コンテンツへスキップ

1

3dman_eu / Pixabay

下記の記事の追記です。

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのこともvo.1

突然の宿題をすみません。禮楽氣療講座でも、突然、みんなに聞くだけではなく質問を飛ばしてしまうので、みんなを「はっ!」と驚かせてしまう、そんなお茶目な私です。(自分で言うな!笑コラッ)

 

一昨日まで、6月上旬にはありえない30度近い北海道の蒸し暑さ。

そして今日は7度。風邪なんて引きません。nuku-nuku氣療法がありますから(^0^)v。でもあまりの寒さに息切れして、記事を書いている途中で薪ストーブに火を入れに行ったのでした。

 

さて、陰陽・バランスの検証の続きといきましょう。

 

陰:疲れている人

陽:元気な人

 

と、なります。さぁ、この陰陽エネルギーは、どのように人間、現実に作用するでしょうか?ヒーラーとして、お仕事として成立させたい方は必見ですよ?。笑

長くなったので、皆さんに宿題とします。笑

ここからの続きになりますが、このページから見た方は、理解を深めるために下記の記事を読んでくださいね♫

あなたも私もバランサー。人が集まれば起きるバランスの法則、LGBTのことも。vo1

 

一人完結陰陽統合ハイブリット人間の私が(長いって)、一人だとバランスが調整されていますが、ここへ別のエネルギー(人)が関わるとどうなるのか?

と言うお話の続きでもありますが、陰陽のお話を「女・男」から、「疲れている人・元氣な人」に変えて説明してみます。

 

人がバランスが取れている状態だと、海でいえば凪のような状態です。すごく疲れてもいないけど、すごく元氣でもない、中庸であり、凪のように穏やかな状態。

すごい元氣って、良さそうに聞こえるけれど、エネルギー的には「陽」に傾いているので、本当は良くありません。何かしらの陰のエネルギーでバランスを取らないと、有限の氣を使いすぎてしまいます。氣功的に言うと生命を使い果たしてしまう可能性もあります。(簡単に言うと、早死にすると言われているのです。)

※シンプルに「元氣」は必要です。「元」の「氣」ですからね。

もちろん、陰に傾いて、疲れている状態が良くないのは言うまでもないですね。体温も下がるし、気力体力減退、免疫低下、病気を引き寄せます。

 

ヒーラーとしてお仕事を成立したい方へ、ヒントです。ヒーラーとは疲れた人を癒す人のこと。「陰」に傾いてしまった疲れた人がクライアントになるわけですから、陰陽の法則で言えば、自分の「陽」の氣を強く出せるようにすれば良い、となります。シンプルに言えばそう言うことになります。

クライアントさんが「陰」なのですから、自分が「陽」であれば、自然とクライアントさんからのご予約が発生するわけですが、注意点は、そのクライアントさんの「陰」に、飲まれないようにする必要があるし、相手の氣を陰から陽へ導く必要がありますし、良いヒーリングを行うには、一旦お互いのエネルギーを混ぜ合わせる必要が出てくるので、ヒーラーの日々の浄化と自己鍛錬は必須となってきますのでご注意を。

もう一つ、ヒントを残しておきます。「レイキの氣、個性があります。自分のレイキの氣、陰陽どっちだと思いますか?」レイキやっている人がみんな同じエネルギーを出していると思ったら、それは大間違いなので知っておくと良いでしょう。

癒しの世界を単なるビジネスとして見て欲しくないので、これ以上は悪用されないように、書きません。本氣な方は、禮楽氣療法講座の受講をお勧めします。エネルギーは遊びで関わると痛い目に合いますから、ヒーラーさんを守るためにも。

 

では、このエネルギーの関係や影響を、普通の人間関係に置き換えて見ます。

例えば、家族。

家族のうち、誰か一人が、凄くストレスを抱えていたり、凄く疲れていたり、そのエネルギー不足や陰に傾いた状態が、どのようにバランスをとるのかと言いますと、

他の家族が、そのバランサーの役割を担います。まるで中和されるかのように、エネルギーがあるところ(人)から、ないところ(人)へ動きます。

「疲れていた人は、元氣になり」、「元氣だった人は、少し疲れます」

家族の一人が病気になり、介護をしていた他の家族も倒れてしまった、という話がよくありますが、それはそういったエネルギーの動きによるものも多いのです。

じゃあ、どうやって氣を補えば良いの?という疑問が湧いています。だって疲れた人をいつまでも自分の有限の氣で補っていたら、いつかは尽きるでしょう?

人間の氣は有限。使えば無くなる有限の氣。

無限の氣はないの?フリーエネルギーはないの?

あります、あります、ないと思わされているだけのことなんです。

実は、自然、地球、宇宙には、無限の氣が溢れているのです。それを取り込んで氣を補充して、相手に渡す。これがレイキであり、気功で言えば大周天。

そして、nukunuku氣療法です。

無限の氣を使うには、技術が必要で練習や鍛錬も必要です。(レイキは修行がいらないと言いますが、それは 初級レベル程度で良い なら、の話です。)※私のお志事は、その無限の氣を最大限に利用する方法を伝授することになります。

 

先日、ピースガーデンも参加したパンとスイーツのイベントがありました。今、パンとカフェはサヤカセンセとわけちゃんにお任せしているのですが、この日は私も脇役としてお手伝い。

二人とも夜中に起きて、仕込みをしています。

興味深いことに、2日間殆ど寝てないのでは?というサヤカセンセが、凄く元気なのに、脇役である私が、ドドドド〜っと疲れているのです。笑

おかしいですね?大したことしてないし、私は寝てるのに。でもエネルギーの仕組みはこんな感じです。

私たちは、パートナーですから、エネルギーは常に循環していますので、どちらか一方が疲れてエネルギー不足になると、自然と、バランスを保とうと元氣な方から流れていきます。エネルギーは常に多いところから少ないところへ、高いところから低いところへ、水と同じ働きを持っているのです。

 

そこへ、人間の思考やいらぬ感情が入るとこうなります。

「何もしてないのに、疲れておかしいよ、もっと手伝えよー」とか「みんな頑張っているのに、手伝える元気がなくて自己嫌悪ー」とか、そういうやつ。笑

でも実は、一人がみんなのために、みんなが一人のために、エネルギーは常に流動しているのです。

 

だからね、言ってみれば、

何もしてなくても元氣であれば、人の役に立っている。ということなんです。

 

目に見える世界だけを大事にしていると、感謝を忘れてしまいがち。現実的、物質的に何かを成し遂げなくたっていいんです。生きているだけで誰かの役に立てるのですから。

ただ、生きているだけ、というのは語弊がありますね。

元氣で、という条件が付いています。

これは逆バージョンを考えてみるとわかります。弱っていると常に誰かから元氣をもらう役割になってしまうので、常に誰かに与えてもらっている存在です。この状態がそのまま続くと、負のスパイラルにハマります。

家族だけではありません、会社、仲間、同じ意識のグループ、など、

そして大事なこと。エネルギーには距離は関係ありませんので、遠くにいようが、地球の裏側いようが、そのエネルギーの循環は必ず起きるのです。

 

また、与えたものが大きくなって帰ってくるというエネルギーの法則があります。「何」で帰ってくるかは、自分の望み次第ですが、いつも元氣を保ち、見えないエネルギーの世界で、弱っているところへ氣を与えている人は、自己管理を怠らず良い思考や良い感情で生きていると良いものが、何処かからか帰ってきます。(気をつけたいのは、よくない思考や欲だらけだと、良くないものを引き寄せてしまいますので気をつけて)

 

弱っている人はよく口にします。「私ばっかり運が悪い」「損ばかりする」など、それは当然のことでもあります。なぜなら、弱っているということは、距離も関係なく誰かから「与えられて」いて、「与えていない」おまけに「感謝もしていない」のですから、良いものが帰ってくる法則が働きませんので、運気が下がる、損をするのは当然のことなのです。

 

ここでいう「弱っている」=「陰に傾く」とは、どういうことか考えてみます。

病気、ストレス、自分に嘘をついている、イライラ、怒りや不満を抱えている、人生をつまらないと感じている、生きる喜び、働く喜びが湧かない。など、書いているとキリがありませんが、これって、現代社会のことですよね。苦笑

私?どれにも当てはまりません。常に今が最高です。昔からそうだったわけではもちろんありませんよ。苦悩やストレスばかりの時代だってありました。でも苦労して、修行を重ねて、いまがあります。その集大成がnukunukuや禮楽氣療講座です。悩める現代人のために構築した講座なのです。

 

さて、長くなりました。

あなたも私もバランサー。その意味が伝わったでしょうか?

そして、どのような人間として生きたいか、何か心にうかんだでしょうか?

 

与える人になって、運気を上げたい?

与えられるままで、運気を下げたい?

 

与える人になって、運気を上げたい人は、私のところに来てくださいまし。共に学びましょう。禮楽氣療講座は、本氣の方の為にあります。

もし、暗い闇の中にいるなら、その人生は180度変わりますよ。かつての私がそうだったように。

 

うん、待ってるから。^^

 

 

面白い画像があったので♪
nikolayhg / Pixabay 未来のセミナー会場か!?

今日は、東京での禮楽気療講座DAY1でした。前回のUPが山口でのDAY1の後。なぜでしょう?(笑)個人カウンセリングとヒーリングが終わり、DAY1を終えるとちょっと一息つくのでしょうか。^^(ただし、明日もエネルギーを使います。)

返信したかったいただいたメールにもこの後お返事したいと思っております。久々にPCを開きました。

山口では、DAY2に思わぬ必然なこともおきたりして、色々な流れを感じました。世の中、無駄なものは何一つありませんので、今後の未来にどんな新しい流れが来るのか楽しみです。

nuku-nuku気療法講座でも、半信半疑だった受講者さん(笑)にも目に見える効果を感じてもらって、nuku-nuku気療法の効果を確信。今週の月曜日は、キャンセル待ちの方が出たとのことで、東京では2部構成での開催です。楽しみですね。

最近、特に本講座での呼吸法では、スパルタ入ってる私です。(笑)1回も出来なかった腹筋を10回出来るようには、筋トレが必要ですが、呼吸筋も鍛える必要があると思って、特に呼吸が浅い方へは、「はい、もっと息をはいて〜っ!」「まだいける!」とかなんとか、受講者さんが普段使わない筋肉を使ってエネルギー量、熱量上がって、汗かく感じまで。顔は笑って、厳しく。ってそれ怖い?。笑

でもそうすると、呼吸筋が復活して氣の流れも、今まで以上に促進します。呼吸してなかたっら、氣も流れません、いくらレイキを習ったとしてもそれは同じことです。

無心で行う氣のヒーリング「レイキ」ですが、無呼吸とか浅呼吸では、微量の氣しか流れません。

さて、明日もDAY2講座、楽しんで学び、深めて行きましょう!

 

今日もありがとうございました。

 

レイキが、あまりにも日常に溶け込み、当たり前のものになってしまった為に、ブログの記事がいつの頃からか乏しくなってしまった私。

例えて言うならば、私にとってのレイキは歯磨きの様なもの。(土居先生もこの表現を使ってくれているはず。^^)

 

歯磨きは、しなくては気持ち悪い。しないわけないし。敢えて説明なんかしない。。。だから歯磨きのやり方を説明する事に、想いが少なくなってしまったのかもしれない。笑

だって、みんなも歯磨き普通にやってるでしょう?この感覚をレイキに当てはめてしまっていたけれど、そうじゃないよね。苦笑(ごめんごめん)

自分はどんどん先へ、その先の本質へと行ってしまう体質なので、(これも数秘術5の宿命だから...)振り返るといつの時代も待ってぇ〜!!と言われているね。苦笑

 

いかん、いかん。

ちゃんと残していかなくちゃ!

まだまだ歯磨きが初めての人もいるんだから!(レイキね。)

 

心改めまして、レイキを今の自分の立場から、

初心者でもしっかりと自分のものにできるように、お勉強や実践ができるようにまとめていきたいなぁと思っております。

その視点でいくと、講座は、卒業(資格習得)まで、スクールの様な形にして半年から1年はお勉強してもらう必要があると思います。

通常のレイキセミナーは、レベルごとに1日か2日が普通です。それでも出来る人は出来る。でもいろんな理由でやめちゃう人はやめちゃう。効果をしっかり実感出来た人や、直感型の人は見えない氣の世界も今は分からなくても後々わかる様になる!と分かるので続けられるでしょう。私もそんな一人だったし、講師として活動していると、生徒さんがいてくれるので、お陰さまで常にレイキが日常になりました。

氣の世界と、この社会は随分の開きがあるので、この社会に生きながら活かすのは並大抵の努力じゃ難しいと思います。例えて言うなら、火星人の社会で地球人として生きる様な感じ。(笑)だって白い目で見られるでしょう?火星人に。

たとえ話のまま進めれば、最近は、火星人の地球人化が進んでいるので、氣の世界、レイキの世界も受け入れやすくなって来ています。そのうち101匹目の猿現象が始まりますよ。「え?レイキやってないの?遅れてるぅ〜」とか言われる日が来るでしょうね。(流行り物好きな日本人っぽく?。笑)流行りとかはやめてほしいですけど。

 

そんな時の為に、これまでの13年の修行と努力を、次の誰かの役に立てる様にしっかりと残していきたいですね。禮楽氣療の講座は、全てが詰まっているので講師になるいっぽ手前の内容だと思っております。講師になる為には、教え方を伝授しないといけないと思っていますので、諸々準備中です。

やっぱり、自由はすごい事だけど、まんま講師に任せてしまっては、波動は乱れます。(今のレイキの世界はこの状態です。)

 

今日のテーマと随分離れてしまいましたが、朝起きてnukunuku氣療法をやった後、ブログに何を書こうかなぁと思ったら、落雷の事を思い出したのですね。

瞑想中に、脳天を突き抜けた落雷の様なエネルギー。(バチバチって目の中でも光ってた)その衝撃の凄さに椅子から転げ落ちそうになったほど。これまで2回あります。もう随分前の話多分10年位前。

それで思い出したの。あ。臼井先生も鞍馬山で脳天落雷の様なエネルギー(光)に打たれて開眼悟りに至った。って。

 

なんだ、私も同じじゃん。

 

 

 

悟りをおもしろ楽しく伝える人がいてもいいでしょう?。

 

人はそれぞれの個性や役割があります。共鳴で惹かれあうものがあるので、私のところに来たい人は同じ周波数を持っている。

 

ガチガチ真面目に悟る人もいる。それも役割と個性。そこにやっぱりそれに共鳴した人が集まるもの。

 

そうやって、みんな違っていいの。

 

とかく同じものを強制しがちなこの世の中だけど、そうじゃないよ。

 

いいんだよ。そのままあるがままで。

 

でもまずは、自分のあるがままを探す必要があるのね。

みんな眠らされているから。(目をみればすぐわかります。)

マトリックスの映画は本当に意味深く真理をついてるね。

 

私がそれについて教えられるのは禮楽氣療かな。内容はおもしろ楽しく伝えるけれど、実際、結構、スパルタですけどね。笑

 

みなさま、今生は一度きりよ。悩む時間があったら行動しましょう!

今日も良い一日をお過ごし下さいませ♫

 

 

 

nuku-nuku 氣療法
山口県での開催ご案内です。

4月16日(月)14時〜17時 /定員5名
※お申込みは4月11日まで(先着順)

開催場所:ナチュラルヒーリングアイリス (山口県山口市湯田中学校近く)

山口県でも禮楽氣療講座の後に、nuku-nuku氣療法講座を開催します。お申し込み先は、わたしか、アイリスさんの方にてお待ちしております。

 

山口県で開催することになった経緯としては、私が東京サロン時代に、アイリスの代表であるツルミさんがレイキの講座にいらっしゃったことから始まります。私たちは非常に霊感が強く(私よりツルミさんの方が..笑)、この社会では見えない世界に通じていると生きにくさが常に付きまといまして、私が以前抱えていたようなそういった霊的な悩みを抱えていらっしゃいました。

彼女の当時の勤め先の方がはじめに私のサロンに来てくれていていたのですが、(お元気ですか♪)、その方の強い勧めで半ば無理やり?(笑)当時東京ビックサイトの癒しフェアというイベントに出展していたのですが、そこへ朝イチで来てくれたことに始まります。半ば無理やりなのに朝イチで来られるところが普通ではないんですよね。(笑)なぜなら自分の意思とは違った意思で動いてしまう、ということが霊的に敏感だと多々あるからです。

この自分の意思とは違った、霊的な動きというのは、良いエネルギーならば良い方向へ働き行動できますが、人間ですから時に良くないエネルギーに影響されて良くない方向へ進んでしまうことがあります。その原理とコントロール方法を知ることができれば、自分の行動を常に良い霊的なエネルギーの影響下の中で良い方向へ向けることが可能になります。

禮楽氣療では、そのようなことについてもお伝えしていますが、禮楽氣療講座が出来上がる前からあまりにも霊感が強くそのような悩みを抱えている方には、現代レイキ法セミナーでもお伝えしていました。

真面目な私はその辺りが公式とずれていると感じはじめ、しかも私のところにはそんな生徒さんが多く(類友..w)そんな時はいつも「これは公式の教えではありませんが」と付け加えていましたが、あまりにもそれが多くなってくるとその枠が狭くなってきて、もっと色々教えてたいんだけどぉ〜!!というジレンマを自由表現したのが禮楽氣療講座です。

 

話がずれましたが、私とツルミさんはそんな出会いから12年位になるのでしょうか。その間に私が東京と北海道を行き来するようになり、(3年間毎月移動)中富良野に移住し、ツルミさんも東京で自分のサロンを開いて講師やヒーラーとして活動するようになり、ある時からツルミさんも縁のある山口県と東京を行き来するようになり、そして山口県へ移住しサロンをオープンされました。

ツルミさんの山口県のサロンが落ち着いた頃、ツルミさんが、「生徒さんにも禮楽をお伝えしたい」と言ってくれて、私は初めて山口県の地を踏むわけです。

今回、山口県での禮楽氣療講座は3度目の開催です。これまで山口県でもたくさんの仲間が増えてとっても嬉しいです!本当にありがとうございます。

そして、nuku-nuku氣療法 の講座は初開催になります。nuku-nukuと名前はあえて緩くしましたが、内容はびっくりするくらいパワフルかもしれません。(スパルタとまでは言いませんが...笑)

身体を使う、氣を扱う、もちろん呼吸もですが、禮楽とnuku-nukuがセットになったらもう無敵かもしれません。笑

 

皆さんのご参加!心よりお待ちしております!

※東京でのnuku-nuku氣療法講座は、満席になってしまったようです。

 

今年は、山口県では明治維新150周年。北海道も命名150周年です。私の山口訪問は見えない世界では西郷さんが関係しています。ツルミさんは鹿児島県出身、私の木脇という名前も鹿児島県と関係があるようです。私たちが見えている現実世界は氷山の一角にしか過ぎません。見えない世界を否定していると世界は本当に小さくなってしまいます。

世界はもっともっと考えるより大きいものです。人間は脳の何%しか使われていませんが、見えない世界を身近に感じられるようになったらその何%が増えているという事かもしれませんね♫。

見えない世界の事を知りたい方もどうぞお待ちしております。笑

 

それでは今日も良い一日をお過ごしくださいませ♪

love