コンテンツへスキップ

人間社会は結局どこへ向かう?
Anestiev / 人間社会は結局どこへ向かう?

山口、東京での出張講座を終えて、一昨日、中富良野に戻って来ました。「おととい」ですか??と信じられないくらい、中富良野中を用事で動き回っていて、もう3週間は経ったのではないか??と思うほど。笑

戻ってから、やることといえば、いろんな方々へのお礼を兼ねてのご挨拶や今週土曜日のバザー開催のチラシを刷って新聞に折り込んで貰うための準備。そして商工会や銀行やクラウドファンディングについて。みっちり朝から動いております。眠い氣がするんですけどね。。。苦笑

nuku-nuku気療法やってなかったら、こんなに動けなかったと思います。今日は夜は観光協会の総会です。(その前に、出張中に伸びた髪を切りたい。笑)

明日は、少し時間が出来るので、出張講座を振り返りたいと思います。

 

今日は、ちょっと色々思うことあり。

今度の新事業Musuhi.535について。役場からの助成金の審査は通ったようなお話を伺っております。後は町長の了承が必要とのことで、まだ確定ではありません。

銀行の融資の方は、担当してくださっている方へ、私が中富良野を出る前に、事業計画書などをお渡ししてあったので、その間に審査などがあったようですが、こちらは、ちょっと難航しているというお話でした。

 

難航の理由は、収支計算の内容の盛りすぎ(笑)中富良野にそんなに人来るの?都会じゃないんだから。という理由もあってのことですね。うん、確かに目標としての計算を入れました。これだけ人が中富良野に来て欲しい!呼ぶぞう!という意気込みが裏目に出たのでしょう。他には、今行なっているクラウドファンディングの目標達成金額に届いていない事が審査の対象にもなっていたようで、

現在の状況からして、それは、

目標金額に届いていない=賛同を得られていないのではないか?=その事業は上手く行くの???

と判断されたようです。。

これにはちょっと、驚いたというか、ショックだったというか。

応援、ご賛同をいただいているお気持ちと、お金いわゆる達成金額が、必ずしもイコールでは私はないと感じていたので。。まさかそこも審査対象になるとは。。

応援してくださっている方の気持ちとお金は、イコールではないと思うのですが、世の中、数字の世界ですね。苦笑

思わず、ミヒャエルエンデのMOMOが、頭に浮かんでしまいました。(いかんいかん、そういうことは考えないようにしているのだから最近は)

 

現在私たちが行っているクラウドファンディングは、インターネットでも公表しているとはいえ、クラウドファンディング会社を通さずに自分たちで行なっているので、自社のインターネット媒体と、直接ご挨拶やお願いに行く形のみ。大手にお願いするのとは、大きな違いです。また、私が2週間ほど出張に出ていたので、中富良野に私が居なかったので、直接のお願いにはなかなか難しいものがありました。

それでも!!

私の中では、2週間も居なかったのに、それなのに、たくさんのご支援をいただけて本当に嬉しく思っているので、そのような判断をされたことはちょっと寂しい出来事でした。苦笑

確かに、目標金額は達成しておりません(現在51万円)が、そこが銀行さんの審査基準に入るとは思っても居ませんでした。。ただ、私を担当してくださってる方には、本当に良くしてもらって、お世話になっているので、感謝しております。これからも色々お勉強させていただきたいと心から思っております。

 

世の中、社会は、「数字」だよなぁ〜って久しぶりに感じた瞬間でした。

「ハートや情熱」だけじゃ、足りないのは、じゅうじゅう分かっておりますけれどね。苦笑

 

また、もう一つ、良かれと思ってやって来たことが、裏目に出た事がありまして、(^^::)一般社団法人PEACEGARDEN、役員二人の法人ですが、役員報酬をほとんど取ってこなかったのですね。

その理由は、私たちめちゃくちゃ幸せだから、あれもこれも欲しい!食べたい!とかそういう欲が湧かないので、だったら個人が受け取る給料を法人を大きくする為に使おうと思って来ました。

私は、「富を求めるより人生には大切なものがある」と語った、素晴らしい南米ウルグアイの元大統領のホセ・ムヒカさんを尊敬しています。

ホセ・ムヒカさんの考え方は心に沁みますね。NEVERまとめのリンク貼っておきます。

 

お金ばっかり求めて、何が残ったのこの世界?社会?なんて思いながら育ったものですから、お金も大事だけれど、もっと大切なものがあるでしょう??というのが根底にあって、個人の資産を増やすより、法人の為に使いたいと思って来ました。そのうち役員が増えていけば、それが次の世代へ受け渡されていくでしょう?

死んでも持っていけるのは、徳だけよ。なんてね。

本業である氣の世界なら、私は自由で有意義な時間を過ごせますが、一旦その「社会」の基準に合わせられると、けちょんけちょんに社会不適合者になってしまった気分を味わいます。(笑)

 

経営者たるもの自分がまずしっかりお金を受け取りなさい。と言われます。いや、わかります、わかります。この「社会」ならそれが当然ですよね。それが出来ないならボランティアでしょう?と言われるわけですね。

 

考えてみました。今手掛けている様々な仕事。

お金や利益が発生しなくてもやる?

きったないゴミ片付け作業もあるし、氣の本業もあれば、町での呼吸などの講座、パンの事、カフェの事、人が生きやすくなれる方法をまとめて、講座を開くことなどなど、たくさんあるけれど、よくよく考えてみて、私、全部やりたい。ボランティアだって楽しくやるでしょうね。

でも、こういう人間は、いわゆる「社会」からはみ出すのかもしれませんね。

みんなは、どうなんだろう?私を社会不適合者と思う方々は、自分の仕事に生き甲斐を感じているのだろうか?その仕事に給料が発生しなくてもやりたい!って思えるのだろうか?

 

お金より働く喜びや生き甲斐を優先して来たことが、裏目に出ている感じなのかな?

 

でもね、もうちょっと頑張ってみるよ。この「社会」に沿ってみることも出来るけど、でもやりません。っていう方がかっこいいもんね。笑

出来ないのに、文句だけ言うのは私の信条には合わないから、「出来るけど、やらない」って言えるまで、もう少し努力してみます。笑

 

今日は、クラウドファンディングの締め切り日だったけれど、役場の方などにも助言をいただいたので、期間を延長してみます。思いきって中富良野町の新聞の折り込みにもチラシを入れてみました。明日配布されると思います。

http://peacegarden.jp/cloudfunding.html

やれるだけのことをやって、ダメだったら、納得がいくと思っています。

 

町の活性化の為にとエネルギーを使っている自分に、再考時間を与え、ちょっとだけ自暴自棄になりそうな自分を抑えて(笑!)、次のステージへ移りたいと思います。

 

長い文章になってしまいました。お付き合いいただきありがとうございました。

 

発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。
幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ホセ・ムヒカ

チラシはわけちゃんが作ってくれました!

ピースガーデンで今取り組んでいる新事業。

まちなか活性化事業「Musuhi.535」。シャッター街になりつつある、私たちが住む中富良野町の商店街を再び賑やかにしよう!

中富良野町の人口は5千人弱。その半分以上が高齢者という統計です。10年後、20年後の町の未来は?

中富良野町は、とても「氣」の良い土地です。泥炭地が身体の「汚電」を取ってくれます。

「汚電」は、今思いついた造語(笑)

身体に溜まって抜けていかない、体や心に不調を起こし、ストレスの元になる、静電気や電磁波のことです。

「汚電」。だって〜。なかなかピッタリくる表現だわ。(自分で言ってる。笑)

ラベンダーが咲き乱れるこの土地。「類は友を呼ぶ」癒しの土地には癒しのものが。癒しの人が。とてもシンプル。

私たちが、住み、お世話になっているこの町に、自分たちで出来る範囲で恩返しが出来ることはないかなぁ〜。もちろんやれることは限られているけれど、精一杯の範囲で。

 

今回始めた、まちなか活性化事業。

もう、すべてが奇跡の連続です。色々な方々のご協力もいただき、昨年末辺りからかれこれ半年くらい経ちます。その作業の殆どが廃棄物の処理。(笑)新しい風を入れるには、古いものは出さなければ、入ってきません。まずはゴミ出し、浄化。創造はその次。

今は、まだ浄化の段階。今月末、来月頭には創造に入る予定です。

 

とはいえ、ただただ捨てるのは勿体無い。使える物もたくさんある。自分たちには不用品でも他の誰かには必要品であることも。捨てる神あれば拾う神あり。

今回のバザーは3回目。なかなか宣伝告知が、片付け作業などを優先してしまっているので進んでおりませんが、地味〜に今日も開催します。(笑)

 

バザー開催の目的は、改装資金に!だけではありません。。正直な話、改装資金は膨大ですから、新古品などの売上は布団などの粗大ゴミ廃棄料金分くらいかなぁ...。苦笑

 

昔は、よく言われました。「お金にならんことは無駄だ。」と。

いやいや、私はそうは思いません。

 

やる事に意義があるんです。

 

こうやって、地味〜に活動してて、一見「意味あんのかしら??」なんて思われてしまいそうなことも、行動するとエネルギーが動きます。微々たる行動のエネルギーでも積み重ねれば大きくなり、いずれ大きな動きに繋がるものです。

 

誰もがこのゴミの山を見て呆然と立ちすくみます。笑
誰もがこのゴミの山を見て呆然と立ちすくみます。(これ、一部分だし。笑)

微々たる、とは書きましたが、本当は相当のエネルギーを使っています。誰も好き好んでこんなことしないよね。(笑)不浄を清浄化するのってすごい大変。パワーが必要。不浄っていうのは、氣枯れですから、氣枯れに氣を吸われて、それを取り戻す。その繰り返し。自分に氣がなければ、負けちゃいます。

 

変化の無い場所へ変化を起こすこともパワーが必要です。変化がないということは、氣が一定、または淀んでいる可能性もあります。そこへ変化球を投げるには、その玉のパワー強くなければ、一定に混じってしまいます。

そのあたりは、nuku-nuku氣療法で補うとして。笑

 

バザーを開催してる、した。という事に意味がある。「なんかやってるみたい」と町の人が氣づいてくれるだけでいいんです。シャッターがずっとしまって暗い所に僅かな光がさせば良いのです。その光は続ける事で強くなります。そこには、人の意識エネルギーが関係しているのでね。

 

行動しなければ、何も変わらない。

 

今すぐに結果を求めない。未来を信じて今行動するのみ。

 

今日もバザー開催行ってきます!!

ピースガーデンのパンもあるよ♫

11時〜15時で〜す。

 

クラウドファディングのご支援も引き続きどうぞよろしくお願いいたします!!

http://peacegarden.jp/cloudfunding.html

この度、一般社団法人PEACE GARDENでは、自社でクラウドファンディングを立ち上げました。なんでまたそんな事まで手作りでやるかね、、なんて声が聞こえてきそうですが。(笑)

いえいえ、ちゃんと理由があるのです。実は、昨年11月頃に大手のクラウドファンディング会社に申し込み、契約も済み、ヒヤリングなども終えてもう少しでページがアップするよ。という段階で担当者が変わりました。

その間に、自分は禮楽氣療講座で山口、東京へ出張があったのもあり、また、ふるさと納税の返礼品も年末でピークになったりと、私たちもバタバタで一瞬忘れていたのは確かなのですが、なななぁんと担当者さんも忘れちゃったんですね。(笑)

「確認終わりましたらこちらから連絡しますね。」と言っていただいて、連絡が途絶えていたので、んまぁ〜連絡来ないってことは、時期じゃないって事ね。と私はタイミングも大事だと思うので気長に待っていました。

そのまま年が明けて、そろそろ〜動きが必要だわと思い立って連絡をしてみたら!

忘れていた事が発覚!(笑)

そちらの会社は一旦保留にしていただいて、運試し?の様な感覚で、他社へ登録して見ました。するとまたしばら〜く連絡がなく、連絡が来た時には私が電話に出られない。そして折り返しても相手の都合と合わずに繋がらない。

 

んーーーー。なんか違うのかね。

 

氣のパワーが強い私は、無理矢理押し通そうとすれば、強い念となって結果が出ますが、それがもしも魂の望みや完璧なタイミングではない場合、必ずどこかに不調和がおきますので、絶対にそういうことはしない!!!と十代の頃から決めていますのでね、そういうときは、一旦手放す。ということをします。

やーめた。って。笑



※十代の頃にやってしまった過ちは、その強い念で、そのエネルギーが向かった場所が火事になること4回(内一回は、自分も一人巻き込まれ、もう一回は全焼してしまった事があります。...)そんな自分が恐ろしくなって、絶対にこのエネルギーを良い方向へ向けるんだ!と誓ったのです。嫌なことはしない!だって燃えちゃう。(同じ様なことを美輪さんも言っていたし、私の尊敬する高僧恵観先生も言ってました。)だから、その後10年の因果応報が大変でした。

 

本当に必要なものは、手放して見るとよく分かる。そのうちベストなタイミングで向こうからやってくるのです。良い進むべきタイミングの時は、たいした努力もなく、またストレスゼロの状態で事は進みます。しかもワクワクしながら♪というおまけ付き。

 

やーめたって思ってたら、なんだか流れがきて、「自分の足でお願いに行こう!」と思い立って、サクサクと書類とサイトをほぼ1日で作り上げ(人はこれを降臨系という)、友人に校正も見てもらって、司法書士の先生に法的な確認もして、と流れる様に進んで今があります。スタートが昨日で新月だった。

私たちのクラウドファンディングの目的は、お金だけではなく、自分たちがこの町でこんな事をやります!ということを知っていただくきっかけにもなると思いますので、ご挨拶がてら、お話をしに行くのが楽しいです。


実際のところ、クラウドファンディングは、達成金額の17%ほどが手数料として引かれます。また決済手数料が別のところもありますし、達成後も入金が3ヶ月先であったり、その際に早く入金して欲しいときは、さらにお値段がかかります。

さらに、一般的であるクラウドファンディングでの達成金は、所得として見なされますので、今度はそこに所得税もかかります。

 

 

また大手クラウドファンディング会社の方にある質問をして見たのですが、

「もしもネットをやっていない方々にご寄付をいただいた場合はどうすれば良いですか?」

答えは、「そのお金を当社の方へ、一旦振り込んでください。」でした。確かにそれによって達成金額に到達するかもしれないし、またはそれ以上になるかもしれませんが、そこに手数料が乗るのはなんだかちょっとあれ?な感じもしました。何の手数料?サイトも見ていない人からなのに??なんてね。笑

やはりサイトが有名大手であればサイトに人も集まって来ますが、最近クラウドファンディングを行う人も増えていますし、しかも日本人は流行りには飛びつくけれど飽きやすい性質も持っていたりね。

 

そんなこんなで、自分でというか自社で行ってみよう!となったわけです。なんでも自分でやって見ないと氣が済まないタイプなんですよね。苦笑

こちらが、私が作った手作りのクラウドファンディングのページになります。(サイトの内容は日々更新していきます。このあたりも制限がないから自由にできますね。普通は写真4枚まで、など制限があります。)

http://peacegarden.jp/cloudfunding.html

書類もpdfでダウンロードもできる様になっていますので、ぜひ一読していただけましたら幸いです!!

どうぞよろしくお願いいたします!!

 

今日も1日、ありがとうございました。