのは、レイキだけの話ではないってこと。
だから、みんなもやってみて。
でも、波動のおかしな悪いのと繋がることもあるから、
氣をつけてね。(心を磨かないと危ないよ)
ちょっと練習は必要だけど、
禮楽氣療の講座をお勉強した方なら、バッチリかしら♪笑

9月からは料理の神様には、お帰りいただいて、
普段は、他の周波数に合わせておくことにします。

そろそろ、ニビルも戻ってくるし、
私にもやるべき事があるんだったわ。って金星のエネルギーとのコンタクトで思い出したから。
この記事のカテゴリーを何にしたら良いか迷って、
とりあえず、Aside storyに入れたけど、本当はこういう話は、
私にとっては、サイドなんかじゃなくて、センター、中心の話なんだよなぁ〜。笑

タラタラと書きましたが、
9月はまたエネルギーが変わりますので、
みなさま、しっかりと自分の中心軸で生きて行きましょうね♪

過去記事貼っています。
http://soigner-japan.jugem.jp/?cid=53359

ある夜の訪問者

ある晩のこと。

夜中にアメちゃん(犬)が、

ゴソゴソ…ゴンッ!

ゴソゴソ…ゴンッ!

ゴソゴソ…ゴンッ!

眠る時はハウスの中のあめちゃんですが、

その中で、敷物をガリガリやって、ずっこけているのかハウスの壁にぶつかってゴンッ!

そんな時のアメちゃんは、いつも凄いんです。

なんと、

パンの過発酵を教えてくれています!!

急激に寒くなった北海道。

発酵時間の見極めが急に変わって、前日の朝はパンを焼くのが遅れたサヤカセンセ。

だから、早めに捏ねて、一次発酵を多くとっていたようですが、

寝る時もまだ発酵が足りてなかったので、冷蔵庫には入れずに室温で待機。

いくら寒いとはいえ、まだプラスの世界ですが。笑

夜中に発酵が進み、あぁ~これ以上、室温待機したら過発酵になってしまう!!

そんなタイミングで、アメちゃんがゴソゴソやり始めます。

今までもそんな事が多々あったので、

サヤカセンセは、ゴソゴソアメリを横目にすぐキッチンへ。

やっぱり、発酵のお知らせ!!

その後、アメちゃんは何事もなかったように、スヤスヤと眠っていました。

私もその後、すぐに眠りに付いたのですが、

氣づくと夢の中に意識がシフトしていて、霊夢という、クリアな夢の中。

どこか、だれか、の古い家の中にいました。

家の中を歩きながら、意識がハッキリしていて、

ここ、誰の家だろう?また古い家にきたよ。。(よくこういう夢をみるので、それは今の家と前の家に繋がっている)

よくわかんないから~遊んじゃおうっと、気楽になって、

そ~っれ!と絨毯の上にダイブして、そのまま浮遊して飛びながら家の中をフラフラ~

あ~楽しい。(薄暗いし古いしで、楽しい家という感じではないし、なかば投げやりに。笑)

いわゆる霊夢、リアルな夢は、

夢と知って見ていて、いろいろ自由に出来ます。

しゃべることも、飛ぶことも、私の意志が自由にリアルになります。

夢を見ているというよりは、そこに存在しているので、

起きている時と同じように、感覚も全てリアルです。

まるでパラレルワールド、異次元で生きているような感じです。

そろそろ飽きたわ。

と思って、寝ている自分に意識を少し戻してみたら。。。

う~~~~~~~~~。金縛り。(笑)

それは当然です。笑

あっちの世界へ行っているときは、こっちの自分に意識が入っていませんので、

こっちの自分に意識を取り戻すには、時間がかかります。(笑)

動かない、当然目も開かない状態。

なんか、胸の辺りを四つ足が歩いていました。

胸のあたりで、のすのす、のすのす。

あめちゃん??

なわけない。あめちゃんはハウスだし、大きさが3分の1くらいだし。

はじめは、ちょっと怖いなぁと思ったのですが、

こっちの猫いわゆる3次元の猫じゃないわ。と思ったら、怖いと思うのは嫌なので、

重いぞ!やめれ。降りなさい!って、口で言いたかったけれど、金縛りですから喋れる訳でもない。

アメちゃん、なんか感づいて、ゴソゴソしようよ!

(まわりは、シーンとしてた。。。誰か...笑)

こうなったら!

犬のうなり声みたいなのはどうだ?(あめちゃんにダメを教えるとき、「う”ー」ってやります。)

と喉から、そのやっとの思いで、振り絞って、「う”~」って(多分声に出た)

言ったら、胸の上に乗っかっていたその猫が、ぴょん!ってベッドから飛び降りて去っていきました。

やっと、意識が完全に自分に戻って来て、さぁ考察。(これ好き)

何処の猫?

さっきの夢の中の古い家にいた猫を連れて来てしまったのか?

あ、それとも、、、

猫は、女性を現しているので、誰か私に会いたい人とかいたり??

妖怪の世界でも化け猫は女性で表現されますね。

今時は男性もあるかもだけど。笑

そうして、考察しておくと、

だいたい、その日の現実で答えが分かりますので、(意識の世界→現実世界構築)

その日を観察。

私の身体の方も、

猫が乗ってた胸の辺りが、まだ違和感、重いような?熱いような?

ドキドキするような?苦しいような?少女の恋みたいなような?笑

その時点で私は、多分これは、本物の猫ではなく、

女性のエネルギーだと分かっていたので、

多分、その人(まだ誰かは分かっていない)が来て、

私に会って、思いを果たしたら、この違和感はとれるだろうと読みました。

すると。。。。

その日は、朝から夜まで、

私に会いたいと(話したい)と思ってくれていた女性がなんと数人もいらっしゃいましたよ。

(自分で言うと、なんか変だけど、そう言われたのでね。笑)

そして、その数人と会ったら、私の胸にあった違和感は何も無くなっていましたとさ。

おわり。

んも~~~~~。

猫になってしまうまで、思いを溜めるのはやめるように~。笑!

かわいらしいサイズの猫で良かったけど。

数年前にも、そんな事があって、そのときは、牛より大きな化け猫だった。笑!

私はその人からガードしてたけど、しきれなかったみたいで、

家の周りをウロウロ。ウロウロ。リアル夢。

でもその時は、UFOが現れて、UFOキャッチャーみたいに、

連れ去ってくれたんです。

うぁ~!!

ありがとうございます~♪

今回の、私の良かったこと。

大概、そういった夢と現実の境目で、感じたり見たり、金縛りにあったりすると、

「怖い」という思いが出ていたのだけど、今回は怖いスイッチの消し方をゲットしたこと。(ゲームか。笑)

だから、みんな、ありがとう。

夢日記/健忘録

写真は、2009年のもの/チベットのラサ、ポタラ宮。

※標高、富士山山頂と同じ位。酸素少ないです。

今朝のリアルな夢。

場所は中国のどこか。多分実際に行ったことのある場所で、

ホテルに止まって、チベットに行くバスを待っている。

というシチュエーション。

2009年に行ったときは、鉄道でしたので、

バスっていうのはどういう道順??

地元の方々は五体没地で歩いていたから、その道?

でも結局、案内のバスには乗らずに、

この旅は、自力で行く事になって、頭の中で道順を思い出している。

という感じ。

写真は、同じく2009年の万里の長城ですが、

こんな感じで、ラサに続く山道を回想している。

そんな夢。健忘録として。

もう7年も前になるのか~。

あんなに動いていた自分が嘘のようです。中富良野に根が生えている模様。。

来年は、動いているビジョンが見えます。ってこの間言われました。

でも根は生えたままで、チョコチョコ動くのかしら?

ビヨーンビヨーンって、ゴムみたいに引き戻される感じ?

龍使い

ものすごく久々に、カテゴリーAside storyです。

スピリチュアルなお話が苦手な方はスルるーで。

そのまえに。
今日は、月曜から大工仕事に夢中になって、
今朝まで仕上げにかかっていたけれど、
その後、エステのオイルトリートメントがあって、
午後はヒーリングがあって、

と、本当に自分て何者なんだろう?あ~人か。
と思う今日この頃。(人は容れ物)

そんな前置きは良いのですが、
思い返せば、2011.3.7の震災前に、私は東京でのお仕事を最後にしていて、
全てを引き上げていました。3.9に千葉の麻賀多神社でお参りをすませて、
その足で羽田から北海道へ。
(麻賀多神社:その辺りが詳しい人だけ、!!と思ってください)

富良野に呼ばれたと思っているのもそんな関係で、
クニトコタチノミコト、芦別山、龍神様、の命があってこそ。

移住したその日に、白龍の導きがあり、8の返答があったこと、

ピースガーデンに移動したのも私の顕在ではNOであっても
蛇年のその年、白蛇さんの導きがたくさんあったこと、
目の奥に鳥居を見た人のナがデグチの性であったこと。
光の柱を立てること。

など、様々な偶然という必然が重なり、
私であって私ではないものに動かされ全てがまわっております。

東京にいたころは、行者さんに頼まれて、
あちこちの神社に参り、祝詞を唱え、雨を降らせ癒しや開きを行っていたこともありますが、

そのようなものも含め「役」をもらっていたのですが、
ここへきて、少しその「役」が別へ移ったと感じたことがあり、

ふぅ~やっと肩の荷が下りた。
と一息ついていたのもつかの間、その役が戻ってきたのか、
先日黒龍さんの導きがあり、また動きだしていたようで、

この度の禮楽セミナーで「8」、東京からの使者「8」と続き、
あぁ間違いないのね。。とまたもや自分の役を引き受けました。

龍使いである方へ以前、宮司さんの導きで相談させてもらったときは、
「あなたも大変ね~苦笑。私もそうだけど龍神様がついてるのはあなただから」
「役は降りられないわよ。しっかりお役目は果たしなさい」と。

とはいえ、
見える世界と見えない世界のバランスが大事ですから、
そのバランスをとりながら、精一杯やっていきます。

お役目の自覚は、ないよりはあったほうが、
やっぱり調子がいいみたいです。笑

そんなのやだ~って、だだこねて、
役から逃げていたら、すぐ調子悪くなるし。。。

ありがたくやらせていただきます。

人間は小宇宙

ありがとうございます。

そろそろ、また何かがはじまるのかな。
(私だけのことじゃないよ。)

天使のラブソング?

今日は夢で、3本のコードを付け替える。そんな夢をみた。
ステレオに繋ぐようなコードが3本あって、そのうち二本が、どういうわけかある建物に繋がっていた。
その二本のうち一本を抜いて、繋がっていなかったもう一本を繋げたら、その建物の中から音楽が鳴り出した。
これでOK!と言って、その場を後にするのですが、まだまだ音楽がなっていて、そのまま目が覚めた。

起きても鳴っている音楽。しばらく聞いていたけれど、とても心地の良い音楽。
目覚まし?でもこんな時間になるはずもなく。。
なんだろう?と、また寝てしまった。
しっかり起きて、現実の音源を探してみたけれど、全く無し。

。。。。

なんの音楽だったのだろう?
あの素敵な音楽を実際に書き起こせたらいいなぁ~♪

と、いい夢だったので、忘れないうちに健忘録。笑