コンテンツへスキップ

この間、春になったら敷地内にアース棒を立てて建物内の電磁波対策をしようと思い立って電気のお仕事をしている従兄弟に連絡をとっていたのですが、Google先生で調べていく中で、土地によってアーシングしやすい土地とそうでないない土地があるという事に気づきました。

そう、電気ですから、水や水分が大いに関係しているわけですよね。

国道236号線を旭川方面から富良野方面へ向かっていると、土地の波動が変わる場所があります。上富良野に入って右側に大きな観音様が立っています。そしてそこから下り坂になっているのですが、その辺りから「スーッ」と、身体に溜まっている氣が抜けていくのを感じます。そしてそのまま中富良野には入るとなんとも身体が楽になり、氣が澄んできます。そこへファーム富田さんのラベンダーも出てくるわけです。そしてさらに抜けて富良野に近づくとまた身体に溜まっていくのを感じるんですね。

中富良野町の平野部分は昔、幾つもの川が氾濫して川の形が変わったりしていたと聞いています。私の脳裏に浮かんだのはこの土地に龍神達が乱舞している姿。そして平野部は、泥炭地になり、ピースガーデンの敷地にも湧き水の跡があります。(地中深く埋まっているパイプが古くなってサビが凄いですが...)

泥炭地は、人間の都合では、住んでいるとあまり良いとは思えないことがあります。それは地盤が緩いために、建物の基礎が浮いたり沈んだりする、、、ということ。だから中富良野町の平野部分、農村地帯を車で走っていると、マジックハウスの様に右へ左へ歪んだ古い建物がいくつも目に入ります。

ピースガーデンの玄関の前も泥炭が凄いようで、冬になると地中の水分が凍って、盛り上がります。今、赤いテラス側のドアがそれによって開かない状態です。。苦笑。もう少し暖かくなると地盤が沈んで開くようになるはずです。(去年はそうだった。)ただ、地中の中で水は動いているようで、その盛り上がり部分はその年によって多少動いているので、絶対開くようになるかはまだ未定ですが...。直せるからいいけど。苦笑

 

ピースガーデンに来るとみんなが癒されると言うのは、土地の事もあるのだと思います。もちろん波動も整えていますが、今みんな電磁波によっての不調も多いと思います。さらなるストレスが追い討ちをかけているでしょうし。下界遊びに疲れました。なんて言って来る方もいるくらいだし。(笑)

私のこの町へ来た個人的な理由はありません。

ただ、導かれるままに、流れのままに、必要とされる場所に。と願った結果です。

移住当時。癒しのお仕事も10年頃になっていたでしょうから、これは「この癒しの土地」が私を引き寄せた理由の1つなんだと思います。

中富良野町はラベンダーが有名です。今はファーム富田さんが一番有名ですが、その昔は農家さんでもラベンダーをたくさん育てていたそうです。時代が化学へ行ってしまう前は。北海道北見市も昔は、ハッカを世界に輸出していましたが、時代がやはり化学へ向かい、私たちが口にするハッカ、今はミントですが、は今や石油由来になってしまい衰退しています。(ガムとかね)今、北見市もハッカでの商品を凄く頑張っていて素敵な商品もありますよ。

ラベンダーは、癒しの香りです。癒しの土地には癒しの物や人が引き寄せられます。チャクラでいえば、すべてのチャクラを整える効果もあるのがラベンダーオイル。

そしてファーム富田さんの何が凄いかっていうと、園内の入場料が無料なのです。会長は残念ながら亡くなってしまわれましたが、そのお人柄というのもひょっとすると土地の波動も少しは関係しているかもしれません。もちろん元々素晴らしい方だと思いますが、環境(土地の波動)は人にも影響を必ず与えますから。良い波動なら良い方向へ、行くのは当然ですよね。

砂漠地帯では、理由がどうであれ、紛争が止まないのは、土地が乾いていて、癒しが起きにくいのかもしれない。という仮説も書いて見ます。砂漠にはオアシス必要ですね。ここ数年は、気象変動で砂漠にも雨がふり、死の谷と呼ばれているような砂漠地帯にハイジの丘の様なお花畑が出来上がってりしています。

ミクロ視点ではなく地球規模、宇宙規模で大きく視野を広げて見ると、やっぱり地球は癒しの方向へ進んでいるのだと思います。その地球にすむ人間達だって、当然影響を受けますので、癒しの波動に合わなくなった考えや価値観は清浄化され、人間全体の意識の底上げが始まっている様にも感じます。ミクロ視点では決して見えません。あくまでもマクロ視点でのお話です。

目の前のことは精一杯の努力で取り組むけれど、意識はマクロですね。

中富良野町は、その様な癒しの視点で盛り上げて行くと、町おこしも経済的にも、お店の運営方針にしても上手く行く土地だと思います。他の町の真似をしても上手くいかないのです。この町にはこの町に合うやり方があると思います。

郷にいれば郷に従えってね。

癒しの土地、中富良野町。癒されにおいで♪

 

今日もありがとう。

 

 

 

ここ数日で4つ。ホームページを一新したり、作成したり、企画書を作ったりと、パソコンの前にいる時間が非常に長くなっていました。

あぁ〜溜まる電磁波。。。

 

パソコンも15インチになったので、顔からも浴びる。(笑)座ってばかりだと血流と共に氣も滞り始めます。足の方からだんだんと溜まってくるのがわかります。

ちなみにこれはノートパソコンでの私のミニ電磁波よけ

そんな時は、立って氣療法をやるのです。

すると足から抜けて行ってスッキリします。冷えた身体もポカポカ。

今、アーシングが流行ってきているようですが、裸足で外にはすぐには出られませんし、北海道なら冬は雪ですから。苦笑

ホームセンターに行って、金網やクリップを購入して、アーシングキットを自分で作ろうと思ったのですが、建物にアース線来てないから意味ないか〜。春になったら外にアース棒を埋めようと思います。電気設備のお仕事をしている従兄弟に頼もうと思っています。そうすれば、コンセントまでアース線を引っ張って来て、キッチンのコールドテーブル(大型冷蔵庫)の電磁波からサヤカセンセを守れるね。と思案中です。

 

でもアースがない時は、やっぱり氣療法でしょ。笑

何かが無いと、出来ない。というのが納得いかない私なので、物じゃなくてこの身でなんとか出来るんだ!と思ってしまうんですね。

機械で測ってはいないけれど、電磁波による不調が抜けていくのを感じるから測ってみたら面白い結果が出るかもしれませんね。氣も電気を帯びていますから。

 

気功の先生の中には、素手で電球触って電気付けちゃう方もいますからね。ニコラ・テスラか。(笑)いやいや、そういう事なんですよ。ヒントいっぱい。

私の生徒さんにもケンカして、ゔぁ〜!!って怒りを放ったらスポットライト全部割れちゃいました!って報告してくれた方もいますし。(お元気ですか♫)

私は今は自分の氣のエネルギーをコントロール出来るので大丈夫ですが、若い頃は家中の時計が狂ってしまって大変でした。全部同じように狂えば良いのですが、壁時計は進み、目覚まし時計は進み、他もバラバラ。そんな時はTVの時計が一番正確だったりしてね。(今は時計もしなくなったけれど。)

そう考えてみると、今は電波時計が直してくれるから便利ですね。でも夜中によくグルグル回っている(調整?)のを見かけるのは、ちょっと驚きますが。時をかける少女を思い出す。(笑)

 

何かを作る時は、引きこもりみたいに誰にも会わずにロクに食べずに時間も忘れて〜ってやっています。これは私のOFF期。オフ期は内へ籠ります。そしてオン期になると鉄砲玉の様に外に出かけて、沢山の人に会って、そしてなかなか家に帰りません。笑

山羊座は、オンとオフがあるそうですよ。(サヤカセンセが言ってた。私は激しいけど。)

以前は、このリズムを上手く使いこなせなくてoffになると、急に誰にも会いたくなくなるので、自己嫌悪から落ち込んでいたりもしましたが、off期の時は創作の時期なんだと氣付くことが出来たので、最近はもうoff期が来たら引きこもり準備をして創作に入ります。

その創作が出来上がった頃にon期になるので、出来上がったものを持って外へ出かける、そんな繰り返しをしているような氣がします。

自分には自分のリズムがあるから、周りと比較してしまうと、ダメなのかな?なんて思ってしまうこともあるので、自分らしくいきましょう。自分は自分でいいのよ。だって、もしもその自己嫌悪の時に病院に行ったら躁鬱って言われて薬出されて、それを飲んだら、眠くなるか、感情を失うか、。内側から湧き上がる創作のエネルギーを奪われる可能性も。

自分を上手く使いこなそう!!気療法は自分のコントロール法でもあるから。上手く自分を飼い慣らしていきましょ。笑